とりとめなく

芍薬を一輪、玄関先に置いてみた。
ふんわりふくらむと、ハラハラと花びらを落としていた。
もう少し濃いピンクのも買ってみた。
百合や薔薇のような形のはっきりした花が好きだったけれど。
芍薬もいいな。

雨模様で梅雨入りしそう。
この季節は紫陽花。
山の家にもあるし、近くには、傍らに紫陽花が満開の頃はとても美しい道があって。
楽しみ。

美しさって確固たるものなんだって思ってた。
最近は、美しさっていうのもある種のバイアスかなって考えてる。
何を美しいというのかそういう基準は個別なもので。
まあ、同じものを美しいと思える人を近しく感じるのだわ。
そうすると、歴史を乗り越えた芸術作品というのは、多くの人の心の琴線に触れる何かがあるのね。

f0219184_21180470.jpg

玄関に芍薬なんて何年振りかのことで、なんとなく楽器ケースを開けてみた。
調弦して少しだけ弾いてみた。
たくさん色んなことがあって自分も大分変わったようでも、
昔の習い事は定点となってくれる、掌にあるふるさと。

古本屋さんで見つけた大好きなシリーズ。
ホント、住めば都にしちゃうんだよね。

ワタシは平成生まれですから!
ウッフ♪
… だってさ。

f0219184_21183896.jpg





[PR]
トラックバックURL : https://birdwhite.exblog.jp/tb/29821590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Bird_W | 2018-06-01 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)