タグ:OLYMPUS PEN Lite E-PL5 ( 187 ) タグの人気記事

12月

すでに、総括やベストの時期なのか?
今年は、ぜんぜんまとまらない感じです。

ミシンを山から持ってきて、早速リネンのバスタオルで枕カバーを作った。
作ったともいえない簡単さ。
お裁縫の本て難しい…あの展開図を頭の中で組み立てたりするのにいまひとつパワーが足りない気がする。
実地で学習か。

図書館通いは続いている。
引き続き千住真理子。
練習の仕方や気持ちの切替など、何かを学習するひとには役に立つことが書いてあった。
(練習の仕方も先生が自宅に教えに来てくれたらしい)
レパートリーのリストがすごい(アタリマエだけど)。
表紙裏にびっしり書きこみのある楽譜が使われている。
そうそう、こうやって余白がなくなるほど書き込みをしたものです。
弾くときに書いたことを読んでたら間に合わないのだけど、そこに書くことがすごく重要なのよね。
同時に脳内にも刻んでいるんだと思う。


ヴァイオリニストの本では、以前、諏訪内晶子の本を読んだことがあった。
ちょっとタイプの違う、でもクレバーという点では同じだった。
諏訪内晶子はもっと勝ちにいくタイプな気がするけど。

冒険ものの流れも続いており、


二人とも実に文章に優れている。
自己表現としての冒険。ノンフィクションに命はってる感じ?
それは体をはった冒険ということだけではなく、
自己表現というのは自己満足に陥りやすい(というかほとんどソレ)だけれども、
冒険という他人にはほぼ理解されえないことを、文章で他人に伝えることに命燃やしてる。
その熱量が二人ともすごく、でも各人で炎の色や形が違い、丁々発止なやりとりもあり、面白かった。

人生半ばを過ぎたと思われるのに、なぜ今更冒険なのかなぁ?
いや、ここまで来たからこそ冒険なのか。
年をとり昔できたことができなくなるという、自分のなかの異質な感じ。
自分のエネルギーが枯渇してきて、さあどうする、という危機感とか。
何より、周りに「死」が垣間見えたそのとき、
全然、肉体に自身がなくインドア派で安全パイなワタシには、
これからの道というものが何か冒険のように見えてきたのかも。

予定調和やマンネリとは悪い幼馴染みたいに一緒なんだけど、
そういうものの手も離れていく時期なのかな。

[PR]
by Bird_W | 2018-12-04 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

8月半ば

お盆休み。

山に行った。
ガブガブした。

f0219184_20055311.jpg

両親とゴハンを食べた。
猛暑で二人ともバテバテだった。

IKEAに行った。
椅子の張り替え用にしっかりした布地を購入。
雑貨をざっくり。

手ごろな額も購入。出来上がりの刺繍をしまっておくのも寂くて、入れてみた。
正方形の額ってなかなか見つけられなくて…。
アクリル板は外すかも。
タオルはテープ刺繍をまだ待ち針で押さえてる状態(お仕立てが長い道のり)
ベルメゾンの今治タオルをベースにプレゼント用です。
Mの額も別の人へのプレゼント用。

f0219184_20563650.jpg


個人的読書週間を開催。
休みの前に本屋でオトナ買い。
Kindleだと知ってる本しか探せないのがなんだ
そういうときはやっぱり本屋さん。

その中から。

  • 50歳とキョンキョンに親しみを感じるアナタに。

キョンキョンでもそういう年齢になるんだ!という新鮮さと、キョンキョンもこういうふうに迷うんだ!という親近感、キョンキョンでもやっぱり壁なのね~という軽い絶望感。そんな本です。
対談に登場する方々がYOUから小池都知事まで現在ツボな女性方で、フーンフーンそうなんだ~と読めました。結局やっぱり年齢だけではスライスできないんだなぁとも(アタリマエか)。各人それぞれに落としどころを多少模索しつつ見つけていくのかも。


  • このIT and AI社会で、「人生の三分の一を検索に費やして」いることに、疲れと閉塞感を感じているアナタにはコレ。

共感のレッスン 超情報化社会を生きる

植島 啓司,伊藤 俊治/集英社

undefined


タイトルはシソウっぽいが、サクッサクッと切っていく、そのリズムが山師あるいは手品師。
白い鳩がカフスから出てきたら誰でも「なぜ?」て思うし、考えるだろう。
この本もそういう仕掛けなのか。
わかるようなわからないような、その間にある本。想像力がはためきます。
すっごくつづめていうと、「本読まないで生き生きとした体験、特に旅に行くといいよ?」みたいな本かも。
個人的には、DNAは人間を決めるものではなく他にも多くの要素がある、というところが良かった。
「人間はDNAを乗せた箱舟」というのをきいてから、両親が自分の行きつく先、結論を見るってこと、ええ~っって思ってたので。

二冊とも対談本。
もわっとした夏には、対話形式がすっと入っていけるのかな。
夏の読書。


[PR]
by Bird_W | 2018-08-20 08:50 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

涼しい

台風由来か気温が下がっている。フツーになっただけだけど。

この前の週末は、駅で待ち合わせてから近くの中華料理。エビチリが美味しかった。しかしエビチリって、必ずエビの数を数えてしまう…
庭ではナイアガラだ沢山実ってた。収穫収穫。
ちょっと皮が固くて酸っぱいが十分食べられます。
f0219184_20051037.jpg


グラウンドフラワーが野性的に勢力を拡大していた。
f0219184_20045010.jpg

ハナはコンクリのグラウンドに大密着。というか離れない。変顔になるくらいひっぱっても動かず。
冷たくて気持ちよい模様。
クビにつけてるのは、フライングタイガーで購入した、必需品。カートリッジみたいになってるかなり優れものらしい。
自分のことは自分でするもん?

f0219184_20042188.jpg

日曜朝は第二回ブルーベリー狩り。朝9時めがけていくも既に十分暑かった。
おじさん曰く「暑すぎてキャンセルが多い…」。確かに沢山鈴なりになった実が。
小1時間食べて摘んで。
お昼は、甘いしし唐と白なす焼き、マグロのお刺身、おかわかめと油揚げのおみおつけ。
暑くて昼寝してしまう。
野菜を沢山買って帰り、ブルーベリージャムを作成。ストウブ本領発揮。

世間では某協会の強面な人のニュースがすごいことになってる。
なんなんだこのオッチャンは。前世紀の遺物ぽい。
また、入試での女性差別… まだこんなことがあるんだ…
官僚の不正、それも裏口入学からボロボロ来たんだっけ。
お粗末すぎ。
この際だから全部清算したほうがいい。

さっきテレビでオッチャンのファッションを見てうなった。
なんか白装束っぽいジャージ?を着てるが、中はピンク。
ダレか何か言ってやって欲しい…







[PR]
by Bird_W | 2018-08-08 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

ヴュー View

少し涼しかった昼間、またこっそり(?)昼休みチクチク。
クーラーのきいてるスペースは人口密度高!さすがに恥ずかしいのだ。
で、暑いのだがお外で。

糸がポリエステル。ボビン(?)のようなものに巻いてあるため癖がついていてクルクル。
絡まる~。1本どりでやると透け感満載。



見た映画の続き。

パリが「恋愛できそうな町」だとしたら、NYは「夢のかないそうな町」だ。

子どものいない熟年夫婦と犬の数日間のエピソード。
夫婦の家を売る問題(夫婦の今まで)、家を買う問題(夫婦のこれから)、犬の怪我と手術、テロ事件(町自体の問題)。
複数のエピソードを同時進行させ、時折クロスさせ、リズミカルな映画になってます。
(プロットがいいんだ?て感じたんだけど、うまく説明できないから飛ばす)

いろんな登場人物(含む犬)の視点から入ると、見えるものが違ってくる。
違っていても、全体として「眺めがGoodな部屋」なのかも。
主人公夫妻の若かりし頃を彷彿とさせる場面がエンディング。
くるっとね、時間も俯瞰する「上の階から」。
やっぱ眺めがいいんだな。

それにしても、自分の住処は自分の時間でもあるのね。
嫌いなヤツから買いたくもなし、売りたくもなし。
不動産というカテゴリーでやり手交渉人に踏み込まれたくもなし。
大事なものなんだ。

で、自分のマンションも「眺めのいい部屋」なんだなぁと思った。
そうね、きっと誰でも部屋のここが好き、というのを持っている。
そういう居心地の良い場所を大事にして。

山の家は率直に言って
誰が見ても納得するきれいな家ではないけれど、美しいところを隠している家で、時間の背景のある家なのです。
近所のおばさんが「昔ここにはよく遊びにきたもんだ、押し入れとか入ってねぇ…」と思い出を語ってくれる、ような。玄関の上に打ち付けてある猪の蹄(?)とか、いや昔どんなんだったろうと思う。

そんなことも考えた映画だった。

それにしてもダイアン・キートンがチャーミング。
身に着けていたものなどフツーなんだが、
全体に雰囲気がいい。
うーん、こういうのはヴォーグにはないかも。






[PR]
by Bird_W | 2018-07-26 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

引き続き


f0219184_20413395.jpg


赴任先から甥っ子たち家族が一時帰国。
久々に子どもと遊ぶ遊んでもらう
暑くていろいろ忘れる。忘れてることを忘れる。重症。
この夏は体調最優先でもういいや。

ビヨーイン。
とうとう10年来のスタイリストさん退職が近い。二番目の子どもができてさすがに通えないとのこと。
感慨深い。
でも、今までサラッとしたお付き合いで、だからこそ続いてきたというのもあるから、このままサクっと行きたい。

あちこち転居してきた経験から、何か繋がっているひととは心でつながっており、二度と会うことがない人でも面影はいつも心の中にある。
自分がそう思える相手はまたそう思ってくれている、不思議に。
喜ばしく思い出せる人がいるというのは豊かなこと。
…というわけで、カラーカットパーマ。すっきり。

ジュンク堂に寄り、クロスステッチの本をさらっと見て、
平積みで展開されていたコレを手に取ってみた。

面白そうだったから、お試し読みをKindleで。
フームフーム。
モノに特化した?ミニマリスト。
結構面白いです。
が、スキャンというデジタルな保存をしているのは捨てたと言えるのかな?という疑問も。
そこを著者はとこまで捨てたらミニマルということではないと言ってる。
評価されたいという)他人の目線の先にある自分(の所有物)を捨てたい、ということみたい。

ミニマリストには人やものに愛着という絆を見出しやすい人なのかもしれない。
前述のように引っ越しの多かったワタシなどは、そういう神経は切れているのかも。
鋏のようなものはないと「困る」けど。
大事にしてても、別れは別れなのだ。

この本↓では、亡くなった母親の遺品を片付けるシーンなどはとても感動的というか感傷に満ち満ちていた。
ミニマリストには、断ち切ることが必要なのかもって思う。

iPhone(あるいはiMac)を持った修道僧?


評に「大半には賛成できるし、良い本ではあるが、本が長すぎる、それはミニマリストの精神としてはいかがなものか、そこだけは×」というようなのがあって、
うなずいちゃった。

まあいいや。

VIRONでパンデピス。懐かしい蜂蜜とスパイスの味。そして、パンコンプレ。薄くスライスして、自家製ブルーベリージャムとDean&Delucaで買った葡萄畑の桃のジャムを付けて食べる。ムフ。←ジャムを2種類も持ってる時点でミニマリストは無理か。

遅めのお昼には、義妹にもらったジェノヴェーゼ。
バジルの味が爽やか緑のパスタ。

ツクオキにナスとインゲンの揚げびたし。ドライカレー。
これでお弁当を乗り切る予定。
て、やっぱり一日一食は無理(ミニマリスト)

アルジー氏が上京したりで山には行けてませんが、
山の家には昨年登場したシロクマ君がムーブアイでいい仕事してるらしい。

相変わらず、ハナは涼んでます。


f0219184_23172647.jpg





[PR]
by Bird_W | 2018-07-19 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

あれこれ

ちょっと外に出ただけで、やられる感じの光線です。
この時期は本当にもうダメダメ、less than 人間。
日傘マスト。最近導入したリュックとまったく合わないことは承知の上だが、こうなったら仕方ないでしょ。
服装も、汗をかいてもすぐ乾くリネンのブラウスをイロチで二枚ずつ。
生き延びるて感じの夏になっちゃったな。

また休み明けも忙しいと予想。
それがワーク・ライフ・バランスなのかもしれない。世の中的にバランスをとってるわけで、個人的にはただ忙しいような?様々な側面がタイトになってきて、コミュケーション能力も含め即対応できる能力が要求されてきますね~。
できてるとは全く言えない。

とりあえず。
ビスコーニュにする図案をチクチク終了。
ほんとうはこれで表裏なのですが、糸の在庫や諸般の事情、もったいないし、表表にしました。
一色だったのを二色にしてみた。左の水色は組み合わせた色が布の色とほぼ同じで、見えなくて見えなくてアタマが爆発しそうになった。。。
その水色の方は青のフェルトと組み合わせてビーズを中心において、使えるようになった。
右の方は色つきアイーダと併せようかと思ってます。
これから注文。
このような手芸ものなど、場所をとらないしと思うと増殖しそう。つい、いろいろ欲しくなっちゃうから、必要になってから買うという予防策をとってます。

f0219184_19092749.jpg

しかし、移動の多い私ににはビスコーニュよりむしろニードルブック?と思った。
リネンテープか何かで考えてみよう。
そうだリネンテープにさしてタオルに縫い付ければ、ステッチ用のタオルでなくてもいいのかしらん。

秋田犬ハナには厳しい夏。
足湯ならぬ足水で、

「あ~~~きっもちいいわ~~」

f0219184_23175336.jpg












[PR]
by Bird_W | 2018-07-17 08:30 | Trackback | Comments(0)

夏の始まり

ワールドカップでやや浮かれたところに、大雨。
被害の大きかった地域の方が一刻も早く通常の生活に戻れるように。。。

日本に住んでいれば他人事ではなく、ハザードマップなどを見直してみたりしています。

*************


そろそろアレかな?

行ってまいりました。
ブルーベリー摘み(第一回目)。
たわわに実る1500本のブルーベリーの木。
摘む摘む食べ食べ。
鳥よけの網を張ってある隙をぬって、鳥もついばんでいます。

f0219184_22134194.jpg
500gを二人分。
生食の分を除き、残りはジャムに。
今週のお楽しみ。



シャンプー後のふわふわなハナ。
首をかいてもらって気持ちよく。
f0219184_22155933.jpg
町内の草刈りにアルジー氏参加。
お昼ご飯は、レタスと茗荷、油揚げのおみおつけ、お刺身(マグロ、イカ、はまち)、茹でトウモロコシ、万願寺唐辛子入り麻婆茄子(どちらも地元産で美味しかった)。
そういった週末でした。







[PR]
by Bird_W | 2018-07-14 12:00 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

土曜日

f0219184_22263687.jpg

名前のわからぬ木に花が咲いてた。


勢いづいてシーツを洗濯したところ、携帯(ガラケー)が紛れていて。
時計を洗ってしまったアレはいつだっけか。
古い電話機を引っ張り出してドコモにお問い合わせ。
バタバタのまま謎のお稽古事に行くも、今日は休みだった!

そして、アルジー氏がお迎えに来てくれ、シュワッチと山へ。
テレビでやってた100マイルマラソンというのを見た。
富士山だから走っているだけではなく、登山。トレイルランていうのかな?
とにかくすごすぎ。

翌日はそれぞれ仕事。昼には夏野菜の揚げびたしとポテトサラダをツクオキに。
だいたい私の料理はテキトーなので毎回違う感じに仕上がる。
夕方から近くのショッピングモールをぶらぶら。

やっぱり山を見るとリフレッシュできる。
ただぼんやりと。

f0219184_22280177.jpg


水田の光を追いかけて。

f0219184_22280984.jpg



夏は帰りにコンビニでヨーグルト買ってもらうのが定番、てハナは決めてるみたい。
アピってます。

f0219184_22440758.jpg






[PR]
by Bird_W | 2018-07-04 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

あめのひ はれのひ

日差しにくらくらした夕方、
月がブルーに浮かんでる、夏の夜が来ていた。

ガクアジサイが鮮やかにぬれていた時、
青がかかった赤と紫の層になった美しい夕日の時もあった。
鬱陶しい梅雨にそっと隠れていた、こんな蜘蛛の巣。

f0219184_21320699.jpg



雨の帰り道、地下鉄に乗ったときひとつだけ席が空いていた。
そこに座ろう… とまさに腰を落としかけた瞬間に
台風のようなものが。私が座ろうとしていた席に何かが突き刺さらんばかりに…

体格の良い女の人が猛然と座らんとしていた。
ど、どこから湧いて来たん???
「席譲ってもらえないんですから!!!」と絶叫…
杖と傘で突き進んできたらしい。
いや譲らないっていうか譲れないですよ、ワタシまだ座ってませんから…


DVD見た。


昔、母が縫ってくれたワンピースを思い出した。
洋裁教室に通って猛然と夜にミシンをカタカタと。
「白のタブリエ」という服を作ってほしかったんだけれど、
レースと白から却下された(お手入れ大変)。

この本を書店で見かけてちょっとわくわくした。

刺繍糸(DMC)はツヤツヤとして色がなんとも綺麗で。
目が色に喜んでいる。
DMCの本社がMulhouseにあると知ってびっくり。
それなりに知っている町だったので…
あまり覚えていないけれど、古いいかめしい駅舎といつも天気が曇りだったような…

ビスコーニュを始めてからまだまだまだまだステッチ段階。
図柄が細かい!
ビスコーニュということなら簡単なキットにすれば良かったかな?と思いつつ。
ちょっと時間がとれないこともあり、細々と。

イロイロ、ありますね。







[PR]
by Bird_W | 2018-07-01 09:13 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

6月、山の週末

電車に乗って週末は山へ。
駅で待ち合わせ。思いついて「いきなりステーキ」。
山の家でハナが待ってるのに…また「あんたたちだけ肉!シンジランナイ!」とか怒られるかな~とびくびくしつつ(嘘)帰宅。
夜にはクロスステッチするつもりだったのに。針を忘れてしまい… がっくり肩を落とす。
毎晩、寝る前の30分ほどをJ-WAVE聞きながらステッチするのが、楽しみだったのに!!!
あんまりがっくりしすぎて笑われる。

夜は田中一村の番組を見る。
確かに日本のゴーギャンかも。日本画の(若干)耽美的な世界から離れた世界観。
子どもの頃の絵がすごすぎて天才だった。

朝はハナと散歩。
昨日のステーキのことを根に持っているのか、反抗的というか不貞腐れなのか。
自分のペースで歩きたがる。
たどり着いた川べりでは足をつけてジャグジー状態。ぜんぜん動こうとしないのでかなり待たされた。
シャッターチャンスがあるときに限ってカメラがない…
帰り道で「いい犬だ」とオジサンに声をかけてもらう
(アルジー氏によると、毎日そう言われるのでちょっと心配な感じらしい)。
途中の小さな野原でハナを遊ばせつつ帰宅。

買い物。
山の家に来ると、ショッピングストアやホームセンターに事欠かず嬉しい。
都心はそういう意味では暮らしにくいところがある。何より坂道歩きですから。
こじゃれた店は増えるんだけど、日常そういうところには行かない生活。

お昼ご飯。
お刺身としめ鯖のお鮨(高菜で巻いてある)。焼きナスのショウガ醤油。インゲンの塩味炒め。キャベツと油揚げのおみおつけ。
デザートに蜜柑あんの水まんじゅう。

庭のハナじゃないや花を見る。
初々しい姫沙羅の花。
f0219184_21323782.jpg

なかなかうまくいったハンギング。

f0219184_21330659.jpg

色合いのお洒落な紫陽花。
中心だけがブルーで物憂い雰囲気。


f0219184_21340003.jpg

そんなこんなしつつ、週末はおしまい。



[PR]
by Bird_W | 2018-06-25 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

文鳥は旅立ち、私は日誌を続けています。(カテゴリーは整理中です)


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る