さらにテキトーなメモ

今年の大きなお買い物はメガネ。
四つの9(←ラッキーorアンラッキー?) というお店で念入りに検眼してもらった。
結果、私は二つ眼鏡を買わないといけない と言われて、それはあんまりなんで、中ぐらいのにした。
そのときはそれで良かったのだが…
通勤が遠くなってから、電光掲示板が見えないと困る、電車は毎日遅れたり乱れたりしてるのに。
そのうち、刺繍ぽいものに手を出して
キー!だめじゃん!と思った。

まあ来年考えよう…て、もうすぐですネ。

ジクジク疲れてた間、エンドレスな本を読んでた。
谷崎潤一郎『細雪』。戦争に向かっている日本で
登場人物が特段成長しようともせず三つ子の魂そのまま~に生きていく日々、
なぜかこの本を読むと沈静なのか麻薬なのか、とにかく、心にささった小骨がとれていきます。
20年前も留学先でずーっと読んでいました。

その他、読んだ本(漫画)。
魚喃キリコの作品いくつか。

痛々しいラヴ (Feelコミックス)

魚喃 キリコ/祥伝社

undefined


淡々とした世界。懐かしいような?
若い時は「一人暮らしは絶対ダメです!」みたいな生活だったから
(皆そうでした)
こういうこと体験したことないんだけど、なぜかな?

痛々しいのが青春なのか。
そういう感情がまだわかるってことなのか。
その分、大人になれないのか?

まあね、
自分がそのまんま大人になろう、というのは無理なのかもね。
三つ子の魂百まで。あくまで「魂」ですから。
宿るものなんだわ。














[PR]
トラックバックURL : https://birdwhite.exblog.jp/tb/28957072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Bird_W | 2017-12-26 08:25 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)