<   2014年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

アイコン

山ではセキセイインコがお留守番している筈。
微動だにせず。

f0219184_12395462.jpg

街では手すりを白鳥がスイスイいきます。
首筋の美しさが基本です。

f0219184_20164177.jpg

お昼ご飯はもらった「こきびもち」を焼いて、
バター高騰品切れの折、
ぱらっと塩をふってオリーブオイルをかけて食べました。

f0219184_12322160.jpg
このトンネルを抜けたら雪国というわけではなく、
きっとビル群が見えるんだな。
どっちもどっちだな。

そんな週末。

f0219184_12352401.jpg

[PR]
by Bird_W | 2014-11-30 19:30 | Trackback | Comments(0)

ハナことば

お肉もいいけどお魚もね。
ちょっと字余り。

ごめんねっ
え、まだ怒ってる?



f0219184_19564324.jpg
だってだってだって、
サンマと二人(?)きりにするから…
それにもう焼いてあって…
ワタシの分だって思ったわ。

匂うのよ…魚の脂は。
それにね、ワタシ、和犬じゃない。
やっぱりたまにはお魚食べないと!
美容的にも。

え?オレの分だった?
いーじゃないの、おでんがあったでしょ。
あ、それとサンマの頭と。

ねえ~~~いつまでもツンツクツンツク怒ってないでよ~
器が小さいヤツねっ
もっと破るわよっ


[PR]
by Bird_W | 2014-11-30 08:30 | Trackback | Comments(2)

雨のどようび

『紙の月』映画版を見に行ったひとが、「かなりどんと来た」と落ち込んでいた。
だよね~って原作貸してあげた(←いいんだろうか)。

高齢者の教養とは「今日の用事」で、教育とは「今日行くところ」というんだよ、と教えてくれた。
そうね~使わない教養よりも今日の用事、教育とは何かと考えるより今日動くこと、それが大事なのかも。

その他、いろいろと近しいひとに波風あって、
詳しくはかけないのだが、なんか寂しいことだなと思ったりしてる。
でも、無理矢理関係をつないでも、鎖というか束縛にしかならない。
子どもが可哀相と思うが、やはり乗り越えていってもらわないと、とも考える。
当事者はいっぱいいっぱいで、
外野は祈るくらいのことしかできないんだよな。
はぁ~。
気持ちにしとしと雨が降る1週間。最後の土曜も雨だった。

人生にもワイパーがあればなあ。
ふっとね、動かしてみたら一瞬でも視界が拡がるようなね、気分になれるのに。

f0219184_20243427.jpg



[PR]
by Bird_W | 2014-11-29 20:30 | Trackback | Comments(0)

金曜の寄り道

定時で上がれた久しぶりの金曜日。

イルミネーションの輝く季節になりました。
十二月まであともう一歩。
手帳売り場にも人が溢れていました。
3年連用日記を手にとって眺めていました。
手帳は未来で、日記は過去で、
手帳に書いたように行った試しはないし、
日記に書いても自分が忘れていたりするし、
それでも手帳や日記を毎年のように揃えたり。

自分には今という時しかないというのに。

紫か白の木蓮になる、固い蕾み。
でも、春にわっと開くのを見たいし、見られると思ってるし。


f0219184_23450463.jpg

[PR]
by Bird_W | 2014-11-29 00:00 | Trackback | Comments(2)

チャレンジ

初めてやってみたのだが… 

f0219184_21003209.jpg


炭火の扱いがわからず…

炭火って!どうやるん?何やるん?あーーー!
みたいな状態でした。

あ、魚はカマスの燻製(自家製)をレイアウト…雰囲気雰囲気。
鍋は鶏の白湯鍋。

炭火は遠赤外線なので、あまり食べないうちにお腹から温まる。
うどんとか、きりたんぽとか、五平餅とかいろいろあった。変わりどころではマシュマロ?
燻製ならば、ゆで卵とかチーズ?

通常営業は空の上みたいなビルで、
山の中は時間が巻き戻ってるし、
いま何時だろ?てみたら、
時計はちょうど隠れていました。

[PR]
by Bird_W | 2014-11-25 21:30 | Trackback | Comments(0)

終わらない光

空と夕日と秋の重なり。
Beautiful, wonderful and ... grateful.
いつも違うかたちの喜び。

f0219184_20490629.jpg


古いポースレインのアイボリー色した、
テントウ虫と呼ばれる車に、
白い冬毛の3歳になった秋田犬を乗せた。

「ちっさな車におっきな犬!」と指さす女の子の目はびっくりしてる。
そうだね、たぶんキミは犬の年に近いのかな。
刻まれた一瞬の微笑み。
キミが40代になったら、私たちはもうこの世にいないと思う。

でもその嬉しさがこだまになって、世界のどこかで鳴っているといい。
光にはいつも終わりがない。



[PR]
by Bird_W | 2014-11-24 21:30 | Trackback | Comments(0)

オヤスミ

さてっと。

行ってきます。
今年は週末が天気良くて嬉しい。
昨日はお布団で溺死していたが。

お留守番お願いね?
文鳥が粟くってますっていつも食べてます。

iPodにはショパンを詰めた。
ワレワレな感じをさらに割って細かーくしてくれる、
そして最後はサラサラっと。
短調であってもスカッとしてる。

そして多分この記事を見るときのワタシは、
今のワタシをだれ?とか思うんだろうな。
夕暮れと朝焼けは似てる。いや、ほぼ同じ。


f0219184_19435071.jpg

[PR]
by Bird_W | 2014-11-23 20:30 | Trackback | Comments(0)

いちにち

いよいよ冬本番。
日が短いから帰る頃にはとっぷり暮れてる。
朝もお布団に重力かかってるし。
はぁ。

上野動物園で冬眠しているクマを見るコーナーがあった。
のぞいたら、本当に微動だにしないクマがいたな。
ああいいうのどうだろうか。

またシゴトはタイマー体制にしてます。
今週はタイマーに気がつかないという意味ないだろ状態。
来週はもっと手を抜いてやろってここに書いとこう。

でも今週は合間合間にお茶を淹れたよ。
Tea for one. 
ひとりでも茶くらい飲め~。

上がサーバー、下がカップ。
アブラカタブラ♪な感じもする、
カシス色。


f0219184_19524788.jpg



[PR]
by Bird_W | 2014-11-22 21:00 | Trackback | Comments(0)

between

冷えますね。
オフロに入って、ナントカリズムの肩用あったかシートを貼る。
思いついて買った、フランスのデザートワインをとろっと飲む。
週末は幸福のように、実現前の方が鮮やかで楽しい。

思い描いたもののほうが実物より良かった、
夢は夢が楽しい。
そんな意味の表現ってなんだっけな?

まあ表現のことはいいや。
もうシゴトは終わったんだから。
閉店ガラガラ、私も自分に帰らなくてはね。

いまね、間にいるとこ。
また、後でね。

f0219184_00271151.jpg




[PR]
by Bird_W | 2014-11-22 07:30 | Trackback | Comments(0)

落ち葉の時刻

甥っ子が、
「ボクはシソウ派」というので、
オマエまだ小学生だろ?と思ったら、
梅干しより紫蘇が好きってことでした。
良かった、思想派よりシソ派が好きさ。

8歳の頃、父親にあてた自分の手紙には
「思ってることがそのまま伝わるんだったら、手紙とか書かんでいいね」とあった。
全く。
思ってることはそのまま伝わらないってことが、よーくわかるまで幾年月。

小学生で人生は完成し、あとは小じわを刻んでいくだけなんだろうか、
いや待てあれからも楽しいこと素敵なことは沢山あったし、

自転車をこぎこぎ隣町。
影は秋の夕方を指して長くのびてる。
いつも待たれているのはオヤツの時間。




f0219184_20544254.jpg



[PR]
by Bird_W | 2014-11-21 08:30 | Trackback | Comments(2)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。#カテゴリーは整理中です#


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧