<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

読書記録

テレビを見ないうちに、リモコンから電源が入らなくなってた。
ドラマなども話題の一環として見ることあるだけ。
ニュースはネットとFacebook経由の外国ニュースのみ。それもついてってるわけじゃないしな。
Kindle読み放題でそのあたりどう?と思っていますが、流し読みの斜め読みの多読雑読方式。

コンセプトは自分では買わない本を読む。

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術

鈴木義幸/日本実業出版社

undefined


人をほめるためには1)その人を多角的に見る、2)その人と自分の関係性を「相手中心で」考える、3)相手のボキャブラリを想像する、そんな感じかな。
具体的には本書で。


残業を減らし定時で帰る仕事術〜SE女子のタスク管理奮闘記〜

ぞえ/金風舎

undefined


うんうんそうだね~と思いつつも、漫画だとアタマに入らないんです。
文章の方が記憶のフォーマットとしては優れている、と思う。
漫画は、共感性に秀でている。
具体的なことは本書で。


文春クリニック もうボケなんか怖くない! 認知症(予防&介護)のすべて 文春クリニックシリーズ (文春e-book)

文藝春秋(編集)/文藝春秋

undefined


… 怖くない!のかな~、漠然とした不安があらゆる角度から具体的に迫ってくるような…
ボケと認知症は違うよね?とも思う。
詳細は本書まで。

ちょっと前の本ですが↓

真面目な人柄…と思いました。
国立大の女子って感じです。
何しろその当時は受験科目多い、真面目な優等生多いです。
そりゃ旅に目覚めるよねって。


村上龍と坂本龍一 21世紀のEV.Cafe (SPACE SHOWER BOOks)

村上龍,坂本龍一/スペースシャワーネットワーク

undefined


これは最近の本で、オマケ。
年月をおいて二度行われたEV.Cafeです。
若くして名を成した二人、とんがってる代表の二人がこう展開するのか~という感慨。
成熟、なのかなぁ。
そういう背景を含んでその世代の人には面白い本です。







[PR]
by Bird_W | 2017-04-22 13:25 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

お花見した週末

土曜はステーキガストに行って、ハナに白い目で見られる。
日曜は、ハナを乗っけて花見。山は都心より少し寒いから週末が満開くらいだった。
晴れて気持ち良く。

f0219184_21225836.jpg

ひっそりした春を見てから、公園に行ってたくさん花とハナと写真を撮った。
ハナは地元の写真家に撮影されてた。
いつも「足が長い」と言われている。
… ま、四本あるからネ?

カッコイー大型犬というよりは
こういう後姿?が好きなんだけど。

f0219184_21262047.jpg


耳を立ててます♪
カサコソカサコソ、スーパーのポリ袋ダイスキ♪♪

おっと、ハナじゃなくて花だった。

菜の花も咲いてた。

f0219184_21240791.jpg


庭の花。毎年可愛らしい。

f0219184_21254923.jpg


向かいには群れなす紫。

f0219184_21260077.jpg

お昼には恒例のお刺身、チキンサラダと春キャベツのおみおつけ。
こんにゃくとちくわの炒め煮や新玉ねぎとトマトたっぷりのドライカレーを作り置き。
買い物等して帰宅。

また遊ぼうね。






[PR]
by Bird_W | 2017-04-19 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

日々のあれこれ

近所ではすっかり葉桜になった。朝はコート不要と思うが、帰宅時には寒くて寒くて…を繰り返しています。

今週はマアマアかな?と思ったら後半ドドンと来て、エエエエ~~~と思うことがあった。
徒労感でトロトロ、いやドロドロだわ。こういうときには気持ちで割り切るのに体力がいる=結果、引きずる。
こういうのはある種のサビ残なので止めたいと思う。

昔は(とあえて書くけど)こういうザワザワで未完熟な気持ちの居場所がウェブで、蜘蛛の巣にひっかかった言葉でも大事にしたい自分のかけらではあって、丁寧に扱えばまたリフレッシュできるんだった。

が、ウェブまあ今はちょっとね、違う… ☆キラキラ☆した外向きな発信元になったんだよなぁ。ついてけてないわ~ついてかないでいいよね(小声)。ある種の迷子的感覚に陥ります。
写真も花とかハナとか海とか目にとらえられたものを共有したい、という気持ちはあるものの、仕事だけでもいっぱいいっぱい。超めんどいのです。

まずは休日良く休む、さらに平日にも休むぜ。
シゴトに責任感はありますが、長年の鍛錬?の間に自己犠牲精神(!?)は大幅に薄れました。
なるようになるのさ。

マイペースで一歩一歩、とまた心に刻んだ瞬間だった。










[PR]
by Bird_W | 2017-04-15 11:28 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

読書めも

読んでみた本。

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

ジェニファー・L・スコット/大和書房

undefined


Kindle版。タイトルの決め打ちっぷりは置いといて。
確かにこういう人や暮らしもあるな~。いやこれはアメリカ人が英語で出版していることがミソ。アメリカ人はフランスが好き。いや彼ら(?)は相思相愛なんだと思う。お隣の国とはダメだから。昔、話題になったプロバンスのシリーズは、イギリス人がフランス人をユーモア交じりで皮肉もりもりで書いたパターン。これだけ愛があるのだから、逆にフランス人が「アメリカ人は1着(Tシャツと短パン)で一年を過ごす@LA」を書いたら受けるか…も?
ま、ワタシもフランス人のケチっぷり(と手前ミソなところ)は好きですよ。ケチ(=合理性)と手前ミソ(大きく言えば自分への愛とプライド)は人生の役に立つ。が、生活すること自体が大変な国だからなーとも思う。日本のコンビニエンスに慣れちゃうと想像を絶する不便さがある(お金持ちは別です)。それに彼らとは体力が違うし。久しぶりにフランス人の生活へのこだわりを思い出し新鮮だった。



これは読み放題で。キンドル白黒だと限界ありだけども、四季の日本の食卓というところで、レシピあり季節にあったお取り寄せありで、特に正月の部が楽しかったです。調味料に蜂蜜を使うことを思い出して買ってみた。


この人の本はいくつか読んでいる。60代を見据えた生活。なるほどな~「物忘れするようになる」「探す時間が余生ではさらに無駄」。相変わらずすっぱり行きますね。元祖ミニマルライフなところありますね。以前に読んだ本の中にあった「小さなメジャーを持ち歩き、モノの大きさを計り、サイズ感を身に着ける」ていうのをやってみた。けどもメジャーがどこかに行ってしまうのだった。根性が違うね。

近所で散りゆく桜の下で自撮りしてみたら、そのオバサンっぷりにびっくりしてしまった。仕事場の若い世代ばかりを見ている目からすると、これは立派なオバサンだ。あんまり上からものを言ったり、はしゃいだりするのはほどほどにしよう…。年を重ねたら見えるものも確かにある。とはいえ、上から振りかざすのもね… 身に着けたいのはシボーじゃなくってユーモア。難しいナ。

父曰く「50代は健康に気を付ける」母曰く「50代はまだまだ元気、10年頑張れるし10年一生懸命やれば為せることもある」めもっとこ。












[PR]
by Bird_W | 2017-04-13 08:40 | 読書など | Trackback | Comments(0)

まずは

寒暖寒暖
花冷えです。

いろいろ予定が変更になり、
土曜は前半こんこんと眠り、午後は所用で渋谷。
土曜の夜に渋谷にいると、住んでいた頃を思い出して懐かしい。

大都市のど真ん中にいると、ヘェヘェヘェなことが沢山あった。
あの道この曲がり角ずいぶん歩いて回ったものでした。
デパート華やかな時代、セレクトショップの台頭、ユーズドショップからファストファッション。
流行って流れて行くって書くのね。一握りの良いものが残っていく。

ごひいきの東急プラザ地下がなくなってしまったのは残念。
Food showでベーコンブロックやモルタデラ、成城石井でジャムやコーヒー、お惣菜。
持って帰るのはやっぱり食料!?花より団子… 

日曜も昏々と眠り、
山から下りて来た彼とカフェに行ったり。
行きたかったハナマサに(←やっぱり食かい!)。
いや人手を借りて買い出しをしたかった。。。
雨の中、タクシーで帰宅。

ごっついステーキ肉や野菜を真剣に選ぶ。
ステーキやいて焼きトマトとシイタケ。
ミニトマトと新玉ねぎでサラダ作ったり、
モルタデラとライムギパンにマスタードでサンドイッチ。

ちょっと立て込む日はまずゴハン食べとけ。
何かしよっと思ったらまずは一服、お茶じゃお茶。
食に手を抜かないのが、フランスで習った根性です。
だって、あのひとたちほんとうに体力あるんだもの。

でもね、いまはあんまり食生活が良くない。
この座ったきりの生活と残業続きのストレスルフルな時間で、
体が何か巡っていない感じです。当然体が重い…
特に夕食が遅くなりすぎるのはいけないかも。胃腸の調子が変。
気が付けば口の周りにブツブツが。

夜は軽いスープくらいにしようと、
ベーコンに新玉ねぎとトマトを加えストウブでじんわりと無水料理、そこにハナマサレトルトのミネストローネ。
なかなか美味しいです。







[PR]
by Bird_W | 2017-04-12 20:35 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

ぼちぼち

いまんとこあまり遅くなく帰れてる。

ストックの茹でホウレンソウを胡麻和えで食べたり、
イイ感じになってきたトマトと玉ねぎサラダ。
そのトマトサラダにさっと湯通しした豚肉を和えたり、
そのゆで汁に軽く味付けをしてホウレンソウを具に入れて食べたり。

そうだ卵を茹でてタマゴサラダにしよ、とか。
冷蔵庫の新じゃがもあえてタマゴポテサラ?とかね。
献立について考える余裕(?)がある。

春眠暁を覚えず。
こんこんと眠れるのもいいや。

先日、母が友人と仕事場近くに遊びに来た。
友人は母のいわゆるママ友。娘同志が同級生という始まりからご縁続き。
海外にふたりで遊びにきたこともある。
二人とも縮んじゃってね。
笑い顔も屈託なく、他愛ない話してさた。

子どもみたいに。
人は子どもにかえっていくっていうね。

特に親孝行娘ではないけれど、
元気で長生きしてほしいなと思いました。




[PR]
by Bird_W | 2017-04-05 09:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

エイプリル

山に行ったらキッチンや他のところがキレイに片付いていた。

時間が足りずにできなくていたところ、全部片付けてくれて有り難し。
セリアのかごを駆使したストック入れは収納名人。
給湯器も一新。

とても寒かった土曜日は、みぞれ鍋にした。
スマスマで話題になったという白だしを使ったレシピ。
ごま油で焼き付けたお餅を入れると、大根おろしと絡んでうまいっす。
スパークリングワインで軽く酔っぱらう。

庭の寄せ植えもイイ感じになってきたし、紫木蓮もほんのりとふくらんでいる。
春だからネ。
もやもやといろいろ話をする。あーでこーで、あーだこーだ。
特に結論が出ないうちにすっかり眠ってしまう、そんな夜。

朝はこんこんと眠って少し寝坊。
その後思い立って、ハナを乗っけてドライブ。

またあのしょっぱい体験がしたくって…
春だから?

トコトコっと波をめがけて進むハナ。

f0219184_21271315.jpg

タッタッタッタ♪

え。
オヤツないのッ?
ナニソレ。
ちょっとー、なんでオヤツなしよ、あんたたちバナナバウム食べたっしょ!
運動したらお腹すくのよ!

f0219184_21260013.jpg

とかなんとか。


お昼ご飯は軽く済ませ、
小さめ苺とバニラアイスを食べた。
クリームシチューも仕込んだ。
(自分がクリーム系を食べられないのであんまり作らない)

マンションに戻ってから、
くし形にきったトマトとみじん切りにした新玉ねぎ、ヘーゼルナッツオイルとヴィネガー塩コショウバルサミコなどで仕立てたサラダ。こんにゃくの炒め煮と茹でホウレンソウをストックに。

また今週もスタート。
Good Luck。



[PR]
by Bird_W | 2017-04-03 09:00 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

デジタル

お疲れさまでした。

早く帰れた日には、
MSのソフトがバグって、アンインストールとインストールの連続。
これがまた時間かかる。
時間がかかる、というのを発見するまでに時間がかかってたり。
はぁ。
IT環境は密林のようだ…
シゴトでもついていくのに必死です。

実情、家ではMS使わないかなと思ってプリンストールされていないPCにしたのだけれども、
結局、会社と家でインターフェースが違うと使い勝手がイマイチ。
それで、というわけなのですが。

ITは便利だったりめんどくさかったり。

便利な部分ではキンドル。
再度思い立って読み放題に登録。
その中で面白かったものは、

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

ジョージ・オーウェル/早川書房

undefined


こんなに面白い本だったのね。何か作者の顔が怖くて(←いいのか)なかなか読めず。
最初から持ってかれる感じは、いい作品てことです。
今読んで違和感のないSF、もはやNon Fictionかも。



エゴ ~ 加藤和彦、加藤和彦を語る (SPACE SHOWER BOOks)

加藤和彦,前田祥丈/スペースシャワーネットワーク

undefined


未発表のロングインタビュー。
知らないことも多い音楽の歴史がわかる面白さ。
それに加藤和彦という人も興味深い。
62歳で亡くなったのは、男女問わずにある年齢の曲がり角(更年期ともいう)での病死な気がする。
才能があふれるひとは枯渇した(ような気分)に、心が折れてしまうのかも。


ニッポン・ポップス・クロニクル 1969-1989 (SPACE SHOWER BOOks)

牧村憲一/スペースシャワーネットワーク

undefined


これもその流れで読んでます。知識薄いのですが、ところどころヒットする箇所もあり。
さまざまなジャンルのアートがボーダーを越えミックスされていく時代、というところでしょうか。
熱気が感じられます。

オーウェルは別として、ほかの二冊はキャンペーンでキンドルの読み放題になっているんじゃないかと思われます。
音楽関係者は、CDあるしコピーやリミックスにもそれなりの価値を認めるあたりとか、電子化には抵抗がないのかも。
音楽の場合は、記号と身体的快感が深くつながっているからそこ盤石だから、あとは良しってことかな?

でも、キンドルは逆に国境や国語は乗り越えられてないな。英語特化だし。
電子化って大きなデータには強くても、微細なものは拾えないんだよね。

走り書き。





[PR]
by Bird_W | 2017-04-01 12:35 | 思うことあれこれ 未来予想図 | Trackback | Comments(0)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧