人気ブログランキング |

タグ:OLYMPUS PEN Lite E-PL5 ( 204 ) タグの人気記事

お待たせ♪

通勤電車で
初々しい美人を見た。四十台くらいかなぁ。瑞々しいスーツ姿。
こういう人を職場の華というんだろうな…と思って、よくよく見たら、何か式典出席のお母様でした。
やっぱりね。

そうね、仕事はどっちかというと戦場ですもの、
ワタシはコーデではなく戦闘服…じゃなかった、ユニホームとしか考えられないわ~。
まずは暑かったり寒かったりしないよう。
家出て蒸すわ→電車で冷房入れて冷える→職場が空調開始直後で蒸す→空調バリバリで冷える(ウールカーディガン)。なにか、料理されてる感あり。

週末はもちろん、ハナと河原にお散歩しにいくために山へ。
そろそろあれ、あれよ~! 今年も始めました♪ガブガブ犬。
f0219184_22242877.jpg
真夏のおっさんビール、プハァっぽく、終わりになるとくしゃみをするハナ。

f0219184_22133116.jpg
そしてランララン~と遊ぶ。
チラっと得意気にこちらを見る。

ハナもそろそろシニア犬という噂なのだが、
いたずら好きだったり、障子に次々穴をあけたり、なかなか落ち着かない… 
やはり飼い主が…(以下自粛)

山で春の緑に心洗われる週末でした。



by Bird_W | 2019-05-15 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

連休 その2

その2…とはいっても、あとはフツーの山の生活だった。
この時期、山は新緑が美しく、気持ちがさーっとシャワー浴びるような瑞々しさ。
庭のバードハウスには滞在客がいる模様で、朝早くには小鳥のさえずりと小さなヒナのささやきがきこえて。
家周りを竹ぼうきで掃いたりしてて。
春の最後の小手毬。

f0219184_20443754.jpg
ポリゴナム復活

f0219184_20485707.jpg

ラベンダーの似合う、後姿のハナ。
毎度横に倒れたソフトクリーム…と思う。
とろりとね。


f0219184_20541777.jpg
小さな可愛らしいレストランでイタリアンのランチを美味しくいただいた。
駐車場がわからなくって、間違って知らないうちの車庫に車入れちゃったり。
昭和レトロな喫茶店でコーヒーをのんで、ホームセンターに行って花の苗を買って。
「やっぱり一年草だと寂しいね」「そうだね」

ずっと途中も緑にあふれたドライブ。

f0219184_20552397.jpg

Facebookで友人の小さな息子が漢字を書いたと写真をくれた。
確かええと、オランダ人とフランス人のカップルで。
ママ似の横顔。
彼女は息子と娘に「A」で始まる名前をつけた。
なぜって彼女の名前はBから始まる。

「じゃあ、ずっと子どもたちの傍らにいるのね!」
と、私はメッセージを打った。

ふと、高校時代に読んだ詩集を手に取った。
気持ちの小さなさざめきにふと揺れてみる、そんなお休み。








by Bird_W | 2019-05-08 09:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

週末

春満開。

f0219184_21365905.jpg

伊勢丹でフランス展を物色。
今年は場所を半分にして期間を二倍にしたのかも。
パン屋さんが長蛇の列だった。
昼ごはんはガレット。神楽坂のル・ブルターニュが安定の味。
またオレンジシュゼット食べたいなぁ。
カヌレやパンデピス、ローストポークなどを買う。
チョコムース屋さんのおじさんの売り込みがおかしかった。

今回はボタンやピンバッジを買った。
ものすごく種類が多くていろいろと欲しくなってしまった。
売り場のマダムにも
「ボタンは危険なんですよ☆」と言われた。
楽しかった♪

おかげで手芸熱が再発し(?)
久しぶりにクロスステッチ用の布や糸をネットでお買い物。
ずっとハンドタオルハンドタオルとやってきて、
すっきり白いリネンに春の色を刺したいって思って。
季節ですかね。

週内イロイロと忙しく、ウウっと吠えたくなる瞬間あり。

世の中うっとうしいことが多いから、逃避としてみんな
インスタ+イヤホンで音楽ききながらlineしてるのかな?って思った今日この頃。
どこでも自分の部屋?

昼間が立て込んだとき、仕事のあれやこれやを引きずってるなって思う時は、
きれいな色、自分が今好きだなと思う色を刺してリフレッシュ。
ぷすぷすっと寝る前のステッチタイムがリセットボタン。











by Bird_W | 2019-04-22 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(2)

あっという間に

寒かったり暖かったり。
バタバタしているうちにもう四月半ば。

f0219184_20364817.jpg
このポワンとした桜を見てから2週間くらいたつのね。
早いなぁ。

とうとう到着したカレンダーを眺めていた。
この写真はどうやって撮ったのだろう?と思う素晴らしいショット。
海の荒波と灯台のResistanceと、扉を開けて見える人影の小ささが詩的展開。
同時に、人間がいて自分たちのために灯台を建てたってことが、なんともいえなくすごいと思う。

f0219184_20483161.jpg
去年は確か10月の写真になっているんだけど、今年は6月になるんだ。
このカレンダーをとっておいて下だけ変えるというのもありだな…。

最近読んだ本。
最初は図書館で単行本を手に取り、のちに文庫に加筆部分があると知りキンドル版を手に入れた。



文庫版で加筆された部分は、最も病状がひどかったときのことだった(たびたびの入院や旦那さんが看病のために休職した時期など)。かなり大変だったんだなと思った。
もともと角田光代と山本文緒と同時期に脚光を浴びたが、角田光代の方はどちらかというとスパっとしたエリート、山本文緒の方はそうでもない感じで。
どちらもそうだけど、山本文緒には脚光を浴びる自分と相いれない思いがあったかも。ギャップというのか。それが作品に反映されていて、静かな苛立ちを感じたことがあった。
揺れる気持ちや波立つ気持ちなど心理描写の卓越した作家。少しでもづつでも作品を発表して欲しい。







by Bird_W | 2019-04-16 20:35 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

春ドライブ ぱあとワン

週末氏はアルジー氏仕事に同行(便乗?)し、福島県いわき市日帰りドライブ。
母方祖先は福島会津藩ではあるものの、まだ行ったことがない(地図上の位置さえ定かではなく…)。
調べれば福島県は日本で三番目に大きい都道府県であるそうな。へぇへぇへぇ。
会津まではちと厳しかったが…
7時に待ち合わせ高速でGO。途中、SAで

f0219184_20095186.jpg
あんこう焼きとな。形も可愛らしいのを半分こ。
アルジー氏トイレの際に、上の方のカリカリ下部分を食べて残りを素知らぬ顔で渡したことは言うまでもない。
アンコウの形など、みんなそんなに詳しくないしね?

しかし関東平野は広いのう。。。福島いくまでに茨城も通過した。帰りももちろん通過したのだけれども筑波の辺りなど「ヨーロッパぽい?」と思った。田圃風景の中、鎮守の森があり用水があり、集落があり、人がほとんど歩いていない…。
そして、何かとてものどかな風景。

f0219184_20122342.jpg
春がそこかしこに漂っている。

その後、当然、塩野埼灯台へ。



美しい白い砂浜の灯台だった。

f0219184_20182661.jpg



歩道はこんな感じ。結構迫ってくる。
上がれる灯台は観光名所でもあり、車で近くまで行けるところが多い。
が、今回は階段と歩道でどんどん急斜面を上がる。

f0219184_20171792.jpg

きっついのは、灯台の中も螺旋階段で100段くらいは狭い中を上るから、今回は結構足腰使った感じでよれよれ。
そのうえ、当日はものすごい風で歩いていても吹き飛ばされそうになった。
たまたま私が一人で登っていたため、ここで上から落ちてもわからないんじゃ…とちょっと心配になるくらい。
灯台の上部は360度くるっと外を回れるのだが、手すりを握っていても飛ばされそうだった。

その後、小名浜で海鮮やお土産を眺めたり(お昼はここで食べるべきだった!)、タコ焼きやイカ煎餅入り焼きそばを食べたり。のんびり遊んでいるうちに渋滞が発生してしまったため、都心を回避し、圏央道でつくばから神奈川へシュワッチというルートを始めて通った。

途中、驟雨にあったが、その後の夕焼けがすばらしく、
関東平野ののんびりした風景が夕暮れに落ちていき、明かりがポツンポツンと灯っていくのをゆっくり眺めて。
SAでお茶したり休憩して帰った。

それにしても、食べ物の写真はあまり撮らない(大体食べてから気づく)んだけど、
あんこう焼きだけはこれは撮ろうと思った。
インスタ映えってこういうのを言うのかな??

お土産に買ったザザコーヒー、水戸納豆と納豆のお惣菜、梅干しなどをアルジー宅に忘れてしまったのが残念でならない。
今度は会津若松まで行きたいな。

おしまい♪















by Bird_W | 2019-03-18 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

春なの?

6月あたりをさまよってる?
カレンダーが届かないため、現在は去年の6月くらいのカレンダーを参考にしてます(曜日ならびが同じらしい)。

今年の花粉はひどい。
もともとアトピー性皮膚炎でくすりを朝のんでますが、これは夜ものまねば…
喉がむずがゆい。

かゆいっていえば、
ハナの毛がすごい。本人(犬だけど)も痒いのかブルブルンてすると、空気中を盛大に舞う白い毛。
春なので本人(犬ですが)ウキウキするのか、お出かけしたく車内が毛だらけ…

f0219184_20424993.jpg

気持ちいいのよ~♪ 春の風。
海にも行ったわ、えっへへん。

f0219184_20415403.jpg

後ろにうっすらと富士山が見えてる。
まだ上の方は白い、初春の富士山。

ドライブ後はお買い物をして、お鮨とホウレンソウと油揚げのおみおつけ。春キャベツと豚肉のいためもの。
All Freeのライム味が今回は美味しい。
ちいさいポンカンもあまずっぱくてぎゅっとしてた。
アルジー氏ツクオキは麻婆豆腐。ワタクシにはブロッコリ、ホウレンソウ、タマゴとささみを茹でた。
サラダセット。

週末の夜は家で映画。
見たのはこれ。



とてもいい映画だった。
久々にみた永瀬正敏。いい役者さんだのう。。。
しかしすごいのは樹木希林。

映画の中で突出してひとりで3Dくらいに存在感が際立っている。
樹木希林の瑞々しさとお話の深さ、台詞の重さにじわっとくる映画だった。

市原悦子との共演シーンもあった。
この二人の女優さんの演技はもはや演技という枠を超えていて。
見ている人の気持ちの中に確かな場所を築いてしまう。
見た後にはその登場人物と生きている気がするくらいに。
二人ともが立て続けにこの世を去っていったんだな…
でもまた作品を見れば会えるから!て知らない人なのに思っちゃった。



by Bird_W | 2019-03-11 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

週末

予定が立て込んでいたため、日曜に日帰り。
駅で落ちあって、スタバで朝ごはん。
カプチーノにエクストラショットしてみるがまだ足りないみたい。
シフォンケーキが久しぶりで美味しかった。
私は紅茶。
アルジー氏は新しいミルクフォーマーを購入したらしく、毎朝自分好みのカプチーノを淹れてるらしい。

買い物にいく。
ティファールのフライパンを買う。新しい赤いフライパン、深めのタイプでわくわく。
その他いろいろ日用品。気分一新でお弁当箱とお箸セット。
食料品アレコレ。お鮨を買おうとしたら恵方巻に占拠されていて普通のお鮨がほぼない状態。
どんぴしゃ節分だったか。

お昼は、三つ葉と油揚げのおみおつけ、ひき肉とチジミホウレンソウの炒め物、お鮨。
ツクオキとして、新じゃが、新玉ねぎ、にんじんたっぷりと、ベーコンと牛肉のスープを仕立て、
餃子のタネをニラ沢山、大葉と豚ひき肉で作る。餃子はアルジー氏が作る。
このタネを冷凍しておき、チャーハンなどにも使う予定。

その後、ハナと河原に遊びに行く。
ハナの顔には今…

f0219184_21245718.jpg

なんか… 泣き眉なオンナ?
猫を追いかけ、置いてあったフォークリフトの下に潜り込み、頭をぶつけタイヤのあとがついたらしい。
(傷などではないです)
草むらに突っ込むもんだから盗人(萩)たくさんつけてるし。
美犬なのに~。
でも、まあ自然でお茶目でいいんだけど。


本人は全然気にしていない(鏡みないしそんなことになってるとも思わないのか)。
で、お出かけお出かけ♪って、車の周りを走り回ってます。

f0219184_21254175.jpg


by Bird_W | 2019-02-05 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

週末

いろいろ言いたいことはあるのだが(シゴト)、メンドイのでやめとこ。

今回はアルジー氏が上京。

週末の前に、どっか行こうか、美術館とか?ていう話になり、見つけたのは朝倉彫塑館。
あいにく、とてもとても寒い。冷えている。冷蔵庫の中にいるような…
が、せっかくなので出かけた。

日暮里という駅は初めて降りたぞ。
朝倉彫塑館は良かった。堂々たる建築物。とても戦前にものとは思えず。
天井まで本のある書斎や、中庭の池を中心とした和室などを見る。
特に寝室であった和室が良く。目を覚ますと光と水のキラキラが入ってきそう。

唯一写真可だった屋上には、オリーブの木が折からの風に吹かれていた。風の似合う木だ。
その時代、屋上緑化のハシリだったらしい。彫塑はまず土に親しむこと、という話だった。
筋の通った話だ。

こんな感じで彫塑もある。
やおら腰を上げた?像。とにかくリアル。

f0219184_18230772.jpg


下からはこんな感じ。
顔が暗すぎるが、やっぱりリアル。

f0219184_18242720.jpg

一回り前には平櫛田中がいるが、やっぱり彫刻をめざすひとは体力あるんだろうなぁ、こんなの作ってこんな家建ててしまうんだもの。パワーが違うわ。

館を出るとますます気温が下がっていた。
旅するミシンという雑貨やさんを見学。

団子坂の上にある団子やさんで、食べた焼き団子出来立てで美味しかった。小学生くらいの男の子連れのお母さんが自転車で買いにきていた。こういうところが谷根千はいいです。
やなかカフェでコーヒーを飲み、豆を買い、地下鉄で戻る。
何しろ寒く、谷根千また来よう。

地元でイタリアン。ここは人気らしくすぐ満席になってしまうが、時間が早くてセーフ。
ハムを山盛りとコンフィ食べる。今度は肉盛りを食べたいね、という話をする。

買い物しながら帰り、帰宅後はダラダラ。
ラスト10分というところで、大坂なおみが全豪オープンに勝つ瞬間を見る。
なんかすごい、すごいとしか言えないくらいだった。
コートをおりると普通の女の子というギャップが愛らしい。

日本人という枠をあっさり塗り替えてくれる、そんな世代の出現なのかも。
お風呂入ってあったまって寝た。







by Bird_W | 2019-01-28 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

めがね


眼鏡をどうしようかなぁ。

今のにはブルーライトカットが入っているのだが、
いまは、PCそのものやディスプレイでブルーライトカットができる。
それに、アメリカの眼科学会は「ブルーライトカットに根拠なし」的なことを言ってるし(無意味とは言ってない)。

何でも色が黄ばんで見えるのが、ちょっとストレス。
クロスステッチしていても裸眼と眼鏡で色味が違う。

フォーナイ*ズで作ったのが、1年半くらい前。
ファッショナブルではなく、日常にかけられる皮膚みたいなフレーム。
老眼が落ち着かず、中近を作ろうかなと考え中。
仕事用には今のメガネ、外歩きと仕事のミックスでもう一つか、
あるいは今のフレームでレンズだけを交換するか。

作るとなると、遠くも近くも普通に見たい。

直営店に行って視力を計測してもらい、フレームも選んだ。
来月くらいに行くかなぁ。

などなどと、冬の一日。


名も知らぬ黄色い実。

f0219184_20491383.jpg










by Bird_W | 2019-01-22 18:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(4)

週末

通院。
先生とよもやま話… いいのかなぁ。
10年前の話をする。いつからかかってるのかもう忘れた…
「あのときの自分は今思うとかなりウザイ、しつこい」と言ってウケる。
ほんと、年をとった。

帰り道、実家に電話したところ父がインフル罹患したらしい。
毎年ワクチン接種していたのが、今年は受けておらず。自分はワクチン接種してないのがこうなると痛い。
何しろ母は耳が悪い(半分聴こえていない)から、看病するほうもされるほうも骨が折れる。
とりあえず、レトルトお粥や苺やフルーツをお届けする。大丈夫そうだった。

家事を片付け、山に行く。
駅からそのままなぜかコストコにいくという運びに。
コストコで割と買うのがメンズ衣料品です。体サイズに合えば掘り出し物がある。
食料品コーナーは見学のみ。おきまりのホットドッグに玉ねぎとザワークラウトのっけて食べる。
帰宅してお風呂、久しぶりにクロスステッチをちくちくして寝る。
スーパーで買った苺がスーパー美味しかった(←どの角度から食べても同じ程よい甘さ)

翌日。
夕方用事があったので、早め進行。
いつもの買い出し。ホームセンター、セリア、スーパー。
地元野菜コーナーでチヂミホウレンソウ。冬はこれでしょ。
気温が例年より暖かいせいなのか、ちぢみ具合が若干開きぎみ(!?)。
帰り道に炊飯器のスイッチを入れていないことに気づく。
帰宅してすぐ高速炊飯。
里芋と油揚げのおみおつけ、チヂミホウレンソウと生シイタケ、豚肉の炒め物。お刺身。
お刺身が凍っていた(いつもより凍ってた)のを、あたたかいゴハンに乗せて解凍しつつ食べるアルジー氏。
「もうお刺身は冷蔵庫に入れちゃだめだね」という変な会話。
デザートにどら焼きの皮だけ(を売っている)を食べる。

ハナをのっけて川に行き、河原でちょっと走る。
ハナはいまマイシーズン。毛はフワフワし、表情は柔和だ。
キッチンでゴハンを食べてると「あたしも~あたしも~」てキュウキュウいうけど。

食料品を山ほど抱えて帰る。
ハチ公前の交差点を、しょっちゅう泥ネギを抱えて渡っていた時代を思い出す。
実家にいたころも大家族だったから、毎日曜は自転車を連ねて坂を越えて買い出しに行ってた。
見て納得したものを買いたいって思うのよね~

ホームセンターで買ってもらったフライパン。
家で見ると全ての鍋より大きい。
ド迫力すぎ、このサイズの蓋がないことに気づく。

夕方には図書館。
予約していた本が届いたという連絡があった。
その予約以上の本を借りる。
2週間では絶対読み切れないな~ まあいいや。

帰宅後、ストウブで炊飯したりブロッコリやささみを茹でて、いわゆるツクオキっぽいことをする。
新年あけてからお弁当中心生活。
また一週間があっという間に過ぎていく。
いいこともあるし、その反対もあるし、いろいろ山谷あるようでも、むやみに落ち込んだりはしなくなった。
いつもそれはそれとして、流れていく生活の楽しい時間があって。

年を取りたいと思っていたのは、落ち着きたかったってことかな。

光と無心に水を飲むハナ。

f0219184_21351024.jpg


ユーミンの『晩夏』という歌が好きだった。
銀河テレビ小説という20分で2週間くらいの帯ドラマの主題歌だった。
『幻の葡萄園』という、終わりゆく夏の話だった。
今から30年以上前の話で、あの頃の両親は今の私よりずいぶん若かったのだ。
子どもにはよくわからないドラマを、食卓で見ていたあの時間。
それ現実だった、ということも今は捉えがたくもはかない夢のよう。
変化は知らないうちに訪れている。
記憶も薄れていくものだけど、さらさらと過ぎゆく時間を掌で受け止めるように、
長い日記を書いた。

歌の一節にもある。

『空色は水色に 茜は紅に
藍色は群青に 薄暮は紫に』。







by Bird_W | 2019-01-21 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

文鳥は旅立ち、私は日誌を続けています。(カテゴリーは整理中です)


by Bird_W