最近の読書

…とりあえず、本は読めている。
お休み前や昼休み、細切れ時間のKindle読書。
そうだそうだ、せっかくSIM Freeにしたんだし寝る前Audibleも復活しよ。
寝る前に目を使わない方向で。


漫画は絵でもってかれる感覚が疲れると購入したのがコレ。
一度読んでみたかった作家。

舞台が何か知ってるこの雰囲気と思ったら、因島だった。
尾道何回も言ったことがある、昭和のたちこめる猫の多い町。
因島行きのフェリーには高校生らしき人が良くいて、
「へええ、船で通うんだ!」とびっくりしたのを思い出す。

瀬戸内の島々が現代アートで観光地化する前のこと、
それまで行くことのなっかった田舎の夜の海や、山の道の風景をたくさん見た。

瀬戸内海近辺で過ごした数年は、海の周りや山のドライブに明け暮れていたから風景を濃く思い出す。
車を走らせることが好きで、足ではいけない山の中からシンとし造船所近くの住宅地や、
自分がまったく知らなかった東京以外の生活を始めてみたのだ。

ミステリーを絡めて描かれている島の風景。
橋でつながれていない島で生きるということは、
実は日本で生きることと、大きくは違わないんだよと思う。
どんなに車を走らせても、海にしかたどり着けない。
しかし、海という障壁に抱かれてもいる、不確かな輪郭の国なんだ。






[PR]
トラックバックURL : https://birdwhite.exblog.jp/tb/26325134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Bird_W | 2016-10-11 08:10 | 読書など | Trackback | Comments(0)