文鳥は旅立ち、私は日誌を続けています。(カテゴリーは整理中です)
by Bird_W
最新の記事
ちょっとだけ
at 2017-09-19 09:00
さがしもの
at 2017-09-14 09:30
秋の小さな旅
at 2017-09-13 09:00
ツレヅレ
at 2017-08-30 09:10
岬を巡る小さな旅
at 2017-08-29 09:05
画像一覧
カテゴリ
全体
ごあいさつ
思うことあれこれ 未来予想図
音楽 美術 映画など
読書など
外出 旅行など
ひとりごと 日々のこと
つぶやき 世間話
オシゴト
未分類
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
記事ランキング
検索
ライフログ
外部リンク
ブログジャンル


<   2015年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

とりいそぎ

いろんなことがあったのですが、
ここにも枕元の日記にも1行も書けなかった。
そうだな、書けなかったということは書けるんだな。
言葉にできないもの、したくないもの、なってくれないもの、さまざま。
ネタがない、またはネタがありすぎ。

日記というと何か定点観測になるし、
ジジ…時事というのは私が語るには骨がありすぎ、ナンだな。

書けなかった間も、人の文章は読めた。
人の文章に自分の気持ちを読んでいたりする。
それはあれだ、鏡があると目の隈がわかったりする感じに似ている。
しげしげとのぞき込みつつ、おいおいそれはクマだから!自分のクマじゃん、疲れてるんだよと
廊下で呟いてしまったかもしれない。

そんなときは日々の記録的な文章や、やや悲しげな書き込みが妙にフィットするのは、
ネガティブ思考な人間ということなんだろうか。

やあ、誰か教えてくれよと、今はここまで書けたな。
皆さん、お疲れさまです。


[PR]
by Bird_W | 2015-01-28 21:18 | Trackback | Comments(0)

あ、そうだ

LIFE!/ライフ [DVD]

ベン・スティラー,クリステン・ウィグ,シャーリー・マクレーン,アダム・スコット,ショーン・ペン/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

undefined


面白かったよ。
妄想か現実か、ブロックオモチャが下から組み上がっていくようなオハナシです(何のこっちゃ)。
パーツの組みあわせが面白いんだ、ということ。

関係ないけど、シナボンが出てきて。
シナボン、食べたことないや!と思いました。

週末にはビヨーインでパーマとカラーとカット。
毎年恒例にしている石井ゆかりの星占いを読もうとおもったのに、なぜか見つからず。
次回まで覚えていられるかな?
5~6冊の雑誌をどんどん読んだ。日曜はなぜか男性の多いビヨーインだった。
髪はかなり短くした。パーマをかけてもらったから落ち着くだろうか。

帰りは珍しくラーメンを食べて帰った。
あ、ダイエット中なのに…!
まずいっす。

車の維持費等考えて、いっかな行けないスポクラは解約したわけなんだが、
その分は、一駅分歩く対策してみてるが、どうも一駅が短すぎるのか?
ガソリンよりは、体のアブラ分を燃やしたいとか思っちゃった。

ビヨーインからの帰りのバスが空いていて、
あ、そうだ、土曜じゃなくて日曜なんだと思い出した。
今日がまだ月曜というのは、ある種の妄想なんだ、もうすぐ週末とかないかな~
ないよねえ。


[PR]
by Bird_W | 2015-01-20 07:00 | Trackback | Comments(0)

この週末も引き続き運転教習。
都心は道が複雑だし、しばらく乗っていないうちに変わっていたりする。
目印たるお店や建物もすぐ変わるし。

集中しているときに話しかけられるのが苦手なので、ナビがどうも…。
それでいつも、予定とは違った道を辿り…

まあいいんだ。

道しるべのパンくずが失われていても、
ちょいと迷ってグルグルしても、
方角さえ間違わなければ、いつかたどり着くことができる。

そこでは白い犬が待っている。
しばらく遊んでご飯を食べてコトンと眠る。

そうだな、こんな小さな週末には
モーツアルトのピアノソナタがいいな、K332の1楽章なんかどうだろう。
蝶を追いかける少年の足取り、そんな早さの軽やかなソナタ。

ルーフのついたゴルフで走った、
山間の道で、これに似た風景を見た。
光の道しるべ。

f0219184_22020661.jpg





[PR]
by Bird_W | 2015-01-19 00:00 | Trackback | Comments(0)

おまけ

Gone girlで思い出した。

後妻業。
プロ彼女。
Gone girl または amazing amy。
全部、同じなような。
役割とか立ち位置とかそういうのだよね。

まず、生まれたらすぐamazing amy(理想の子ども)をやり始め、
プロ彼女、
理想の妻(Gone girl)
理想の母(←いま思いつかないが何かあるはずだ)
理想の後妻(後妻業)

これ全部やれたらそれなりにすごいか?
それこそ理想的。
美少女→美女→美人妻→美魔女もいれるとスペシャルコースだなあ。

どんだけ努力すればいいんじゃ。
いや理想のレベルを引き下げればクリア可能か?

真面目に考えしまった。

需要と供給のどっちが先かはもうどうでもいいことで。
みんな楽しくやればいいじゃん、ていうのも自明の理で。


でも、役割とか立ち位置とかって変わるでしょ?
人間関係も社会も時間が経てば変化する。
だからずーっと同じ役割や立ち位置ではいられないのだから。
同じであろうとすれば、怖いことになってしまう。
しかし、変化というのは時にオソロシイ。


どっちつかず~な感じもまた大事よね(←無理矢理まとめた)。



[PR]
by Bird_W | 2015-01-18 00:00 | Trackback | Comments(0)

読んでます。

振り返れば、それでもシゴトに距離とれてきたかと思った。
組織であってもひとりでも、シゴトはひとりでは出来ぬ故。
悩みがつきない、というよりは、関係性を日々捉え直していくということが大事なんだろう。

オフロ本で癒やされる。

La Grammaire Est Une Chanson Douce (Le Livre De Poche)

Erik Orsenna/Livre de Poche

undefined


選び抜かれた珠玉の言葉で語る、文法という透き通った構造。
日本語がわかるから文法が語れるわけではないから、改めて読むとなるほどなるほどと思う。
評判の高い作者だったが、全く読んでなかった。「文法」という言葉が邪魔をしたかも。

洋書をあげてもなかなか共感を得にくいのがあって、今までブログには載せてこなかった。
が、アマゾンが案外拾ってくれるので、自分のために記録しておこうと思う。
全部読み切れるわけではなくても、印象だけでもいいではないか。
作家は物語を書くためだけにいるわけではない、
作家は、言語で作品を創造する。
細部にも宿る魂があるのだから。

そして『ゴーン・ガール』。
またもやAudibleのクレジットが溜まりすぎたため、オーディオブックで買いました。
英語で原作?
そんなに難しくはない、印象的な台詞、例えば冒頭のシーンで使われている、
"Who are you ?" などはそのままだ。
印象的なキーとなる台詞は映画でも同じで、むしろシンプルなことが多い。

"Who are you ?"の場面を鮮やかに思い出すことができる。
青がかかった冷たい映像。

Gone Girl: A Novel

Gillian Flynn/Crown

undefined


さてさてと、午前の休憩は終わりで、引き続き掃除。



[PR]
by Bird_W | 2015-01-17 11:00 | Trackback | Comments(0)

ささやかながら

とりあえず、整形外科にたどり着く。
湿布と塗り薬と痛み止めもらう。
平日夕方の整形外科の平均年齢は高く、鉢植えの蘭の話などをしていく。
「去年のあれが咲いたのね」
えーと常連さんなんだろうか。
受け答えしている受付の人も、上品でお喋り上手。

普通の会話なんだけども、余裕を感じさせるゾ。
まったりとした住宅街の整形外科は、案外に平和な楽園なのかもしれない。


ささやかながら週末にたどり着きまして。
今週をそーっとそーっと閉じることにする。






[PR]
by Bird_W | 2015-01-16 22:58 | Trackback | Comments(0)

立ち止まる小鳥

雨雨雨。

いろんな意味でお寒い一日。
3分ルールは、ウルトラマンじゃなくても有効。
3分考えて、特に知恵もでそうになかったら、
ささっと幕引き。

もっと若いときはもっと考えてた。
考えれば、努力すれば、答えが出ると真剣に思ってた。

まーね。
答えは出るよ。
けど、その次の問いが生じてたりして、
結局、回答というのはないんだな。

この小鳥の写真を撮ったときも、
何か考えていたような気がするが、
それが何かはどうでもいいような気がする。

小さな喜びに幸せあれ。

f0219184_20374970.jpg

[PR]
by Bird_W | 2015-01-15 22:30 | Trackback | Comments(0)

ハナだより

あっけました~。
オメデトウ。

今年は張りたての障子、ベリベリってやってないわね。
張りたてって、ワタシが破ったからなんだけど、
去年はお正月に強度のある障子紙を一発でベリ♪!楽しかったわ~。
秋田に勝てる障子紙なんかなくってよ。

ウフ、でもソトヅラがいいからね、
足もシュンって長くなってね、
「ハナちゃん、可愛いわね」って町の愛犬家には大人気。

今年もヨロシクゥ。

f0219184_19120103.jpg
おまけ画像もつけちゃうわ。
お昼寝中のハナよ。夏だったから風の通る場所でウトウト…

お色気満載。

お年玉はお肉でよろしゅう☆

f0219184_19352514.jpg

[PR]
by Bird_W | 2015-01-15 00:30 | Trackback | Comments(0)

laughter

いろいろとあったので、なんとなく書けないでいましたが、
そういうのは良くないなと思い、軽くアップ。

博士論文執筆中の女子が自分の場所を見つけるまで。
舞台はソープドラマの現場。『プラダを着た悪魔』を彷彿とさせる鬼女史が出てきます。
作者は、テレビ業界のシナリオライターとあって、
平凡な登場人物(視聴者が感情移入しやすい)が、めくるめくあり得ないストーリー(視聴者の感情を揺さぶる)を展開する、というのはソープドラマの鉄板ならしい。
「真実は現実、現実は退屈」。
そうだね。
なかなかそこから出られない、というのが現実だものね。

主人公の女子院生が、准教授の彼氏(全て最短でキャリアを築くエリート組)と同棲しており、
両親を亡くした甥と姪と一緒に暮らし育てている、というところがフランス的であり、
甥はホモセクシュアル、姪はネット依存というところが現代的かな。

そして、『完璧なオンナなんてクソオンナ』(翻訳は自前です)も超おかしい。

病院の待合室でおもわずグフっと笑ってしまった。

完璧なオンナは料理がうまい。
彼女らはベジタリアンかまたはヴィーガン。
そして有り難いご忠告をくれる。
「牛乳は飲んではダメなのよ、私たちは牛の子どもじゃないんだからね」
じゃあじゃあ、あんた達は豆乳飲んでるんだから、豆の子なのね!!!

…というのがウケました。
また続き書こ。



[PR]
by Bird_W | 2015-01-14 21:30 | Trackback | Comments(0)

滑り出し

f0219184_23290931.jpg

お正月に作ったみぞれ鍋。顔がニヤニヤしてる。液体が怪しい、、、

連休明けは、どこか漂っているようなフワフワした一日でした。忙しいのに、力はいらないよ。
ギリギリ通過で上等か。1月に無理に飛ばすと例年2月にドツボくることは、連用日記で確認済み。
今年はサクサクを目指している。
前へ進め。
[PR]
by Bird_W | 2015-01-13 23:39 | Trackback | Comments(0)