文鳥は旅立ち、私は日誌を続けています。(カテゴリーは整理中です)
by Bird_W
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
ちょっとだけ
at 2017-09-19 09:00
さがしもの
at 2017-09-14 09:30
秋の小さな旅
at 2017-09-13 09:00
ツレヅレ
at 2017-08-30 09:10
岬を巡る小さな旅
at 2017-08-29 09:05
画像一覧
カテゴリ
全体
ごあいさつ
思うことあれこれ 未来予想図
音楽 美術 映画など
読書など
外出 旅行など
ひとりごと 日々のこと
つぶやき 世間話
オシゴト
未分類
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
記事ランキング
検索
ライフログ
外部リンク
ブログジャンル


タグ:つぶやき ( 338 ) タグの人気記事

ちょっとだけ

秋だったり雨だったり、台風来たりした。
ハナの換毛期も乱れてます。
「どっち?いまどっちなの?」って、フワ~と白い毛が流れてく。
パジャマを紺にしたのは良かったのか。

エアコン導入した直後に寒くなったり、冬用スリッパを大人買いしたら暑さぶり返したり、
思い切り滑っているが、
これは「季節の先取り」とでも思いたい。

台風の一日は、
DVDを四本も借りたのに、イマイチでびっくり。

特にマリメッコの映画が、前衛的な芝居仕立てになっていて、
驚いた。しゃべりが舞台仕様で、ちょっと不自然。
マリメッコ自体もそんなに明るいわけでもないが(明るさを狙っていても)
映画はとにかく暗かった。

ライアン・ゴズリングの映画は面白かったが、いかんせん台詞が長すぎ。。。
あとは、アンジェリーナジョリーとブラッド・ピット夫妻(元なのか?)が、
二人を主演に、美しいマルタ島でぐずぐずと不幸な夫婦ものという究極の…
道具立ては素晴らしかったが、なんであんなに不幸(or不幸アピール)が必要なのか…

が、その後何気なくテレビで視た映画が面白く、

途中からでしたが楽しめました。
インドとフランス、どっちもある意味スパイシー。
背景や文化の違いはありながら、最後はやっぱりマリアージュ(融合)。
そういうファンタジー。スピルバーグらしい味付けの。
こうはいかないよな~と思いつつも、
「こうなったらいいな」と感じさせてしまうのが、成功したファンタジー。

そうそう、これを見たいねと話してました。



寒かったので、胡麻豆乳鍋。
今年お初の鍋でした。
今週のツクオキはシチュー。
(正確に言うとシチューの一歩手前)

今週は低姿勢じゃなかった低空飛行でガンバロ。
モチベーション低いのじゃなくって、
高めでポジティブだからこその、あんまり消耗したくないのさ。
先が長いからね。








[PR]
by Bird_W | 2017-09-19 09:00 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

さがしもの

どこか。
通勤経路が変わって、迷う迷う。
乗り換えなんて久しぶり。
JRを使っていたのは、いつ頃までだっけな。
数えてみたら、ちょうど2008年だった。

その頃は何をやっていたんだっけな。
その頃にきいていた音楽を聴きながら、
思い出すのは深い悲しみ。

とはいっても、
私はもう悲しくないのだ。

そうだな、
白い陶器の器にはまって、起き上がれなくて泣いてたっけな。
そこから出ようともがいていたが、つるっと滑って淵から落ちる。
そんな風景。

ポースレインの白さが冷たく光っていたが。
出られるのだった。
割れば。
時が来ればね、割れる。
内側からミシミシと。

空の天蓋の下に。

[PR]
by Bird_W | 2017-09-14 09:30 | 思うことあれこれ 未来予想図 | Trackback | Comments(0)

秋の小さな旅

ブルーベリー摘みの次は、葡萄。
そう決めていたわけではないけれど。

葡萄を買いに行ってきました。
富士吉田の道の駅。
去年ここでウィンクという品種を教えてもらい、大層美味しかったのでまた来ました。
売ってる方の話では、
「白い葡萄は白いのが、黒い葡萄は黒いのが美味しい」そうです。
この道の駅は野菜も充実しており、
ルバーブ(またもや)、白なすや長茄子、甘唐辛子や銀杏をあげたものなどをお買い物。

お昼は、元祖回るお鮨なお店でお腹いっぱい食べた。
それから虎屋があるというので行ってみた。
カフェはあったんだけども、なんだか値段と実物に納得できず、、、
とらや工房に行ってみたら、ここの方が感じよかったです。
御殿場のプレミアムアウトレット近く、東山湖あたり。

富士山が映ると言われる東山湖は、夏場は水を抜くらしく、底が見えていました。
素晴らしかったのは、旧岸邸です。
吉田五十八設計の建築で、四季を楽しめる庭と建物でした。



庭からみたところ。

f0219184_21465573.jpg

家具も当時のまま、この椅子は実際に岸元首相が使っていたらしいです。
全て木製の桟。

こっちの角から見てくださいと案内の方がおっしゃって、
そこに立つと目の覚めるような… 上下に広がる緑の波。


f0219184_21304859.jpg

春は桜、秋には紅葉が浮かぶのだそうです。
自然にすうっと流れて行く、時は何か音の調べにも似ていますね。
かろやかに。

行きも帰りも山中湖を通り、
夏の終わりの別荘地を眺めつつ帰りました。

楽しかったね♪


[PR]
by Bird_W | 2017-09-13 09:00 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

ツレヅレ

家計簿アプリを導入し、レシートスキャン機能が楽しく、カシャカシャやってます。

九月始まりのダイアリー。
Je le ferai demain. 「明日するつもり」ってクマが寝ている図柄。
そのうえ、夏休み期間は見開きに一週間詰め込んである学生用。
超やる気が出るダイアリー!?

そういえば休み中にひさびさ平日の昼間のわが町にいたのだけれども、
知らないうちに自転車がすごいことになってた。
チャリがあればどこにでも便利な(最近は電動ですか)、そして駐車場代は高い土地柄。
駅前にあふれる自転車群。
駐輪場は三年待ちです。その間に引っ越しちゃうんじゃないかという。

秋に向け、ビルケンシュトックのサンダルを買う。
え、秋にサンダル?いや靴下を履いて秋ははけそうなサンダルです。
濃いブラウン。
これでがしがっし歩くのだ。

休み中にとあるゲーノージンサロネーゼにお会いする機会があった。
すごいキレイ。透明度が違うわ~。透けて見えるかと思った。。。そして気さく。
ミーハーしてしまった。

長年の友人と会う。
ご飯してお出かけしてお茶して。
「あ~こいつあたしの話きいてないな~」的な生返事をなぜか暖かく感じるのだった。
お互い、耳先をかすめるぐらいでいいこともありますね。
だってだって、そんな考えてしゃべってないもん。
これが大人さ(無理やり)






[PR]
by Bird_W | 2017-08-30 09:10 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

夏休みも終盤

この週末は久しぶりに山にはいかず、在宅。
ちょっと忙しくしていてブログを書けず、書けてもアップするときにエキサイト不調だったりして記事がどこかに行ってしまったりしてました。

その間に、日本の社会人らしく(?)、三日間の夏休みが終わった。短いながら、山や海に行ったりリフレッシュ(またそれは改めて書くとして)。

久しぶりにまったりと、夏の終わりを名残惜しく眺めつつ、秋の始まりをちょっとわくわくしながら待っています。

ワタシは、ときどき動物的勘で動くことがあるのですが、この夏はそういうタイミングみたい。
ま、動物といえばコヤツには負けるけど…
f0219184_18380068.jpg

ハナはずっと寒かったので「もう終わりでいいですか~」と夏毛が抜け始めて、また暑くなったからか収まったりしつつ、結局一年中抜けている…
今年はクーラーと同時にハナには扇風機が完備されまして、ますます元気です。

[PR]
by Bird_W | 2017-08-28 10:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

Replay

雨ですな。
ひさしぶりにぬれちゃった。

せっかく注文したバッグが出来上がってきたのに、雨予報が多くてお留守番です。
せっかくエアコン設置したのに、今いち出番なし。
なんだな。

お盆休みはあまり関係なく、少しだけ休みをとるつもり。
この前の週末は、アウトレットでウィンドウショッピング中心にたらっと。

もちろん、ハナと河原散歩はマスト。
ハナは水をがぶがぶ飲んで、そのあとヨーグルトをもらって(ダイスキ)、楽しそうにしてた。

庭にたくさんなっていたミニトマトをオリーブいオイルでトマトソース作ってみた(未完成)。

映画を見た。

ちょっと複雑な映画。

あれだあれ、と思い出した。この本でした。

リプレイ (新潮文庫)

ケン・グリムウッド/新潮社

undefined


映画とはまたちょっと別に、
人生っていうのは一回限りという前提を取り除くと、なんだか意味をなさなくなってしまう。
何度も繰り返しがあると、幸福であっても不幸に、不幸であっても幸福になり得るから。
それもランダムにそうなっちゃうんだったら、何すればいいのかってことよ。

人生は一回で、頑張れば(?)天国に行けてってくらいが凡人にはいいのかなと思いました。
ま、それにしちゃぼーっとしてるけど。

しかし、SF映画って、なんだかペシミスティックなものが多い、というのは気のせいか。
地球滅亡とかさ。なんでだろ。

あとは…
iPodがいよいよ9年目になり、iTouchに変えるかどうかちょっと考え中。
Kindleをタブレット端末に変えるかどうかも含め。
結局のところ、そんな時間はないかと思ったり。
アマゾン帝国とアップル王国とどっちがいいかな?なんて。
ま、どっちもストアに誘導されちゃうんだけどもね。

そんなわけ。






[PR]
by Bird_W | 2017-08-15 08:10 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

びっくり箱

つかれたっぴ。

だんだん夏が嫌いになる。
熱風とか土砂降りの雨とかさっむいオフィスとか。
先の見えない仕事量とか。
ふぅ。ぜんぜん前向きではなく、エスケープモードです。

懸案事項だった歯医者。
右の次は左と治しています。
治療中に聴こえてきた丸い音はモーツアルト。
D major, K. 136。澄みきった青い空のニ長調。

弦楽器の音が弧を描いて向こう側に消えていくくらいの、ゆっくり目の演奏が好き。
この曲は良く弾いたっけ。

その頃、父親に「お前はどういうところに住みたいんだ?」と言われて、
「私はね、小鳥と住めて楽器が弾ければどこでもいい」と答えた。
あっけにとられていた。「真面目に言ってるんか、どうするんだこいつは?」
一方で深く納得していたと思う。実に私らしい答えだから。

ときおり、
ぴょこんと気持ちがびっくり箱から飛び出す。
あたりかまわず。

自分でも思う。

そういうやつだった!
てさ。





[PR]
by Bird_W | 2017-08-11 10:14 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

タタタ

ふー。
後だしの梅雨空。
まとまらない夏です。

ここ数週間は本を読んだり、レッスンしたり宿題したり、仕事のほかも忙しかったな。

仕事はバッタバタ。洗濯機の中にいるみたいだった。
さざ波のごとく、感情が揺れている時もありましたが、なんとか溢れずにとどめたり。

ふと、少しずつまた変わっていくんだな、と思い始めた。
春先からのことでした。
ピリオドを打ってくれたのは、飛び立っていった白い小鳥。

何がどうってわけじゃない、言葉ではなかなか難しいけれども、
また変わっていく自分。
スルっと。
若い時は脱皮も楽で苦痛はなかったけれど、
年をとると抜け殻にさえ、自分の一部という愛を感じて、かすかに痛い。

それでも一歩踏み出してみる。
その道はどこに通じているのか、さっぱりわからないが。
パチャパチャ遊ぶ大事なものを掌に守って。
(気持ちよすぎて耳が半分寝てる)


f0219184_12515247.jpg

この間に読んだ本で面白かったもの。

ヤッコさんのエッセイ。
瑞々しい文章。
人生の辛い裏切りも優しくとどめることができる、それはこの人の類まれなる心の力と技。
人と生き方、その内外にある時代の空気感を伝えてくれる。それがFasionだと思う。

わたしに拍手! (幻冬舎単行本)

高橋靖子/幻冬舎

undefined


平行して読んだ本。
期せずして、「平凡で地味な裁縫好きの妻が、ふとしたことからファッション業界で成功し、本来の自分と愛を見出す」という粗筋の本でした。第一作が電子書籍として成功し作家になった人みたいです。読みやすい文章でヒットしているのもわかる気がする。メロドラマとしての要素が強いので映画化してもいけそうな本です。





[PR]
by Bird_W | 2017-08-05 13:20 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

夏さまざま

週末日誌になっちゃってます。

電車で向かうとき、光を背に見えて来た夏の山。

最寄りの駅で待ち合わせ、
まずはホームセンター。クーラー兼除湿器と背の高い扇風機。
先週は暑かったから、揚げ物してると汗がダラダラで。
山は基本的に都心よりはずっと過ごしやすい。日が落ちて風があれば涼しい。
お風呂上りと寝入りばな、台所仕事のときが問題なんだよねってことで。
その後、スーパーに寄る。ハナにもオヤツ買って。

山の家ではミニトマトがたくさん赤くなっていた。レモンの花も咲いていた。
サラダなど軽い夕飯。
シャンパンを少しだけ(夏に入った当初はアトピーがいまいち)。

夜は世間話をして就寝。
朝、カレーパンを食べる。ココアが生地に入った黒いカレーパンが美味しい。
ハナを連れて河原。

f0219184_22033646.jpg

涼しくってウレシイ~~~!


アスファルトと草や土の上は全く温度が違う。
河原でも整地された箇所には沢山のテント。釣りの人もいた。

ハナを下してから、スーパーへ。フレッシュな野菜や果物がお値打ち価格で買える。
わくわく感満載。
かえって休憩。水まんじゅう食べる(水まんじゅう好き)

お昼は野菜たっぷり焼きそば。タコのお刺身、豆腐とオクラのおみおつけ。
お昼後は今週の作り置きを。彼は庭で草取り。
おかずは、牛肉しぐれ煮、がんもどきの含め煮、ナッツ入り人参のサラダ、ナスのなべしぎを作った。
四人用のレシピで作り二人で分け、私もタッパーウェアでお持ち帰り。
スイカを食べて帰り支度。

いつもながらのんびりしつつ盛りだくさん、なのにゆっくり時間が過ぎる山の生活。

写真は河原のハナ。
ドドーンと日本の夏。

f0219184_22032686.jpg

帰り電車から山がきらっと見えた。
また、来週。



[PR]
by Bird_W | 2017-07-23 21:31 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

海の日が移動してたのを知らず、連休なんだ!?とびっくり。

土曜日はルーチンの通院。
その後、おばの施設にお見舞い。
イロイロとおしゃべりしてきた。おばの家族もそれぞれ病気で、明るい話もなかなか。
でもまあ、話すことが大事かな…

通院先のポケベルをうっかり持ってきてしまったことに気づき、再度戻る。
乗り換え駅でバーゲン(知らないうちにシーズンイン)になっていた。
ファンデを買おうとしてレジの列に唖然して諦め、
次の予定に移動。

20年来の友人とカウンターだけのイタリアン。
昔の友達と会うと、下の方のボタンがはまってなんだかしゃっきりするような。

翌日は家事を終え渋滞が途切れたときに車で山へ。
とにかく暑い。

彼と家で落ちあってから、買い物。
夜ごはんは、鰻を少しと大根おろしにシラス、明太子と鶏わさ(どちらもいただきもの)、サラダにタコぶつなどなど。
設置してくれていたウィンドウシート(網戸を新調し、縁側に寝椅子を置いてくれた)で、のんびり。
高地ではないため昼はさすがに暑いですが、夜は風が出ると涼しく、朝方は冷える感じ。
今年は網戸を改良し、通り道を作って風を通すように工夫。
早めに就寝。

翌朝は早起き。ハナと河原散歩。相変わらずガブガブ水を飲むハナ。
帰宅してから、ハナシャン。
さすがに秋田犬のトリマーさんというのは難しいため自宅でお風呂。
お風呂上りに必ずブルブルーとして回りを水浸しにするハナ。
自然乾燥派らしくドライヤーとか嫌いみたい。
乾くと白くてフッワフワ。

ワタシはキッチンで、
大量の夏野菜揚げびたしを。茄子にパプリカ、人参にピーマン。おだしには沢山の茗荷。
トマトのドライカレーも。
お昼には野菜たっぷり焼きそば。

ブルーベリー摘みも行きました♪
この前とは違う農園で去年も行ったところ。
ブルーベリーが葡萄みたいに鈴なりになってて。
食べ放題とお土産と、1kg近いブルーベリー。
粒が大きくてジュースたっぷり。
ジャムにするのはもったいないから、生で今週のお楽しみ。

電車で帰宅。
今週はお弁当復活の予定。

そんなこんなの、
特別なことはなしですが、いつもの楽しい週末でした。



[PR]
by Bird_W | 2017-07-19 08:41 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)