涼しい

台風由来か気温が下がっている。フツーになっただけだけど。

この前の週末は、駅で待ち合わせてから近くの中華料理。エビチリが美味しかった。しかしエビチリって、必ずエビの数を数えてしまう…
庭ではナイアガラだ沢山実ってた。収穫収穫。
ちょっと皮が固くて酸っぱいが十分食べられます。
f0219184_20051037.jpg


グラウンドフラワーが野性的に勢力を拡大していた。
f0219184_20045010.jpg

ハナはコンクリのグラウンドに大密着。というか離れない。変顔になるくらいひっぱっても動かず。
冷たくて気持ちよい模様。
クビにつけてるのは、フライングタイガーで購入した、必需品。カートリッジみたいになってるかなり優れものらしい。
自分のことは自分でするもん?

f0219184_20042188.jpg

日曜朝は第二回ブルーベリー狩り。朝9時めがけていくも既に十分暑かった。
おじさん曰く「暑すぎてキャンセルが多い…」。確かに沢山鈴なりになった実が。
小1時間食べて摘んで。
お昼は、甘いしし唐と白なす焼き、マグロのお刺身、おかわかめと油揚げのおみおつけ。
暑くて昼寝してしまう。
野菜を沢山買って帰り、ブルーベリージャムを作成。ストウブ本領発揮。

世間では某協会の強面な人のニュースがすごいことになってる。
なんなんだこのオッチャンは。前世紀の遺物ぽい。
また、入試での女性差別… まだこんなことがあるんだ…
官僚の不正、それも裏口入学からボロボロ来たんだっけ。
お粗末すぎ。
この際だから全部清算したほうがいい。

さっきテレビでオッチャンのファッションを見てうなった。
なんか白装束っぽいジャージ?を着てるが、中はピンク。
ダレか何か言ってやって欲しい…







[PR]
# by Bird_W | 2018-08-08 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

なだれこみ

毎日毎日、仕事場に行くまでに大汗をかいてしまう。
冷たいものを飲みすぎてお腹壊す、口内炎発生。

去年の春先、思い立って医療保険加入を検討した。
予想外のポリープ切除で気持ちが挫け、また人間ドックで数値異常から甲状腺の病気発覚、治療に入った。
投薬で楽にはなったものの、まだ?な症状があります。
が、保険には紆余曲折の末加入できた!
手術してから10年経ってのことでした。
ヤレヤレ。

今の仕事はその頃から始めたもので、同じく10年。
細かい作業なので、いつまでできるのかなって思ってます。
流れる水のごとく、変わっていくことが多いから…
仕事だから大変なことも多いし、人間関係もそれはいろいろある。
が、職「場」も自分が過ごした場所として、
タイミングが来たら満足感と感謝とともにその場を離れることができるようにしたい。
そのために、いまベストを尽くそう。

そんな中で『Premium』で二地域居住の特集を読む。
フムフム~。え、もしかしてワタシ二地域居住ずっとやってるかも。
なぜかね、家が二つある人生。それもその一つは川の近く。
アルジー氏もワタシも仕事や生活の面でどちらかに固定することができないため、
行ったり来たりしてるんですが、
確かに、週末の山の深々とした風景や空がなければ、無邪気(無ジャーキーは困るか)ハナがいなければ、
このプレッシャーの強い仕事は続かなかったと思います。
場所を変えると自分も変わり、究極のリフレッシュになる。



また、本も二冊読んでみました。
まだ半分くらいの理解。

興味深い。
ワークライフバランスやハラスメントなど新しい社会的概念を入れていく段階では、
こちらも自分を練り直していく必要があるかなて思った今、読んで正解かも。
内容は平易だけど、自分に当てはめて反映していくのにはもう少し時間がかかるかも。
まずできることとして、ノートはちょうど8月でキリもいいし、早速始めて見た。
それと、Audibleの『トムは真夜中の庭で』英語版を再聴。何度読んでも聞いてもよいお話です。
耳に聴こえる言葉で場面が脳内に表現されていくのは、毎回不思議。

クロスステッチはエッフェル塔が終わって下の文字。
そしてアイーダテープに刺繍を始めました。
図柄は後ろの本の表紙にあるものです。
ベタにチロリアン♪な柄が素朴で気に入ってます。

f0219184_07265238.jpg










[PR]
# by Bird_W | 2018-08-05 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(1)

ちょっとだけ。

ほんとうに気象的にどうなるんだろう、な展開。

台風のため、週末は日帰りコース。

近くのショッピングモールで、
まずはパンケーキとお茶。
そして、いろいろとお買い物。
薄いカーキのサラッとしたリネンブラウスにベージュのワイドパンツ。
これからも長く着られる秋物です。
フライングタイガーでちょっとした工夫が気を引くアレコレ小物。
楽しかったです。
お昼は鰻重と小さな温かいかけそば。

山の家に寄る。扉を開けるや否やハナがたーっと飛び出してきて、
ドーンとワタシの白シャツに手形(足形?)をつけてタックル。
その後ジャーキーを「ヨシ」なしでパクつき、ワタシに怒られ、食べるのをやめてじーっと待ってた。
カワイイ。
こんなハナも寄る辺ない身だったと思うと、せつないなぁ。

地球の気候変動で二人ともお疲れ気味。
ささやかで満足な週末。

f0219184_22072649.jpg
フライングタイガーで買った缶。留め金がいい。
Sajouのクロスステッチ。
単純なのだけど、このシェイプでなんだかわかる。とりあえず左はOKとして右も左とずれなく完成できるかなぁ。

ショッピングモールでこの本を見つけてパラパラ。
色(と配色)を解説。
『シェルブールの雨傘』のワンシーンから、
あの独特の配色をあらためて仔細に見ると、小道具に至るまで美意識で統一されてるのがわかり、
現場の気合を感じた。






[PR]
# by Bird_W | 2018-07-30 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

ヴュー View

少し涼しかった昼間、またこっそり(?)昼休みチクチク。
クーラーのきいてるスペースは人口密度高!さすがに恥ずかしいのだ。
で、暑いのだがお外で。

糸がポリエステル。ボビン(?)のようなものに巻いてあるため癖がついていてクルクル。
絡まる~。1本どりでやると透け感満載。



見た映画の続き。

パリが「恋愛できそうな町」だとしたら、NYは「夢のかないそうな町」だ。

子どものいない熟年夫婦と犬の数日間のエピソード。
夫婦の家を売る問題(夫婦の今まで)、家を買う問題(夫婦のこれから)、犬の怪我と手術、テロ事件(町自体の問題)。
複数のエピソードを同時進行させ、時折クロスさせ、リズミカルな映画になってます。
(プロットがいいんだ?て感じたんだけど、うまく説明できないから飛ばす)

いろんな登場人物(含む犬)の視点から入ると、見えるものが違ってくる。
違っていても、全体として「眺めがGoodな部屋」なのかも。
主人公夫妻の若かりし頃を彷彿とさせる場面がエンディング。
くるっとね、時間も俯瞰する「上の階から」。
やっぱ眺めがいいんだな。

それにしても、自分の住処は自分の時間でもあるのね。
嫌いなヤツから買いたくもなし、売りたくもなし。
不動産というカテゴリーでやり手交渉人に踏み込まれたくもなし。
大事なものなんだ。

で、自分のマンションも「眺めのいい部屋」なんだなぁと思った。
そうね、きっと誰でも部屋のここが好き、というのを持っている。
そういう居心地の良い場所を大事にして。

山の家は率直に言って
誰が見ても納得するきれいな家ではないけれど、美しいところを隠している家で、時間の背景のある家なのです。
近所のおばさんが「昔ここにはよく遊びにきたもんだ、押し入れとか入ってねぇ…」と思い出を語ってくれる、ような。玄関の上に打ち付けてある猪の蹄(?)とか、いや昔どんなんだったろうと思う。

そんなことも考えた映画だった。

それにしてもダイアン・キートンがチャーミング。
身に着けていたものなどフツーなんだが、
全体に雰囲気がいい。
うーん、こういうのはヴォーグにはないかも。






[PR]
# by Bird_W | 2018-07-26 08:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)