タグ:つぶやき ( 416 ) タグの人気記事

12月

すでに、総括やベストの時期なのか?
今年は、ぜんぜんまとまらない感じです。

ミシンを山から持ってきて、早速リネンのバスタオルで枕カバーを作った。
作ったともいえない簡単さ。
お裁縫の本て難しい…あの展開図を頭の中で組み立てたりするのにいまひとつパワーが足りない気がする。
実地で学習か。

図書館通いは続いている。
引き続き千住真理子。
練習の仕方や気持ちの切替など、何かを学習するひとには役に立つことが書いてあった。
(練習の仕方も先生が自宅に教えに来てくれたらしい)
レパートリーのリストがすごい(アタリマエだけど)。
表紙裏にびっしり書きこみのある楽譜が使われている。
そうそう、こうやって余白がなくなるほど書き込みをしたものです。
弾くときに書いたことを読んでたら間に合わないのだけど、そこに書くことがすごく重要なのよね。
同時に脳内にも刻んでいるんだと思う。


ヴァイオリニストの本では、以前、諏訪内晶子の本を読んだことがあった。
ちょっとタイプの違う、でもクレバーという点では同じだった。
諏訪内晶子はもっと勝ちにいくタイプな気がするけど。

冒険ものの流れも続いており、


二人とも実に文章に優れている。
自己表現としての冒険。ノンフィクションに命はってる感じ?
それは体をはった冒険ということだけではなく、
自己表現というのは自己満足に陥りやすい(というかほとんどソレ)だけれども、
冒険という他人にはほぼ理解されえないことを、文章で他人に伝えることに命燃やしてる。
その熱量が二人ともすごく、でも各人で炎の色や形が違い、丁々発止なやりとりもあり、面白かった。

人生半ばを過ぎたと思われるのに、なぜ今更冒険なのかなぁ?
いや、ここまで来たからこそ冒険なのか。
年をとり昔できたことができなくなるという、自分のなかの異質な感じ。
自分のエネルギーが枯渇してきて、さあどうする、という危機感とか。
何より、周りに「死」が垣間見えたそのとき、
全然、肉体に自身がなくインドア派で安全パイなワタシには、
これからの道というものが何か冒険のように見えてきたのかも。

予定調和やマンネリとは悪い幼馴染みたいに一緒なんだけど、
そういうものの手も離れていく時期なのかな。

[PR]
by Bird_W | 2018-12-04 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

ちょっとずつ

久しぶりにハナにあう。
少しだけ開いた引き戸を、前足で開けると
だーーーーーっと脱走するところを後ろから目撃。
「格子戸をくぐりぬけ♪?」
嫁に行く気配はない。

今期のユニクロ(というような大層なものでもない…)では、素材を見て買うことにしている。
乾燥肌に化学繊維はどうも優しくない。

なぜかメランジウールのメランジ感が気に入って、
去年はグリーンのセーター、今年はネイビーのロングカーディガンを買った。
あまり人気のない商品なのか、価格が下がっていた。

今年はラップスカートというのを買おうかと思ってる。
パジャマやレギンスの上に履くとあったかいかも。
ぜんぜんおしゃれではないため、定価で買う気がしない商品。
なんだかんだいって、ユニクロも無地もなんだかんんだと値段を下げるためもあり、
定価で買う気がそもそもないのか。

また山の家ではアタマが寒くて目が覚めることがあるため、ナイトキャップ???も探している。
フード付きネックウォーマーというのを数年前に買ったが、もう売っていない。
キャスケット付きネックウォーマーはあった。
が、寝るのにキャスケット。。。
そしてキャスケットとネックウォーマーの姿は、
イスラムの方のよう。。。
あざーーーん?

ちなみにこういうスキマ商品は通販が強い。
去年買えなかったから今年!という行列さえでき、狙っていた裏ボア付きデニム風ロングスカート(山では使っている)は、すでに完売。

夏はツラそうだったハナ。
その毛皮がうらやましい季節がやってきた。
イイ感じであぶらものってて、乾燥肌(?)とかないんだろうな。
あ、夜用の何か強力なやつ買わないとなぁ。

そんなこんな。


[PR]
by Bird_W | 2018-11-28 22:27 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

南の花は

少し前のことだけど、
箱根に絵を見に行った。

岡田美術館の『田中一村』展。

日本画というものは、もうひたすらに美しい、
それも日本的に予定調和として細部に至るまで美しいものだと思う。

田中一村は独特。独特…ていうのも違うのか。
神童と言われた日本画家が、
日本画としての静謐(そもそも絵には音はないが、動きという意味の静かさ)を保ちながら、
奄美大島という「南」で見出した日本画の新たな水平線、というのかも。

奄美大島で数年かかって絵の具代を稼ぎ、お金がある間が創作に励み、
展覧会を開くことを目標とし、毎日散歩をし動物や植物を観察し続けた、貧しさの中でも明るい目をした画家。
そういうヒストリーも、日本画がイメージさせる大家とは違う。

メインストリームにはのれなかったことなど、
日本画を良く知る人に、
「お師匠さんとかいわなかったのかなぁ」とか素人丸出しできいてみた。
そういうのは、言う方も言われる方も、難しいものらしい。
言ったがために、描けなくなってしまったりして、自殺してしまうくらいシビアなものだとか。

そういう意味では、自分の世界を苦難のうちにも見出し、描くことができたということなのかも。
展覧会では、技術を見せびらかすように書くことはしない、わかる人だけにわかればよい、というような文言の色紙もあった。
絶筆となった『アダンの海辺』では署名がない。署名するだけの力さえ残っていなかったとしているけれど、これは俺にだけしかできない、俺の絵という自負もあったのかな、とか考えたりした。

没後110年か何か記念の年回りもあり、各所で展覧会(フランスでも)あったせいか、
作風の変遷を見るには点数が少なかった。
好き好きある絵だと思うが、
気迫のこもった作品に、枠というものの明るい破壊を見た。

岡田美術館自体は2回目だったのと時間的にあまり見られなかったが、
東洋のコレクションの点数はすごいものがあり、クロノロジーに沿ってみられるのと、外の足湯がおススメ。









[PR]
by Bird_W | 2018-11-27 08:30 | 音楽 美術 映画など | Trackback | Comments(0)

メイプルシロップ色

図書館で見つけた本。


天才美少女ヴァイオリニストの系譜は長い、
その中では音大卒ではなくキャスターなどもやるマルチタレントの草分けである千住真理子。
線が細い外見とはちょっと違う、ヴィルトゥオーゾタイプではないが、のびやかで深い美音の人。

ストラディバリウス購入までのお話がとても面白かった。
ふつうの家で億単位(現在は3億ともいわれる)のローンを組むのも大変な話。

以前、テレビで千住真理子がストラディバリウスを弾いた。
音色の違い…というのをテレビでって、よく引き受けたなぁと思った。
それは、聞いている人にこの音をなんとかして伝えたい…という気持ちは良くわかるものだった。

音色という色もまた混ざり具合。
それは沢山の音色を聴き、音を探し音で世界を作るということに心を砕いてきて、初めてわかるものなのかも。

ストラディバリウスは、倍音のよく出る楽器らしい。耳に聴こえるというか体で鳴っているような。
自分の想像する音を超えた音色が聴こえたとき、それはどういう感じのするものなのだろう?

このストラディヴァリウス・デュランティが、千住真理子というヴァイオリニストを選び、
千住真理子はそれを手にするために、人生を賭けたということなのかも。
この楽器は人生の伴侶というように書かれていた。そうね、道連れなのかも。

楽器を弾きながら光の方へ上っていく。
ニスの色、深くて明るい蜂蜜がかったメイプルの色、その階段を踏んでいく。

また最近、YouTubeなどで動画を見たり、コンサートに行きたいなと思ったりしている。
昔はあまり好まなかったものが以外に良かったり、
決めつけるものでもないなぁと感じた。
耳を傾け、心を開け。


[PR]
by Bird_W | 2018-11-26 08:30 | 音楽 美術 映画など | Trackback | Comments(0)

11月の映画

見た映画。

映画の中でパリはいつも少しだけ嘘をついている。その美しさに皆「ま、いいか」と思ってしまう、そのたぐいの嘘。
映画には「匂い」(決して香りではない)がないから。あれがないとリアルじゃないよねと毎回思う。
豪壮瀟洒なオスマンチックなアパルトマンの脇にある、入り混じった動物的な匂いのする薄汚れた横道とかね。

この映画は、どこまでもリアルにパリで生きる若い女をヒロインにしている。
そもそもヒロインでさえ、ヒロインチックではなく、ただただ若いだけ(29歳とサバを読んでる31歳)。「美しくないという設定のあるモデルめいた美女」ではない。性格もさして…。そんな彼女に訪れた運命の一撃(ていうか、男に捨てられて追い出された…)

突然、ひとりになったとき。世界からパシーンと平手打ちを受けたような状態。そういうことはある。
ないない尽くしな彼女のみっともないような苦闘。ハッピーエンドや悲劇という御膳立てとしての展開はない、そういうヒューマンドラマ。
ただ、必死に手を振り回していた主人公が、なんだかわかんない混ぜこぜで、自分の人生を少しだけ自分の手元に引き寄せている、自分のいる場所を数センチ増やしている。辛い決断を自分なりに下して。
リアルな青春映画@Paris。

見たい映画。
アニエス・ヴァルダが相棒写真家と、ポートレイトを取りながらフランスの南や北を旅する。
ロード・フォトグラフ?のロードムービー。ドキュメンタリー映画(カンヌのドキュメンタリー部門最優秀賞)。


あとはこれ。


リチャード・ギアが怪しいフィクサーをやる。こういうイイ人そうなコンサルって実在する気がする。
そんで「あなたのゴタゴタ」を引き取ってくれるらしい。
大歓迎。

[PR]
by Bird_W | 2018-11-18 18:30 | 音楽 美術 映画など | Trackback | Comments(0)

えっと

ご無沙汰です。

起きて寝て仕事してゴハン食べてほぼ一日が終わり、細々と謎のお稽古事やクロスステッチなどやってました。

新顔はミシン。修理してまず雑巾作り、刺繍をタオルに縫い付けたり、ジーンズの裾上げしたり。
とはいっても高校時代以来、お裁縫とはご縁なかったっためまず思い出すための参考書(?)を読んでます。
やりながら考えたいが、何せ時間が細切れにしか(実情、ミンチ状くらいしか)ない。
仕事も色々と!もう辞めようかと悩んだが、状況もあり割り切って線引きし現状を低位置で維持というところ。

あと読書、図書館通いを復活。
Kindleと並行しガンガン読んでました。紙の本と電子だとやっぱり紙が紙一重的に存在感ある気がする。
主には冒険家の本(もともと植村直己とか好き)とピアニストの本。ヘェヘェヘェです。
冒険家カテゴリーでは、これがすごかった。
YouTubeでナショナルジオグラフィックの番組も見られます。


イイことイクナイこといろいろあったが、またそれはおいおい書ければ…
(あ、イクナイことは今更もういいや)

そうね~
なんかいろいろじっくり考えたい時期が到来してるのかもしれない。
そんで、ブログに書くことも変わりつつあり、まだちょっと肌に合ってないのかも。
…とか思った。

そんなとこ。




[PR]
by Bird_W | 2018-11-12 07:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

まだまだ

九月。

週末、実家の母とユザワヤに行く。
DMCの引き出しの前で思わずニンマリしてしまう。
色は見て買いたい。
母も丸枠を買う。
叔母のリハビリにどうだろうかと、ズパゲッティとい布(糸みたいな)とかぎ針、本を買う。

ニードルマインダーがどうしても欲しくなり、100円ショップでマグネットを買ってみた。
強力すぎてハサミまで持ってかれて、毎回探してしまう。。。

母とは買い物後、喫茶店をはしごして何時間もお喋り。
暑すぎてこの夏は出かけられなかったのと、そろそろお友達が亡くなったり施設に入ったり生活が変わって、なかなか会えないという。
80歳というのも何か区切りなのかな。
ワーワー話して(母は耳が遠いから、話が一致してるかいまいち不明ながら)盛り上がって、リフレッシュ。

チクチクは
ベタにピンクを使ってみたり。
ピンクなんてもう全然着てない。
こうしてみると、華やぎがあっていい色。
緑はあまり種類を持っておらず、いつもの色に落ち着いた。
花の色は薄い薄い灰がかかった紫。
この色が好きで訪問着はこれで作ってもらったなぁ。
まだあるけど。。。

リネンに刺したいという気持ちが治まったので、テープ刺繍に戻ろう。
少しできたものがあったんだけど、可愛かったがバックステッチ多用で洗濯に耐えられるか怪しい。
再考しよう。


f0219184_22362543.jpg
ちょこちょことクロスステッチの本も買い集めている。
眺めているだけでも結構楽しいし、
チャートを見ながら、フンフンナルホド?とやるのもいいし。
色などもやっぱり指定されているものには、ちゃんと理由があるな~と思う。

図書館通いはまだ続いている。
予約のトップは『コンビニ人間』だった。確かに。
借りた本とはまた別に、最近、読んだ中では、

甘いお菓子は食べません (新潮文庫)

田中 兆子/新潮社

undefined


…ジャケ買い?だったんだけど、面白かったです。
アンソロジーみたいになってて全体にはつながっている。
こういう身近なお話は、肌に合う文章や背景で読むのがしっくりくる。

その他にはお稽古に行ったりした。

[PR]
by Bird_W | 2018-09-05 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

ありようの続き(兼 読書記録)

続き。

おしどり夫婦つながりで読んでみた本。
辻邦夫・佐保子夫妻ですね。安井かずみ・加藤和彦夫妻よりも、若くに結婚し長く一緒にいた夫婦。
つがいの小鳥という言葉の相応しい、あの時代には珍しい雰囲気の二人だった。

ご本人は中世美術の世界で活躍された方です。
もう一冊ありますが、そちらは死後に刊行された辻邦夫全集に寄せられたもののまとめで、なんとなく気持ちをシンとさせるものがあった。
これ、は幾分一人の時間を生きてからの本だという印象。
一人で膨大な遺稿を整理したり必要なことをしたり、そういう現実的なことも書かれている。
最後のほうに「夫は私の保護者だった」というようなくだりがあって。

そうなんだな~、
夫でも妻でも、二人でいる時間は互いに守られている。お互いを守ることで自分を守っている。
互いに吐く息から生成された、ゆでたまごの白い膜のようなもので、うっすらと。
互いに憎みあっている夫婦はその膜が黒いだけで、やっぱりある。
その膜がお守りなのか、縛りなのか、それはその時々でまだらだ。

一人になったとき、
その膜がなくなっちゃう(ような気がする)んだ。
このよるべなさには解決というのはないな、きっと。
ただ、共にいた時間を思い起こし、
辛さとともにまた(そこにはいない)相手との関係性を育むことになるのかも。

長生きをする時代って、そういう痛みとともに生きるということを見出していく、
そういうことなんだろうか。
こればかりは準備もしたくないし、できないもんだ。









[PR]
by Bird_W | 2018-09-03 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

あの日あの頃

いつもいつも走り書き。

歯医者に行く。
テレビで良くみる人を見かけた(文化人枠)。
今度テレビでみたら歯をよく見てみよう、と思った。
歯医者と美容院は、椅子で眠たくなる。が、さすがに超音波キーンの中では無理だった。

テレビで女子体操選手の記者会見を見た。
勇気あるしクレバー
これはうそではないよな~。アメフトの選手の会見を思い出す。
ワタシもパワハラめいた目にあったことがある。
大体、パワハラしている本人には自覚がなぞない、むしろい良いことしたと思ってる。
だから「全部うそ」て自分の論理で100%オッケーなのね。
ほんと体制が古すぎる。

チクチク。
アイーダのテープをやっていたら、
急に目を数えながらリネンに刺したくなる。
気まぐれ。

Rouge de Rhinのオダマキとアルファベットの図案をエレガント~~~にやりたい!

このブランドには色指定がないため、自分で考える。
まずは手持ちの色をエクセルで整理。系統と番号と一言メモ(愛らしいベビーピンクとか、シックな藤色とか自分なりの)。日必要な5色を選び、出来上がりを想像する(チャートだけで写真はない)。
が、色の組み合わせを脳内で想像するのは、ワクワクする作業だが、
かなり大変だ。。。色って字と違う場所に脳内メモリがある気がする。
ここで時間切れのため、アイーダに戻って少しチクチク。

クロスステッチをしながら、J-WAVEきいたりしていると、
中学生くらいの頃に戻ったみたい。
すごくイロイロ考えているようで、実は何もわかっていなかったあのころ。
今だってたいして変わらないかも。
全然進歩もしてないのに、のほほんと刺繍なんてやっちゃってあーだこーだブツブツと。

f0219184_22313258.jpg









[PR]
by Bird_W | 2018-09-01 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

ありよう(兼 読書記録)

数珠つなぎ読書ともいう。
とにかく暑かったこの夏は、家にいて本を読んでいることが多かったってことで。

Kindleで気楽に読んだミュージシャンの本。
きっかけはというと、最初はつのだたかし(つのだひろの兄弟)のリュート聴いて、そこから。
ひらがなだけの名前というつながり(つながってないか…)

ムッシュは「派遣ミュージシャン」と自称するくらい、あれこれジャンルを違えて活動していたらしい。
それが結果的に息の長さにつながったのかな。
どこにいてもさほど違和感がない、というのも芸風なのだろう。


ムッシュ! (文春文庫)

ムッシュかまやつ/文藝春秋

undefined


歌は世につれ…70年代は活気があったんだな~ とあずかり知らない東京郊外育ちな。
音楽をやってる人は何か上流(!?)な感じがするのだけれども、
音楽をするということ自体が環境(と心の余裕)を空気のように必要とするのか。
いや実際「お宅はほかにもごきょうだいがいるのだから、あまり深入りしないように」と先生に親が諭されていた。
飯のタネにはならないが、ということです。
瞬間的には百パー楽しいし、他の事忘れられるから、良いことなんだけど。

同年代に活躍した、というわけでコレ。
いやこちらの方が断然メジャー。

安井かずみをめぐる人々の証言になっている。聞き書きはまた聞きでもあるから、書き手の気持ちの寄り添い方で微妙に温度差あるかも。音楽の話はあまりなく、文化史といった趣(婦人雑誌連載だからか)。

セレブの走り、突端にいた人です。いまでいうアイコン。
夫婦としても(今でいう「ベストカップル賞」?)ファッションアイコン。
妻の死後、夫が一切の資料を破棄し、すぐに再婚(似たような女性)するという行動をとり、最終的には自殺してしまった。。。謎が深いのですね。
当時よりも、看取りをする近しい家族の心的状況が理解されるようになった今では、彼の行動はある程度説明できるのかもしれない。特にスキルス性肺癌で末期になっての発見では、進行が早くて気持ちがついていかなかったろう。当時はまだ緩和ケアという考え方がなく、とても苦しんだだろうし。
それほどまで深くつながていたのだという意味では、夫婦としては全うしたんだろう。そういうのもありだ。

今っていわゆる身バレを厭わない風がありますが、やっぱり生活ってごちゃごちゃしたものがあるものなので、プライベートの公開は考えものだと思った。公開するとその時点でFIXされてしまい、変化をシラっと織り交ぜにくい…
愛情に満ち溢れたベストカップルが、離婚など修羅場化すると、あの愛情はなんだったんだ?と全体的に疑ってしまう。でも、その時はそれが真実だったから、否定されるものでもないと思うんだけど、その時々の印象で切り取られるから…

しかし、この本は何かそこ(夫婦生活のナゾ?)が中心になっていて、儚く哀しいのが残念な気もする。
満月でも欠けて見えることがあるのかな?







[PR]
by Bird_W | 2018-08-30 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

文鳥は旅立ち、私は日誌を続けています。(カテゴリーは整理中です)


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る