<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

楽しみ

 飛び石のGW。それもかなーり距離が離れている。
 GW前進行の疲労からか、アレルギー発生。鼻炎から咽頭炎になりかけた。昼を食べたら段々のどが狭まる感じがして。耳鼻咽喉科は20人の2時間待ち。

 ま、それは現在として。

 上野の東博に俵屋宗達の風神雷神を見に行った。ノリで選んだ割には、なかなか圧巻だった。ほかの展示も見られるのだが、さすがに点数が多すぎるため、インフォメーションでおすすめを教えてもらう。受付さんGood Job。そこには尾形光琳の風神雷神があった。なかなかできない比較。それぞれ特徴はあるものの、これだけの年月を超えても古さを感じさせないことがつまり傑作なんだよね。ミュージアムショップでトーハク君というゆるきゃらを冷やかし、お土産に手ぬぐいを買う。天気も良くお庭も楽しめた。その後はアメ横を流して、ターコイズ色の革製トートバックを買う。一枚なので軽くこれからの季節にピッタリ。

 GW後半は休日出勤もあったりでなんだかワヤなんだ。

 でもそのあとに休みをとって、ハナちゃん連れて旅行に行くつもり。飼い主が事情で飼えなくなったのをもらわれてきたハナちゃん。体格のいい秋田犬ということで、飼ってくれる人が見つからなかったらしい。1年たって慣れたのかちょっと落ち着いた感じ。食習慣は前の飼い主がそうしていたのがまだ残っているかな。時々見境がなくなって怒られる。
 秋田犬は大型犬で宿も選ぶが、専用ドッグラン付き貸別荘で初めてのハナちゃん旅行。



[PR]
by Bird_W | 2014-04-30 08:57 | Trackback | Comments(0)

コドモだから…

知らんぷり~
し・ら・ん・ぷ・り
f0219184_21115115.jpg
あ、ばれてる?
赤い袋に入ってた、
ポンパドゥールのリンゴのパイとアンチョビのパンと、クルミのパンと、
一気やっちゃったの、ばれてる?
f0219184_21083202.jpg
ゴメンナサイって頭下げてみたの巻。
f0219184_21160028.jpg
反省の伏せ!とかも決めてみた。
…つもり…
ポーズ。

f0219184_21332878.jpg

REMEMBER~
♪Make someone happy♪
♪Make just one someone happy♪
♪And you will be happy too♪

someone... one...

ワン!
アタシかしら。。。
リンゴパイ食べて、先に幸せ~になっちゃうコドモね。
シュン。。。


[PR]
by Bird_W | 2014-04-21 08:27 | Trackback | Comments(0)

トリロジー

 そういうわけで工事終了。
 脱衣所は床部分張り替えてくれ、白めを選び女の子の部屋ぽくなったかも。工事は複数戸で同時進行中、よそのお宅の扉内が一瞬垣間見えました。絵やポスター、住居によっては長椅子があって、皆様それなりにインテリアしてる。ムムム、インテリア熱が再燃しそう。
 引っ越し後に震災などあって感覚も変わり、いまちょっとインテリア的には停滞期?どちらかというと料理かな。
 今回、工事準備からの逃避を兼ねて(?)、タイカレーと餃子作りました。最近はグリーンスムージー飲んでるから、「朝にたっぷり野菜果物摂取してる安心感」あり。でももっともっと野菜!と、カルディでグリーンカレーのルーを買い、ピーマンや春菊などを小さく切って大量にぶち込みました。ココナツミルクと魚系だしのきいたグリーンカレーはウマウマでした。辛さはさほどでも。餃子にはシイタケとショウガを刻みいれ。大判餃子の皮で作ってみたら、「包む回数が少なくていいが、皮のパリッと感は落ちるかな」と思いました。中に葉物野菜を入れて水分を足す感じで再度作ってみたい。

 さて、小さなふつーの本屋からの読書。

キネマの神様 (文春文庫)

原田 マハ/文藝春秋

undefined


初めて読む作家でした。ニュー・シネマ・パラダイスが題材に使われた疾走感のある作品です。ウェブサイトのプロフィール読むと、思いつきのままに生きてる人のようです。素晴らしい。思いつきって自分で考え出したようで、実は神様のもたらす「降りてくる」ものかと思う。こうしようああしようと思ってもなかなかそうなるもんじゃなし。でも、バラバラだった破片が急にふわーと持ち上がって実体となるときあるね。そうだ、自分がほしかったのは
まさにコレ!と外から答えの来る瞬間が。自分の中にあったものを出すのでは自分だけのことになってしまうが、外から(他の力により)の答えと自分の中にあるものが合体する感じが、大事。

私もどちらかというと、「超その場主義」。他力本願も忘れずにいこ。


[PR]
by Bird_W | 2014-04-20 08:00 | Trackback | Comments(0)

アンカー

 ただいま絶賛工事中。
 ごった返した家の中。当初はサイテーな気分でしたが、だんだん慣れちゃってキャンプだキャンプとか、逆に何もできないからダラダラしてる。だらだらサイコー。
 なんでかって、ダラダラするとアイデアがわいてくるような気がするわけですよ。こう、パレットに載せる色がふっと決まる感じで。

 4年ともなると、ものが増えますね。自分で揃えた(貰い物、拾い物含む)と思うと、それなりに感慨深いが、やっぱりどうにかしなきゃね、なものもある。
 昨日はこれを読んでみた。日常のこまごまが妙にリアルな作家です。

しあわせのねだん (新潮文庫)

角田 光代/新潮社

undefined


 何をもって高いというのか安いというのか、価値観はひと様々。でもこの著者の世界観は自分にちょっと近い。たぶん世代感覚かな。
 ワタシは物を買うときかなり慎重というか時間がかかるから、手に入れると疲れ切っていることが多い。そういう私にはなかなかうなずける本でした。
 

[PR]
by Bird_W | 2014-04-17 08:15 | Trackback | Comments(0)

甘噛み

 春っていいね、シミジミと。
 雪とか雪とか冬が厳しすぎ。ヒートテック+無印のタートル+何かを着込んでダウンコート、タイツに着圧ハイソックスにブーツ。お弁当はスープストックで鍋(の残り)とおにぎり。お風呂だけが楽しみだった。

 今年は特に、青空の下で花が咲く、ただそれだけですごい贅沢感。マシュマロ様の雲、

f0219184_19255541.jpg


街にはまず新入社員風が現れ、それから新入生たち。新年度です。

この職場に来てから1年と少し、そこそこやれてるかもしれないと微かな安堵感。去年の春はかなりなプレッシャーだった模様@3年日記。毎週金曜日は、プレッシャーとストレス解消のため強歩大会だった。
今年になってもいろいろはあるのですが、いろいろあることに慣れた。もはやそういうものなのだと悟った?
それくらいは周りを見る余裕が出てきたのか…

久々に用事のため平日に休暇をとりました。
駅前でランチをして、なんとなくビールを飲み始め、
用事が思いのほか早く終わったので、、、
お日様じゃお日様じゃ!とベランダでビール飲みつつ、読書。

孤独な夜のココア (新潮文庫)

田辺 聖子/新潮社

undefined


え?お日様とビールとはずいぶん違う?

でもこういうのが読みたかったんだ。
駅の向こう側にある小さな昔からの本屋さんで買いました。
間口が狭くて、新刊雑誌が平積みしてあって語学講座のテキストがある、ふつうの本屋さん。

浮世の垢をビールで流しココアで潤す、そんなふつうな火曜の夜。

今年度は、もう少しリラックスして過ごしたいです。



[PR]
by Bird_W | 2014-04-16 07:40 | Trackback | Comments(0)

まあね

 あ~やだやだ。
 こんなとこで消費税前駈け込み買い物してたよ。
 マンションの配水管取替工事。2ヶ月の大工事です。あ~ユウウツ。
 なんでかって、各戸ごとにお風呂場、トイレ、洗面所、キッチンの配水管やるので、洗面台とクローゼットを空にしないといけない。洗濯機も移動。ああヤダ。メンドクサイんで先延ばしにしてたけどもいよいよ迫ってきました。あああああ!脱衣場にあるワゴンは入れたときに「もう二度と自力では動かせないから動かさない」と、心に誓った代物なのに(要するにサイズきちきち)。
 
 洗面台やクローゼットの中身を置くための場所を作らねば。そのための断捨離。気持ちにアクセルかけないとできない~。
 最近、仕事がらみでなんだかんだとわっさわさあって疲れてるんじゃあ(←ただの八つ当たり)。
 落ち着け…。

 最近、大人買いしたユニ*ロさんのワンピでものっけとこか。ちょっと…ユウレイ風?リネン混の軽さで、中に何か来て羽織り物かな~と。これ長袖なとこも良かった。

f0219184_19335103.jpg
カリスマモデルのINESはいい仕事してまっせ。ただし、要試着。INESは自分とは随分違うんだ~と認識しましたよ。あの造形美な顔だからコレなんだと思うさっぱり感あり。それと、想像ですが、まさか布地までは特注ではないから、あくまでも色やデザインが決め手ですかね。メーキングの映像を見る限りでは、INESの気持ちをあげていくプロデューサーのお手柄か。シャネルのミューズだったのに、(カールラガーフェルドと)意見が割れて(どちらも自分ダイスキアーチスト)、さっさと辞めてしまったINES。
ストライプのキャスケットも買ってしまいました。
 


[PR]
by Bird_W | 2014-04-13 11:47 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

春サム

 ぽんやり。
 あ~バッタバタな一週間でした。
 毎度毎度どうですか、こういうの。
 分刻みで追われる仕事なのだ(アイドルか?)。

 近所のバードハウスを置いているお宅では木瓜が三色に咲き(あれはどうしてそうなるのだ)、桜が咲いて散り、道路脇で花びらが茶色になっていました。
 ベランダでは水もやらずにいた枯草の鉢植えが待ってます。
 そうですよ、春だから植え替えしてやらねばだわ。

 でも、まだ風が冷たいんだな。
 そのすきに読み終えてしまうべき本。


シベリヤ物語 講談社文芸文庫

長谷川 四郎/講談社

undefined


 
 


[PR]
by Bird_W | 2014-04-12 08:10 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

いろいろやね

グリーン・スムージー始めました。
小松菜、リンゴとバナナにリンゴジュースを足してブレンダーで。
思ってるより美味しいよ。

ジムもそろそろ始動。
春ですものね。
走ってマシン数種類。まだまだ腹筋がナイ。

Pascoのパンで点数集めてリサとガスパールのショッピングバック、というのもやってます。
あともうちょっとだ!

そうそう、論文問題ですが…
まあ、どうなんだろうな~、文系ではコピペはあり得ん。すぐバレルだろ。
そもそも文章書けないでは、ケンキュウシャにもなれないし。
割烹着とかピンクの壁とか、小道具凝りすぎとは思ったか。
ふつーは文系理系に限らず、身の回りのことはおろそかになるものです。
考えるのがうっとうしい。
まあ一方には宝塚系に派手っぽくなってしまう人もいるわけですが。

炊飯器のご飯を三分割して、ふりかけで区画通りに食べてました。
食べたかどうかを忘れるんだよ。

この人とは別の話として、
病的詐称には何回か出会ったことがあります。
調べればすぐわかるようなウソをつく。
結果的に自分を追い詰める形で。
だから頭が良いというのではなく、
ある種の病気なんだろうなと思いました。
悪意というほどの自我が育ってないんだよね。

だから、すごくレスポンスが良い人のように感じる。
話も面白い(作ってあるから当たり前)。

割とふつうにあることなんだよな。









[PR]
by Bird_W | 2014-04-09 08:15 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

hisoty and/or History

旅してきました。 祖母の法事で春の下関です。 お墓のあるお寺から眺めた満珠島と干珠島。どっちがどっちかな。竜宮城の入り口であり、壇ノ浦の合戦では源氏の拠点でした。
f0219184_20163404.jpg
美しい海は透明で底が良く見えます。 右にある漁網のあたりには、小さい鯨が生息しているのです。 予期せずホエールウォッチング。
近くの関門海峡では九州が向こう側に見えました。お台場みたいだが潮流が速い!船がひっきりなしに往来してた。

f0219184_20173676.jpg
ご先祖様が寄贈した海図を拝見。九州から四国、大阪までの海図は非常に珍しいものだそうです。絵のうまいひとがいたんだな、繊細な色つかいで浅瀬や緑が書き込まれて、日本画のよう。朱色の点線で航路が示されています。

時空のはるか彼方、顔も知らない人とつながっている、小さなhisotyが集まって大文字のHistory=歴史になる。そう、ワタシらがすでに歴史のひとコマ?

最後はSLに乗った。 祖母の時代の列車に乗って、現代に戻ってくるんだな。
蒸気機関車が力強かったです。

f0219184_20462251.jpg


[PR]
by Bird_W | 2014-04-03 08:00 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

刻む

 うわ。もう4月になっちゃう。  

見上げると桜が満開です。  

この前食べたビストロフレンチが素晴らしかった。 アントレは、バルサミコとピーナッツオイルを絡めたアンディーブにブルーチーズと炒ったクルミ。アンディーブがシャキシャキかつ瑞々しく、ブルーチーズがピリっとクルミが香ばしさを添えて、アントレ=入口、からずんと入った気がした。  
 ステーキは焼くんじゃなくて、焼しめる感じで、肉汁を中に閉じ込めてふっくら仕上げるんだなあ、プロの技。周りをフライパンで焼いて焦げ目をつけてからオーヴン。この焼き上がりの調整はとても難しいらしいです。切って確かめることもできないですもんね。ピンクから中心はレアの赤。マスタードもなしで、肉汁のソースと岩塩がざらっとかかっていました。肉と塩がすごい勢いで出会ってた。
   デザートも秀逸で、特にプリン。こっくりしたカスタードのプリンに、飴を濃く濃く煮詰めたカラメルソース。添えられた甘くないクリームで食感をソフトにしたり、またさらに付け合わせのラムレーズン(質の良いラムに長く漬け、アルコール分がなくてうまみだけ残ってる)で深みを加えたり。  
 ああすごかったな。  

 冬に預けた腕時計のオーバーホールが仕上がってきました。もう20年以上使っています。革ベルトはモスグリーン。その前はえんじ色のやっぱり革ベルト。今はもうない文字盤の繊細な細工が気に入っています。  

そろそろ壁掛け時計をほしいなと思って物色中。  
目を付けたのが品切れで、これもいいかもと思ってます。
 1960年からある船舶時計。ずっとこのデザインなのだそうです。防塵だから工場やバス(舗装されてないほこりっぽい道を窓開けても)OK。都バスの時計だったとか。あったことはないがお祖父さんは外国航路の船長さんでした。生きていれば同じ時計を見たかもしれないなあ。  これは、復刻版(?)の特注カラー。あとはアイボリーとペールグリーン。

PACIFIC FURNITURE SERVICE パシフィックファニチャーサービス SEIKO セイコー 都バス 時計 防塵時計 OC143 Φ22cm スイープセコンド 防塵防湿 カラー:クローム(秒針ブラック) (壁掛け時計 掛時計 ウォールクロック)

PACIFIC FURNITURE SERVICE/SEIKO

undefined


  そんなこんなで、盛りだくさんな毎日に、ちょっと目盛りをつけてみたく。
[PR]
by Bird_W | 2014-04-01 07:25 | Trackback | Comments(0)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。#カテゴリーは整理中です#


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧