タグ:クロスステッチ ( 15 ) タグの人気記事

まだまだ

九月。

週末、実家の母とユザワヤに行く。
DMCの引き出しの前で思わずニンマリしてしまう。
色は見て買いたい。
母も丸枠を買う。
叔母のリハビリにどうだろうかと、ズパゲッティとい布(糸みたいな)とかぎ針、本を買う。

ニードルマインダーがどうしても欲しくなり、100円ショップでマグネットを買ってみた。
強力すぎてハサミまで持ってかれて、毎回探してしまう。。。

母とは買い物後、喫茶店をはしごして何時間もお喋り。
暑すぎてこの夏は出かけられなかったのと、そろそろお友達が亡くなったり施設に入ったり生活が変わって、なかなか会えないという。
80歳というのも何か区切りなのかな。
ワーワー話して(母は耳が遠いから、話が一致してるかいまいち不明ながら)盛り上がって、リフレッシュ。

チクチクは
ベタにピンクを使ってみたり。
ピンクなんてもう全然着てない。
こうしてみると、華やぎがあっていい色。
緑はあまり種類を持っておらず、いつもの色に落ち着いた。
花の色は薄い薄い灰がかかった紫。
この色が好きで訪問着はこれで作ってもらったなぁ。
まだあるけど。。。

リネンに刺したいという気持ちが治まったので、テープ刺繍に戻ろう。
少しできたものがあったんだけど、可愛かったがバックステッチ多用で洗濯に耐えられるか怪しい。
再考しよう。


f0219184_22362543.jpg
ちょこちょことクロスステッチの本も買い集めている。
眺めているだけでも結構楽しいし、
チャートを見ながら、フンフンナルホド?とやるのもいいし。
色などもやっぱり指定されているものには、ちゃんと理由があるな~と思う。

図書館通いはまだ続いている。
予約のトップは『コンビニ人間』だった。確かに。
借りた本とはまた別に、最近、読んだ中では、

甘いお菓子は食べません (新潮文庫)

田中 兆子/新潮社

undefined


…ジャケ買い?だったんだけど、面白かったです。
アンソロジーみたいになってて全体にはつながっている。
こういう身近なお話は、肌に合う文章や背景で読むのがしっくりくる。

その他にはお稽古に行ったりした。

[PR]
by Bird_W | 2018-09-05 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

あの日あの頃

いつもいつも走り書き。

歯医者に行く。
テレビで良くみる人を見かけた(文化人枠)。
今度テレビでみたら歯をよく見てみよう、と思った。
歯医者と美容院は、椅子で眠たくなる。が、さすがに超音波キーンの中では無理だった。

テレビで女子体操選手の記者会見を見た。
勇気あるしクレバー
これはうそではないよな~。アメフトの選手の会見を思い出す。
ワタシもパワハラめいた目にあったことがある。
大体、パワハラしている本人には自覚がなぞない、むしろい良いことしたと思ってる。
だから「全部うそ」て自分の論理で100%オッケーなのね。
ほんと体制が古すぎる。

チクチク。
アイーダのテープをやっていたら、
急に目を数えながらリネンに刺したくなる。
気まぐれ。

Rouge de Rhinのオダマキとアルファベットの図案をエレガント~~~にやりたい!

このブランドには色指定がないため、自分で考える。
まずは手持ちの色をエクセルで整理。系統と番号と一言メモ(愛らしいベビーピンクとか、シックな藤色とか自分なりの)。日必要な5色を選び、出来上がりを想像する(チャートだけで写真はない)。
が、色の組み合わせを脳内で想像するのは、ワクワクする作業だが、
かなり大変だ。。。色って字と違う場所に脳内メモリがある気がする。
ここで時間切れのため、アイーダに戻って少しチクチク。

クロスステッチをしながら、J-WAVEきいたりしていると、
中学生くらいの頃に戻ったみたい。
すごくイロイロ考えているようで、実は何もわかっていなかったあのころ。
今だってたいして変わらないかも。
全然進歩もしてないのに、のほほんと刺繍なんてやっちゃってあーだこーだブツブツと。

f0219184_22313258.jpg









[PR]
by Bird_W | 2018-09-01 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

8月半ば

お盆休み。

山に行った。
ガブガブした。

f0219184_20055311.jpg

両親とゴハンを食べた。
猛暑で二人ともバテバテだった。

IKEAに行った。
椅子の張り替え用にしっかりした布地を購入。
雑貨をざっくり。

手ごろな額も購入。出来上がりの刺繍をしまっておくのも寂くて、入れてみた。
正方形の額ってなかなか見つけられなくて…。
アクリル板は外すかも。
タオルはテープ刺繍をまだ待ち針で押さえてる状態(お仕立てが長い道のり)
ベルメゾンの今治タオルをベースにプレゼント用です。
Mの額も別の人へのプレゼント用。

f0219184_20563650.jpg


個人的読書週間を開催。
休みの前に本屋でオトナ買い。
Kindleだと知ってる本しか探せないのがなんだ
そういうときはやっぱり本屋さん。

その中から。

  • 50歳とキョンキョンに親しみを感じるアナタに。

キョンキョンでもそういう年齢になるんだ!という新鮮さと、キョンキョンもこういうふうに迷うんだ!という親近感、キョンキョンでもやっぱり壁なのね~という軽い絶望感。そんな本です。
対談に登場する方々がYOUから小池都知事まで現在ツボな女性方で、フーンフーンそうなんだ~と読めました。結局やっぱり年齢だけではスライスできないんだなぁとも(アタリマエか)。各人それぞれに落としどころを多少模索しつつ見つけていくのかも。


  • このIT and AI社会で、「人生の三分の一を検索に費やして」いることに、疲れと閉塞感を感じているアナタにはコレ。

共感のレッスン 超情報化社会を生きる

植島 啓司,伊藤 俊治/集英社

undefined


タイトルはシソウっぽいが、サクッサクッと切っていく、そのリズムが山師あるいは手品師。
白い鳩がカフスから出てきたら誰でも「なぜ?」て思うし、考えるだろう。
この本もそういう仕掛けなのか。
わかるようなわからないような、その間にある本。想像力がはためきます。
すっごくつづめていうと、「本読まないで生き生きとした体験、特に旅に行くといいよ?」みたいな本かも。
個人的には、DNAは人間を決めるものではなく他にも多くの要素がある、というところが良かった。
「人間はDNAを乗せた箱舟」というのをきいてから、両親が自分の行きつく先、結論を見るってこと、ええ~っって思ってたので。

二冊とも対談本。
もわっとした夏には、対話形式がすっと入っていけるのかな。
夏の読書。


[PR]
by Bird_W | 2018-08-20 08:50 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

なだれこみ

毎日毎日、仕事場に行くまでに大汗をかいてしまう。
冷たいものを飲みすぎてお腹壊す、口内炎発生。

去年の春先、思い立って医療保険加入を検討した。
予想外のポリープ切除で気持ちが挫け、また人間ドックで数値異常から甲状腺の病気発覚、治療に入った。
投薬で楽にはなったものの、まだ?な症状があります。
が、保険には紆余曲折の末加入できた!
手術してから10年経ってのことでした。
ヤレヤレ。

今の仕事はその頃から始めたもので、同じく10年。
細かい作業なので、いつまでできるのかなって思ってます。
流れる水のごとく、変わっていくことが多いから…
仕事だから大変なことも多いし、人間関係もそれはいろいろある。
が、職「場」も自分が過ごした場所として、
タイミングが来たら満足感と感謝とともにその場を離れることができるようにしたい。
そのために、いまベストを尽くそう。

そんな中で『Premium』で二地域居住の特集を読む。
フムフム~。え、もしかしてワタシ二地域居住ずっとやってるかも。
なぜかね、家が二つある人生。それもその一つは川の近く。
アルジー氏もワタシも仕事や生活の面でどちらかに固定することができないため、
行ったり来たりしてるんですが、
確かに、週末の山の深々とした風景や空がなければ、無邪気(無ジャーキーは困るか)ハナがいなければ、
このプレッシャーの強い仕事は続かなかったと思います。
場所を変えると自分も変わり、究極のリフレッシュになる。



また、本も二冊読んでみました。
まだ半分くらいの理解。

興味深い。
ワークライフバランスやハラスメントなど新しい社会的概念を入れていく段階では、
こちらも自分を練り直していく必要があるかなて思った今、読んで正解かも。
内容は平易だけど、自分に当てはめて反映していくのにはもう少し時間がかかるかも。
まずできることとして、ノートはちょうど8月でキリもいいし、早速始めて見た。
それと、Audibleの『トムは真夜中の庭で』英語版を再聴。何度読んでも聞いてもよいお話です。
耳に聴こえる言葉で場面が脳内に表現されていくのは、毎回不思議。

クロスステッチはエッフェル塔が終わって下の文字。
そしてアイーダテープに刺繍を始めました。
図柄は後ろの本の表紙にあるものです。
ベタにチロリアン♪な柄が素朴で気に入ってます。

f0219184_07265238.jpg










[PR]
by Bird_W | 2018-08-05 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(1)

ちょっとだけ。

ほんとうに気象的にどうなるんだろう、な展開。

台風のため、週末は日帰りコース。

近くのショッピングモールで、
まずはパンケーキとお茶。
そして、いろいろとお買い物。
薄いカーキのサラッとしたリネンブラウスにベージュのワイドパンツ。
これからも長く着られる秋物です。
フライングタイガーでちょっとした工夫が気を引くアレコレ小物。
楽しかったです。
お昼は鰻重と小さな温かいかけそば。

山の家に寄る。扉を開けるや否やハナがたーっと飛び出してきて、
ドーンとワタシの白シャツに手形(足形?)をつけてタックル。
その後ジャーキーを「ヨシ」なしでパクつき、ワタシに怒られ、食べるのをやめてじーっと待ってた。
カワイイ。
こんなハナも寄る辺ない身だったと思うと、せつないなぁ。

地球の気候変動で二人ともお疲れ気味。
ささやかで満足な週末。

f0219184_22072649.jpg
フライングタイガーで買った缶。留め金がいい。
Sajouのクロスステッチ。
単純なのだけど、このシェイプでなんだかわかる。とりあえず左はOKとして右も左とずれなく完成できるかなぁ。

ショッピングモールでこの本を見つけてパラパラ。
色(と配色)を解説。
『シェルブールの雨傘』のワンシーンから、
あの独特の配色をあらためて仔細に見ると、小道具に至るまで美意識で統一されてるのがわかり、
現場の気合を感じた。






[PR]
by Bird_W | 2018-07-30 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

ぼちぼち

まだ7月あと一週間あるのか~。

通院先の病院はフロアに電子ピアノがあって、いつもは自動的になってるんだけど、今日は女性が弾いていた。
やっぱり人間は弾いてるのがいい。
何か気持ちがついていける。

『Marie Claire Idees』のクロスステッチ特集号を入手して、眺めている。
フランスのクロスステッチは、どんどん翻訳本が出ているので人気があるんだな~。
いまんところは伊勢丹のフェアで買ったSajouのキットをやってます。

見た映画。

アナ・ウィンターとグレイスをめぐるお話です。
アナ・ウィンターは徹底的に客観的で、グレイスは完全に主観的。
客観vs主観、対照的な個性の二人が織りなすヴォーグという華麗な物語。
確かにアナというプレッシャーがないと、グレイスはどんどん自分の世界に浸っていきそうな気もした。
こうしてヴォーグという伝説をつくっていくのね。

でも、業界が違えば、いろんな仕事場でありそうな話。
際立つ個性はまたぶつかるもので。
譲ることリスペクトすることなど様々な手段で、感情論や正論とは違う道筋を二人の間に見出すことが、仕事なのかなぁ。

ひたすらゴージャスなファッション雑誌の撮影が見られました。



[PR]
by Bird_W | 2018-07-25 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

いよいよ

人生100年と言いながら、人間が先に種として終わってしまうような天気です。
このマンションも間違いなく熱中症だと思う。
熱気と皮膚の間に境目がないようなボヤヤーンとした感じだ。
まあこれ以上書くと益々暑苦しいのでやめとこう。
以下同文だ。

ビスコーニュできた。
裏はアイーダと併せた。
リネンよりも目が読みやすくてびっくりした。
中身入れすぎなのかな?

f0219184_23182214.jpg


ついでにニードルブックもどきを作った。
図柄はビスコーニュの本から。
裏地にフェルトを使用し上の青い部分を利用して縫い留め、
スナップボタンをつけた。

鳥は目を入れる時が緊張する。
優しい顔にしたかったのだ。チュンを思い出して。
毎夏、あまりに暑いと心配だった。軽くエアコンをタイマーでかけたり。

f0219184_23183286.jpg

これで山に行くときも針を忘れない。
しかし布と糸は保証できない。。。???



同じ作者の本をいくつか読んだ。
平積みになってたのがコレ。
キャッチーなタイトルを相まって売れてるらしい。

老後の資金がありません (中公文庫)

垣谷 美雨/中央公論新社

undefined


そしてコレとコレ。
Kindleだから、ちょっと選択肢が少ない。

ニュータウンは黄昏れて (新潮文庫)

垣谷 美雨/新潮社

undefined


七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)

垣谷美雨/幻冬舎

undefined


三冊とも、登場人物のセリフが面白くて。
タイトルとは違い、中身はさほど激辛ではなく、笑っちゃって、エンディングも辛くない、そういう本です。
おどろどろしい殺人事件はやだ、かといってあまりにも都合よい展開の本だとしらけちゃう、そんなときに。

雪とハナの写真を頼まれてもないがアップ。
一瞬の冷風をもとめて。
f0219184_22361622.jpg



[PR]
by Bird_W | 2018-07-22 09:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(2)

あれこれ

ちょっと外に出ただけで、やられる感じの光線です。
この時期は本当にもうダメダメ、less than 人間。
日傘マスト。最近導入したリュックとまったく合わないことは承知の上だが、こうなったら仕方ないでしょ。
服装も、汗をかいてもすぐ乾くリネンのブラウスをイロチで二枚ずつ。
生き延びるて感じの夏になっちゃったな。

また休み明けも忙しいと予想。
それがワーク・ライフ・バランスなのかもしれない。世の中的にバランスをとってるわけで、個人的にはただ忙しいような?様々な側面がタイトになってきて、コミュケーション能力も含め即対応できる能力が要求されてきますね~。
できてるとは全く言えない。

とりあえず。
ビスコーニュにする図案をチクチク終了。
ほんとうはこれで表裏なのですが、糸の在庫や諸般の事情、もったいないし、表表にしました。
一色だったのを二色にしてみた。左の水色は組み合わせた色が布の色とほぼ同じで、見えなくて見えなくてアタマが爆発しそうになった。。。
その水色の方は青のフェルトと組み合わせてビーズを中心において、使えるようになった。
右の方は色つきアイーダと併せようかと思ってます。
これから注文。
このような手芸ものなど、場所をとらないしと思うと増殖しそう。つい、いろいろ欲しくなっちゃうから、必要になってから買うという予防策をとってます。

f0219184_19092749.jpg

しかし、移動の多い私ににはビスコーニュよりむしろニードルブック?と思った。
リネンテープか何かで考えてみよう。
そうだリネンテープにさしてタオルに縫い付ければ、ステッチ用のタオルでなくてもいいのかしらん。

秋田犬ハナには厳しい夏。
足湯ならぬ足水で、

「あ~~~きっもちいいわ~~」

f0219184_23175336.jpg












[PR]
by Bird_W | 2018-07-17 08:30 | Trackback | Comments(0)

パタパタと

とりあえずここに置いといて。
そして忘れる。
そんなものの堆積を整理整頓。
粗大ごみを予約。書類を手シュレッダー。
書類の一時保存はスキャンで対応。
まだ半分くらいかな?

合間合間に現実逃避的にチクチクのキットやチャート、布や糸をWebでみたり。ウィンドウならぬウェブショッピング(見るだけ)。
素敵なものが沢山あるのね。
実家の母が「私もまたやろうかな~」と言ってます。
20年くらい前、ヤマナシヘルムスロイドの関係者が親戚にいて、クロスステッチしてたのでした。
この本をシリーズで三冊揃えていました。
今みたいに便利な時代ではなかった。


老眼が進んでからあまり気が向かず、残ったリネンや糸などは全部寄付したらしい。
今はいろいろあるんだよ~と 知ったかぶりで勧めてます。

父の日のタオルはRico。
ほどけたらお直しはタダ!っていっとこ。

f0219184_21132230.jpg


…でもチクチクのために夜更かしをするのはヤメトコ。



[PR]
by Bird_W | 2018-06-20 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

6月半ば







雨続きにやっと曇り。サムい。
初雪カズラが似合います?

最近、積みすぎなのか予定が崩壊気味。
久しぶりに手帳らしい手帳をハンズで買った。

父の日。
ハンドタオルにイニシャルを急ぎステッチ。スーパーで甘夏(柑橘好き)。花屋でクレマチスにレースフラワーのミントグリーンをあしらって。
カードを添えた。毎年そんなにするわけではなく、たまたま。
できるときにできることを。
実家で両親とわやわや話す。

そうそう、
本屋で立ち読みした本に「悲しいことを忘れ楽しいことを覚えておく訓練をした」という100歳の人の言葉があった。
そうなんだ~ そういうのも訓練なんだ!ナルホド。

クロスステッチは手持ちの布なので想定より大きい!
色の取り合わせはうまくいったかも。

f0219184_22051801.jpg

次はこの中から…
図案が可愛かったからビスコーニュでなくても使えるはず。
数冊あるビスコーニュの本のなかではビスコーニュの仕立て方がすごく詳しく書いてあって。
裁縫ニガテ感を克服したいな~と買いました。



[PR]
by Bird_W | 2018-06-18 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)