<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏休みの終わり

涼しいや。
やっと外に出られる温度になりました。
バタバタ働いて移動して、買い物して温泉に行って。ゴハン食べて、DVD見て。そしてぱたっと寝て。早朝、山に散歩。

f0219184_21021521.jpg
暗いような


f0219184_21050679.jpg
明るいような



そんでまだ夏みたいな、色の重なり。
f0219184_20575305.jpg
群れなす葉に緑が流れていきます。

平日は必殺忙殺でビルから雲しか見えない。人も見てないくらいだ。
夜も疲れてた。
スイッチ完全に切って気分転換。


気持ち良かった。

[PR]
by Bird_W | 2014-08-31 21:12 | Trackback | Comments(0)

まるいもの

 
先週は日本のお盆長距離移動して人の多い祭りを見たりする、
いつもの自分としては考えられないことをしてみた。
迷ってる時間が惜しいかなって。
3年連用日記の冒頭にあるんだよね。
サクサク行こうぜって。
ハイ、自分で書きましたよ。

今週は仕事できるかな~忘れちゃったよ~と心配しつつ仕事場に行ったが、
忘れてなかった、
というか、
強制的に思い出させられた!

ふふ。

時間は
まるーく転がっていく。

ハーフセンチュリーの記念に。

f0219184_15114014.jpg



[PR]
by Bird_W | 2014-08-23 15:12 | Trackback | Comments(0)

曲がり角

徳島は電車がないから基本車移動。高い建物も郊外にはありません。

休み明け、高層ビルオフィスで仕事しながら、
こんな空の近くにいるんだなあと、
雲の優美な曲線を眺めていました。

グリーンスムージーにはすだちをきゅっと絞って、
半田そうめんをつるっとすすって、デザートにはブドウを食べて。
残り香を味わっています。

(個人的には)近来稀にみるハードな日程で、
真夜中に国境を越えてドイツ人たちと食べた、山盛りアイスのときに似てるな~と思いました。眠くてたまらないのに食べても食べても減らないアイスクリーム。そして誰かが車を出さないと帰れない、という思い出。

帰り道は風があってすずしく、一駅歩いて帰りました。
お盆を過ぎ、夏は軽くカンマを打った。
暑いのは暑いですがね、風が変わったような気がしました。



[PR]
by Bird_W | 2014-08-18 23:00 | Trackback | Comments(0)

踊ってる

旅に出てました。
初めて物語みたいなアレコレだったのですが、また機会があったらに譲るとして(もう眠い)、

阿波踊りだけは語りたい。
祭り=人混み拡大版?で、花火さえ縁がないワタクシ。
三大祭りの一つ目に行って参りました。
いやすごいね。ゆる~い感じの熱気ムンムン。
きいた話では、セミプロやアマチュア、全国指導者クラスといろいろあるらしいです。
指導者クラスはさすがにソロでも魅せます。
小柄なのに踊ると大きく見える。まわりの空気をぎゅーっとつかんでいくね。顔の表情が遠くからでもわかるというのはスゴイ。
セミプロからは団体ですが、日本人の群舞はバレエでもすごいと思います。合わないでしょそこまで?みたいなところ合わせるね。結果的に合ってたというんじゃないのが、違いですかね。
女踊りも手の高さや肘の角度、足のつま先までぴったりじゃ。

f0219184_21131343.jpg
でももっとすごかったのは、男踊り。
エグザ*ルとかこの拡大版かいな~と思う。たぶん参考にして振り付けしてるんだろうね。
あのベジャールのボレロ群舞も思い出させます。腰を低くして跳躍を入れてくところね。
老若男女。笑顔で踊ってるところが良かったな。
きっと日本人て周りと自然と同調して笑顔になるような、そんな風土があったんだろうな~と思いました。
何も小難しいこと考えず。ただ季節に流されて夏に弾けるような。
f0219184_21125091.jpg
日本の夏でございますね。

[PR]
by Bird_W | 2014-08-17 21:30 | Trackback | Comments(0)

ここまでは

8月ですな。
お盆過ぎたら年末までなんやかんやで一気ですよ、きっと。
そしてまた年をとるのね。

今年はそれなり充実してるけど。

昔、難しい試験を受けたとき、
試験場が遠くて前泊してね。

優しい感じの試験官が、リュックやトランクの受験生に言いました。
「皆さん、無事来られましたか?」
思わず、答えちゃいましたよ。
「ここまでは」

ここって英語だとhereだけど、
そのときはiciで、これには空間的な「ここ」と時間的な「いま」の二つの意味があり、
試験場まではというのと、これから試験開始で皆大変になる、というそういう二つの意味を混ぜ合わせて。

試験官も受験者も笑った。

私はそういう小さな遊びが好きなのさ。
一粒で二度美味しいってか。



[PR]
by Bird_W | 2014-08-01 10:30 | Trackback | Comments(0)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。#カテゴリーは整理中です#


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧