文鳥は旅立ち、私は日誌を続けています。(カテゴリーは整理中です)
by Bird_W
最新の記事
秋は続いている
at 2017-11-20 08:40
何もないけど
at 2017-11-15 08:50
11月
at 2017-11-11 13:53
駆け足で
at 2017-10-15 21:59
10月
at 2017-10-02 09:30
画像一覧
カテゴリ
全体
ごあいさつ
思うことあれこれ 未来予想図
音楽 美術 映画など
読書など
外出 旅行など
ひとりごと 日々のこと
つぶやき 世間話
オシゴト
未分類
タグ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
記事ランキング
検索
ライフログ
外部リンク
ブログジャンル


<   2015年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

どんどんドライブ

週末、ちょっと足をのばしてお出かけ。

館林美術館です。


空と雲と木々が映り込む、水面の輝き。
冬の青。
f0219184_19571802.jpg


たぶんとても有名なウサギ。
飛行機雲が流れ星になってる。

f0219184_19583006.jpg

点在する建物とアーチになった流れ。
楽しい。

f0219184_19580924.jpg
企画展示は舟越桂。
本の装幀で見たことある人物たち。
やっぱり彫刻は広々した空間で見ないとね~、てアタリマエか。

人物の木彫たちは、夜見たらきっと怖い。
夜、ヒソヒソしていてもおかしくないけど。


奥にはひっそりと彫刻家のアトリエ、ノルマンディの農家に模した建築。

シロクマの彫刻で有名です。

f0219184_20025280.jpg

美術館に入らず散策に来る人もいるようで、
小道があります。
写真には写っていませんが、右手にはベンチもあります。
午後、夕暮れをじっと過ごしてみたい。


f0219184_20034098.jpg
木琴みたいな舗石を踏んでく小道。


そして、少しだけ離れた場所にはまた別の小径。

カサカサと鳴る、銀杏やその他の黄金色した落ち葉を踏んで。
木立の中を歩きます。

f0219184_20014414.jpg

途中には彫刻がふと置かれています。

f0219184_20011564.jpg
女の子の膝におかれた花びらは、道行く誰かが置いた生花です。
可愛らしい。

少女も日差しにまどろんでいる。

f0219184_20040863.jpg
Dreamといったようなタイトルだった?


f0219184_20045328.jpg
稲刈りの終わった田圃。
何か絵画の一コマのよう。
これだまし絵みたいになってる。

f0219184_20042236.jpg
その向こうには山が連なりを見せていました。
雲が向こうへ向こうへと流れていく。

気がつけば12月の扉をくぐり抜けていました。
皆さんもご一緒に。


[PR]
by Bird_W | 2015-11-30 20:40 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

プレミアム感

寒寒。

「一ヶ月たったらクリスマスですよ」と朝のラジオで言ってた。
そうか~と思ったら今日は急いで間に合わせたように寒かった。
手袋を出した。

帰り道に本屋さんに寄ってきた。
お風呂でゆっくり楽しもうと、クナイプもちょこっと買い。
それだけで豊かな気持ちになる、なんて単純なんだ。

2010年に引越してきてから、6回目の年越しになるんだな。
断捨離しなきゃと思ってるけど、
ちまちまながらここにあるモノを自分で買いそろえてきたことは、
感慨深くアリガタシ。

あっという間の5年間でした。


f0219184_20130152.jpg






[PR]
by Bird_W | 2015-11-26 07:00 | Trackback | Comments(0)

もういちど

またこの本を読んでいる(前回はココ
(今回は文庫の画像)

わ、70年代斬新ステキ!
モノクロのスナップショットは今みたいに綺麗ではないけど、
アナログの画面からあふれ出てくる感触がある。
瑞々しさ?

本当にもう今はない風景ばかりで、うっすらとした記憶をたどるのみで。
たぶん登場人物にも故人が増えている。

でもなんかね、この本を読んでいると、
また違う次元に表参道があり、登場人物達がさんざめいていてもいいんじゃないか。
いやそれありでしょ、と思ってしまう。

鮮やかな息づかいで、当時の最先端を日常のワンシーンに取り混ぜて写し出す、
明るく歌うような、やっぱり良い文章だな。


[PR]
by Bird_W | 2015-11-25 08:30 | 読書など | Trackback | Comments(0)

真ん中頃の秋

秋の半ば頃、晴れた日に見たメタセコイア。

f0219184_19354010.jpg


悠々自適風。

そしてその頃かな、訪れた丸の内の某有名観光名所。
このね、天使?白い鳩って前からいたっけ?
プリンにチョコソース、そしてホイップにも見える。

f0219184_19001337.jpg

ステーションホテルはやっぱりホテルだからメインダイニングもあるし、
和洋中イタリアン等必須なものはちゃんとあった。
ホテルらしい落ち着いた接客も嬉しいです。

またその頃には、小さな教会を観に行きました。

f0219184_18595162.jpg
近くなんだがわかりにくい!そして道が狭っ。
円くしたトタン屋根と木造の風合い、素朴な色のステンドグラスが、
ひっそりと暖かいたたずまいでした。

こう考えると、辛い日々のようで割と楽しくやってんじゃない?と思いますですね。

さてと、オマケ…
オマケじゃやだ感満載。

もうすぐお誕生日です。
肉マッテマス。

f0219184_19353341.jpg

[PR]
by Bird_W | 2015-11-24 07:20 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

暑くても寒くても

山ではもう秋が「じゃ、行きますね」て席を立とうとしてる筈。

例年より暖かく、11月も終わりなのでちょっと実感がない。

三連休も終わり。
今回は、雑用を片付けた。古い書類を破って捨てて、必要な書類を書き捺印して投函。
ただそれだけのことだけど。疲れた。

生計はやっぱ打算だ!と保険の変更を予定しているため、検討いろいろ。
約款を山ほど読んだ。ウェブでも計算し、コールセンターでも激しく突っ込んで見た。
「…な場合は、加入はできますが、されても保険はお支払いできないかと思います」
あの~、加入させておいて後出しで「支払えません」とか、それって何?
「じゃあ、医者に事情を話してカルテに**って書いておいて貰いますよ、近々行くのでね日付もね、
保険の人が行くときに証明出来るようにして下さいって、それでいいですね?」
どうしてこう理解できないように書くかねえ。
それも小さな字で。

simフリースマホへの移行も検討。
すかしドコモがもう少し譲ってくれないと… すっごいやりにくいし、意味がない。
二台持つほどでもないし…

あ~浮き世って。まあ…いいや。

机から書類の山を少し処分して、ノートも広げられるようにしたよ。
机の上の余白をね、片付けて拭いて… 「余」白とか言っちゃだめだろね。

巷で話題のこれ、美味しいよ。
これとね、ピノのブルーベリーだっけ?
あれも美味しい。

冬は暖かくしてアイス、
夏は暑いとこでアイス、
結局、一年いつでもアイス。
コンビニ袋を出しっぱなしで臨場感あるでしょ。

f0219184_19000132.jpg

ストウブでは、
キャベツと豚バラの重ね蒸しをやってみたよ(料理とは言えないかも)。
やっぱ美味しい。
次はビーフシチュウでもするかなあ。


[PR]
by Bird_W | 2015-11-23 21:30 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

おやすみ


ガスやら排水やら点検で一日落ち着かなかった。
生活を回していくというのはシンドイぞ。
仕事もいろいろと節目があって。
小さな請負仕事やらもある。

生計て生きてく計算なのか、それって足し算なの?引き算?
算数じゃなくって打算?

は~
なんかさ~
ゆらゆらしたいよ。

f0219184_20050892.jpg
ボールのブイにのって。

お花見でもいいや。

f0219184_21460644.jpg

離れ小島(?)に現実逃避でもいい。

f0219184_21483682.jpg


わーーん。

f0219184_21522344.jpg


会いたいよう。

でも今週はね、パス1。パスは3回までオッケーだよ。
待っててね、ジャァキィ。



[PR]
by Bird_W | 2015-11-22 08:30 | Trackback | Comments(0)

イロイロ

祖父が住んでいた神戸の住所がわかった。小さな新聞記事に掲載されていたのを親戚がとっておいてくれたのだ。昔のことで公式におめでたいことならば個人の住所も掲載するんだね。
その住所をGoogle mapで見た。もちろんもう他人様の家が建ち全く様相が変わっていたのだけれど、植栽が変わっていなかった。特に松の木の枝振りが懐かしく見事だった。洋風の家と門塀なのだけど、あの松だけは残してくれたんだな。

木は動かない。季節が変わってもそこにある。

f0219184_20083013.jpg


この本を読み返した。

名画を見る眼 (岩波新書)

高階 秀爾/岩波書店

undefined


名著だよ~。長いのにすっと読める文章と、謎解きみたくワクワクする絵解きの仕立て。絵画には世界がまるっと枠の中に入ってる。続編の近代以降も読みたいな。

そしてこれも名著。

わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

ロンブ カトー/筑摩書房

undefined


著者はハンガリー人で、ロシア語(アルファベではない!)から中国語や日本語まで習得しているところがすごい。学習法ではあるけれども文章が良いから読み物としても楽しいです。

それにしても翻訳が痛快だと思ったら米原万里だった。で、また彼女の訳者あとがきが素晴らしい。彼女の本は何冊か読んだ。魔法にかけられたかのように読ませる文章だった。

そうそう、この本の中に「通訳は通訳をするために自分の中にかなり大きなスペースを確保しなければならない」というのはよくわかる。通訳(めいたこと)をするときは、自分の中に相手を入れて、相手の気持ちを自分の言葉を手段にして話す。これは結構肉体的に疲れるし、その後自分の気持ちをつかみ損ねて困るときがある。

で、これがまた縦列駐車のように、なぜそれができるのか自分でも良く分からないのだ。

が、フランス人の友人とは(彼らはもちろん日本語はできないので)一生フランス語でしか話さないのに、彼らがなぜか日本語で話しているような気がする。



[PR]
by Bird_W | 2015-11-19 21:10 | Trackback | Comments(0)

ドレミ

ファ?

フェイクファーです(だ、だじゃれ・・・)

一昨年にZARAっと買ったネックウォーマーなくしたのだ。1000円だったが惜しかった。
寝るときも首肩にケープしてる私。
ネックウォーマーがまさにネック。ボトムには脂肪がついてるから…?

いろいろ見ていて、これいいじゃん?と思ってたら、偶然に見つけて買いました。
フェイクでも良い味出してる、Helen mooreというらしいです。
これでいつ寒くなってもイイ!

f0219184_21153744.jpg
そして第二弾。

f0219184_21144751.jpg

じゃじゃじゃーん。
やっと買いましたよスタウブ。
ルクルーゼも密かに山で活躍中です。白菜と豚肉の重ね蒸し~~~
(それは料理?みたいだけど)

これでいつ寒くなってもイイ!
まずは外見と道具から入るぜ。

あ、はやくデロンギのタイマー思い出さないと…
寒さで更新頻度がさらに低下しちゃう。

[PR]
by Bird_W | 2015-11-19 06:14 | Trackback | Comments(0)

週末に小さな映画を。

ミケランジェロ・プロジェクト [Blu-ray]

null

undefined



大きなスクリーンで映画を見ました。
ジョージ・クルーニー監督及び主演映画。
監督に忙しかったのか、あんまり出てこない主演。
少々無理のある筋立ても、豪華俳優陣でこなし、
多少、史実とは違うが「80%はフィクション」というリアリティでクリアです。

しかし、この時代の戦争はまだ等身大だったんだと思わざるを得ない。
ヒトラーは自分の美術館をつくろうとしたが、
今は世界遺産を爆破してるのだから。

滅入る雨の週末にたらっと見ることをお勧めです。



[PR]
by Bird_W | 2015-11-18 07:10 | 音楽 美術 映画など | Trackback | Comments(0)

空に

事件、と片付けられない出来事。

雲と影と。
小さなニンゲンたち。



f0219184_20344197.jpg

光のほうへ導かれますように。

f0219184_20320510.jpg

そして、この鳥のように空高く舞い上がれますように。

力強く。




[PR]
by Bird_W | 2015-11-17 21:30 | Trackback | Comments(0)