<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あゆみ

春になりました。 忙しいっちゃ忙しい。
でも頭のすみっこに小部屋をつくって、 少しでも違うこと考えるようにしてる。
1ミリでも。

久々にスポーツクラブに入ろうかと、この前見学をしてきた。
春になると野菜が食べたくなったりするし、カラダも動かしたくなるね。
走ったりもあるんでしょうが、今の状況の勤め人にはムリですし。
まずは筋肉。マシーンエクササイズが手っ取り早い。
週に2回が目標です(3回がベストらしい)。

ここで暮らし始めたのが2010年夏で4年目。
この領域で本格的に稼働して3年。
また違うフェーズに入りつつあるのかな。

ウェブで知り合った皆さんも
人様々ながら、なんとなく落ち着くべき場所に落ち着いている感じがします。
紆余曲折がない人なんていないね。

笑ったり泣いたり落ち込んだり舞い上がったり。
1ミリまた1ミリと、春になるんだな。



[PR]
by Bird_W | 2014-03-19 08:30 | Trackback | Comments(2)

(番外編)チュンとしましては

 ゆでたまご、じゃありません。
ワタクシよ。
チュンチュンなくから、チュン。
あんまりにも安易なネーミングね。

文鳥里親探しの掲示板から、
今のおうちにやってきたわ。

貰われてきたときお腹に虫が沢山いたのよ。
「こんなに沢山の虫を見たことない」ってお医者さんに断言されたの。
だから「死んだら悲しいから、もう名前は適当に…」って思ったらしい。

それから苦い薬を水に混ぜられて…

そんなんでも生き延びたわ。1歳を生き延びれば長生きできるらしいわ。
もう6歳になりましたの。
何もしなくても、シミ一つありませんのよ、オホホ。
人間で言えば60歳くらいかしら。
長生きなほうね。

f0219184_20103587.jpg

お取り寄せした文鳥の餌(黒ごま入り雑穀ブレンド)と小松菜。
時々、蛎殻を焼いたボレー粉。
毎日同じメニューで飽きないって?
私は同じが安心なの。

あ、たまにレーズンやバナナをいただくわ、
気が向けばちょこっとだけつまむ程度に。
まだ若いときは、部屋中羽ばたいたもので。
飼い主がお風呂から出たらそこで飛んでたことあったわ~、
窓を嘴で持ち上げたの。

籠の中が慣れちゃって、もうあんまり外にも出たくないの。
お日様があたるところに置いてもらって、
暗くなったら自然にウツラウツラして。

夢見てるの。
ふっくり白い羽毛に埋もれて、
夢見るのが好きなんだわ。
きっとコックリ寝入った瞬間に落ちて、
それで落鳥になるんだわ、
カラダは。

でも、本当のところ
そこから羽ばたくのかもね。





[PR]
by Bird_W | 2014-03-17 08:00 | Trackback | Comments(0)

なんだかんだ

 今週はちょっとあったかかったな。
 日差しは春、風はまだ冬。なんだかクルクルと働いてまた週末です。
 ブログも書きかけ下書きどまりだし、いかんのう。マジヤバ!

 今年初の目標は「たったと行く」でした。
 次の目標は「思いつきで行動する」にするかな。
 手始めにどっか海外行くか近場で!と思ってたら、
 マンションの水回り修繕工事が4日も入ってしまい、多少は半休とって備えねばならぬ。
 くううううう。
 海外どころかどこにも行けなそうですよ、残念。



 

[PR]
by Bird_W | 2014-03-16 19:45 | Trackback | Comments(0)

ニダベイユ

Le nids d'abeilles. 
蜂の巣。

陽だまりを伝って散歩していました。
公園には親子と野球少年が溢れていた。

住宅街で満開のミモザを見つけました。
携帯もなくて写真取れなかったよ。
すっと近づいて粉が舞うような黄色を眺めていました。

そうか、今までって冬だったんだね。
だから寒かったのか。
卒業式の袴姿もちらほら見かけ、
そんな季節です。










[PR]
by Bird_W | 2014-03-11 08:00 | Trackback | Comments(0)

小笑い

 晴れた。
 お日様ダイスキ。
 しかし、真上の部屋でリフォーム工事中。大音響が。

 そういや昔ってどうしてたんだろ、と思って2010年の記事とか読んでみた。
 「3か月先の自分は他人と思ってノートをとれ」とは言われたことがあります。
 まさに。
 昔のほうが一生懸命書いてたかもしれない。
 知らず知らずのうちに連用日記になるのか、ブログは。

 成長というほどのことはない自分。
 そうね~やや陰影が増した?

 それは

 とか法令線では?
 …というツッコミは勘弁ください。

 バウムクーヘンのように年輪が顔表面に増してるんや、
 いずれは福笑いみたいな顔になるんや!
 …ていっとこ。

[PR]
by Bird_W | 2014-03-08 12:00 | Trackback | Comments(0)

海の街灯

読みました。

([お]4-3)ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)

大島 真寿美 / ポプラ社



L'estro Armonico (調和と霊感)だけは原文ママになっていた。
レストロアルモニコで沢山商標があるのかな?
そんなことはともかく、語り口の優しい作品でした。表紙のままの雰囲気の作品です。

ヴィヴァルディとヴァイオリン、ヴェネツィア(とその辺の歴史)を知ってるとさらに入り込んで読めるかな。
その意味でか参考文献も記載してある。
ヴィヴァルディはヴェネツィアの司祭、女子慈善院(孤児院)で合奏、合唱団を指揮し、自分の作曲を疲労していました。億倍くらいすればえーけーびーとアキモト?

ヴェネツィアかあ。

お定まり的にサンマルコ広場のカフェでくつろぎ、鳩と戯れてみまして。猫を追いかけてアーケードの奥にいったらそこに中年の日本人男性がいて、どこかで見たことあるなと思ったら、愛川欽也でした。なかなかいい味だしてましたよ。カフェの奥から、どこともなく眺めていました。

イタリアの地方都市で、当然オペラハウスがありました。何を見たのかは忘れたけれど、その劇場裏で食べたアメリケーヌソースのパスタが美味しかった。劇場は火事で燃えてしまいまして、でもフェニーチェ(不死鳥)の名の通り復活しているようです。

人には行ったほうがいいとは言います。でも自分で二回目行こうとは思わないかな。夢(のような場所)を見るのは一度きりで十分では?

海に列をなして点在する街灯は今でも思い出します。

鳩の翼 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



あの街灯を見たくてこの映画観に行ったんだっけ。

内容はほぼ覚えていません。原作が映画化するのは長くて難解。でも英国のハイソサエティの閉鎖感とヴェネツィアの享楽はコントラスト良く似合っていた。
色と光の美しい映画でした。DVD表紙のヘレナ・ボナム・カーターが着る赤、カーニバルの赤、かな。
[PR]
by Bird_W | 2014-03-06 08:00 | Trackback | Comments(0)

小ハナ日和

 
雨ね。   
雪よりはマシかしら。だってまだ前の雪が消えてないのよ?  
 お散歩しながらかき氷っぽく食べてるわ。 
イチゴ味とかしないわよ~スイって言うのかしら。

f0219184_17380870.jpg
今日は街までお出かけよ。  
連れてくつもりはなかったみたい。  
でも、鍵閉めてるスキに足下からするっと出て、知らんぷりして道でヒッチハイクしてやったの。 

 「ハナ!?なんで、なんでここにいるんだよ~!!!」  

ワタシに似てるイヌがいるなあって思ったらしいわ。  
鼻先でウフフって、 梅をながめてたの。  
仕方がないってことで、まんまと後部座席を独り占め~♪
 
走りながらながめる梅もいいわね。
「一雨ごとに春」って言うかしら?

[PR]
by Bird_W | 2014-03-02 18:00 | Trackback | Comments(0)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧