<   2010年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

超字幕

超字幕の年末キャンペーンにて『デンジャラス・ビューティ』を990円で購入。
サンドラ・ブロック主演映画で面白い(今年の主演女優賞だった、そういえば)。
台詞をあらためて英語字幕版で見ると、聞き流すには惜しいようなフレーズが多いです。
超肉食系女子の行動が笑える。


最近は強い女子の映画が増えたな~。昔は窮地になると泣きわめく役割だったのにね~。
そういや、イタリアからスイスに国境を車で超えたとき「女の子がいなくなった?」と思った。
イタリアのフェミニンな女性が、スイス(ドイツ語圏)のユニセックスな女性に変わっただけなんだが。
昼、オフィスの近くで、170cm強のがっしりした男性がばっちりセーラー服で女装してたよ。
いまどき見ないような古風なセーラー服。
いろいろとキワキワですね。
[PR]
by Bird_W | 2010-03-31 20:33 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(2)

忘れ物

珍しく缶コーヒーなんて買ってみた。
プルトップを開けていたのを忘れ、
思い切り振り回し、
中味が…
いつもキャップのあるボトルなんだった。
そういう日に限ってまた大事なカーディガンを着ているのだった。


帰り道「私って、朝、ソーセージ食べたっけ」とハテナする。
帰宅して電子レンジをのぞいたら、ありました。。。
あるのですね、チンしている間に忘れる。。。


職場だと言うことを忘れて鼻歌とか歌わないように、iPodは昼間封印しています。
やたらに日記を書くのは、忘れっぽさ故かも。
[PR]
by Bird_W | 2010-03-31 20:33 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

スルーする

青空の方法 (朝日文庫)

宮沢 章夫 / 朝日新聞社


 読んでてツボにはまった。。。


 その中でもナルホドと思ったのは、フォントはくせ者ではという項。メールが普及して個人の字や筆跡がなくなりフォントになった。誰でも同じフォントを使う。そこにミョーな平等感が発生してしまったのでは?という文章。


 それって…わかるかも!


 あとね、これは自分で思うのですが、メールって意外に通じない。行き交い行き交いしてるんだけども、お互い読みたいようにしか読まないんじゃないかと。意外とここがポイントと思ったところがスルーされてたり、お互い勘所外していることがある。


 ウェブで文字そのものは読む量が増えた。けど、結局のところ、自分が読みたいようにしか読んでないのでは… と思うと、青ざめるなあ。
[PR]
by Bird_W | 2010-03-29 22:53 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(2)

寒すぎ

 二月は逃げる。
 三月は去る。
 …もう29日か。
 四月の声が聞こえるのに、ぶるるる寒いです。


 朝からドリップ中のコーヒーをひっくり返しました。朝飲むのと、職場に持っていくのと、2回入れるのです。もう何回も繰り返して失敗してます。それも、若干細かめに挽いてもらっているので、コーヒーまみれになる。
 留学時代は洗面器とボウルで豆腐も作った。だから必要は発明の母とは思う。しかし、大きめのカフェオレボウルに菜箸で橋をつくり、ペーパードリップを載っけたあたりで、なんか違うかも!と思った。そんでもってひっくり返す…慌ただしい朝に。


 ところで全然話し違うのですが、テレビの星占いで自分の星座をつい聞き漏らすのはなぜなんでしょうか。私は冬の星座なので「あ、星占いだ」と思ってきいていて、乙女座あたりでふと気がそれて聞き逃してしまう。心してきくほどのモノでもないのだが、聞き漏らすと気になる。たまにきいているとすごく運勢がわるかったりする。

 どーしてなんだろ。 
   
[PR]
by Bird_W | 2010-03-29 20:39 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

続編

 夜中にカナダのメディアで、浅田真央の演技が見られました。解説のおじさんたちが「おお!素晴らしい!」を連発「全部成功ですね~」。


 噂の化粧もナチュラルメークになってましたね。
 ヨナは燃え尽きていた。こんな状態ならば出場しなくても良かったのではないかとさえ思いました。あのコーチは何を考えているんだろう?なぜ自国の選手は育てないんだろう?


 曲負けしなかったフリーは、今季初めてではないかと思います。「強さを出したい」って言ってたっけ。ショパンでピンクの衣装を身にまとい、くるくる嬉しそうに回っていた女の子の成長が感じられました。


 最初にアイドルぽく浅田真央が出てきたとき、この女の子がどう育つかで日本の(女子に対する)成熟度がわかるな~と思いました。安藤美姫のときは、あの年齢の女子に対しあまりにも配慮のない報道や反応が多かった。この国の人は一瞬たりとも間違いを許さないと思いました。それは成長を許さないのと同じ事だ。


 伊藤みどりは「銀ですみません」みたいなことを言っていた。浅田真央は自分ができなかった、悔しいと涙をこぼした。そういう変化。


 基本理系な職場で、女子は半数くらい?みな当たり前に働いている。
 二十年前は女子には就活さえなかった。雇用機会均等法施行のあたりのこと。
 その頃の彼氏には「(どうせオレと)結婚するんだから、いいだろ就職はどこだって?」みたいなことを言われて、すごい違和感でした。私の係累は女子でも何らかの形で働くのが当たり前って違いもありました。


 就活本なんかなくって、W大女子が女子を採用してくれる「可能性」のある会社を自力で情報収集し小冊子にしてた。ほぼ縁故採用→結婚と同時に退職→子どもが出来たらすぐさま退職。そんな時代でした。


 女子はレールがないから総じて優秀だったし意欲的だったが、それを生かせる場所がなく、同期で総合職として就職した女性は全員辞めた。


 今がbestとは思えない。30代でしっかり働いていると思う女性のお肌にストレスが見られるので…、でも少しずつ少しずつ時代が変わってる。
 いつも続編。
[PR]
by Bird_W | 2010-03-28 10:59 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

週末

 週末だ。
 週中は帰宅すると「もう文字はこれ以上見たくない…」くらい疲れているうえに、マウスを握れないくらい手が痺れてます。職場のマウスどうにかして欲しいわ。


 昼間はちょこっと楽器弾きに行ってました。石造りの西洋風建物で、お風呂場みたいに音が響きすぎて、わやわや。
 カルテットって、ざっくり言うと四人でピアノに並んで座っって、高音担当が主にメロディーを弾き、低音担当はリズムとかそういうのをやる。途中は役割を入れ替わって低音担当がメロディーとったりします。今回は中音担当でした。中間管理職っぽく上を支えるときもあり、下につくときもあり、突然自分にメロディーがまわってくることもあったり、すごく忙しい…


 高音(ファーストヴァイオリン)のときには、メロディばっかりなんで、ひたすらさらって自分で曲を引っ張っていかなきゃなりません。
 でも中音のときには、ひたすら譜読みです。自分のパートが何やっているか、iPodで聴き続け、場合によっては「ここでチェロ」とかガイドを書き込む。今週は寝る前にそればっかりやってました。


 まあまあ弾けて良かったです。


 楽器をやっておくと意外に人生に役に立つこと。それは左から右へ流れている記号(音符)を、速度を持って読み続ける能力(?)かな~。それに(西洋)音楽って調性やリズムが数学的なので、そういう思考は知らず知らずに身につく。一曲が45~60分(間にポーズがあるけど)で、集中力を養うにはちょうどいい時間の単位かも。


 あ、一番は楽しいことです。
 弾いた曲はおそらく100年前くらいに書かれた曲なのに、今でも違和感なく弾けるってやっぱり名曲だから?人間ってあんまし変わらないのかも。
[PR]
by Bird_W | 2010-03-28 10:35 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

迷子

大陸にいた頃は、小型飛行機に一時間弱乗ることが時々ありました。
乗ってすぐにアナウンスがいろいろあって、
スチュワーデスが1人で切り盛り(←まさにこの言葉がぴったり)する。
ちゃんとした食事は出ず、サンドイッチかタルトなど甘いものにドリンクサービスといったところ。
飛行機というのは移動手段としては高くつくし荷物も限定されるから、
乗っている人たちにはビジネスマンが多く、車窓(?)を眺めることもなく慣れた風情でした。


あるとき、隣に乗ったサラリーマン風男性が新聞を読んでいました。
地方紙で私のちょうど読みたい記事だったのです。
ついのぞきこんでしまいました。
たぶん食い入るよう視線で(よく目の印象が強いと言われる)。
その男性は「僕がもう読み終わったからどうぞ」と新聞を貸してくれました。


ありがたや!とばかりに新聞を読んでいると、
その男性が話しかけてきました。
ナンパじゃないっすよ。


彼が言うには
「僕には家族がいるんだけど、子どもが生まれたばかりなんだ。
奥さんは美術館(か何か)で専門的な仕事をしていたんだけど、子どもがいるから辞めたんだ」。
私は「…」というようなことを外国語で言ったと思う。
「奥さんに家にいてもらうのは、仕方ないよね、子どもが可愛いさかりに一緒にいてやることは大事だものね?」


もちろん「そうですね、それは大切なことだと思います」と言いました。
彼は「だよね!」と満足げでした。


そして、タイミング良く着陸した飛行機をそそくさと降り、乗り継ぎに走っていきました。


何かを語られることは人より多い方かもしれないが、
あらゆる意味で高度な経験だったな。
何しろ、飛行機内で、外国人同士の外国語で、事は家庭のありがちだが深い問題だもの。
「そうですね」以外のことは言ってないから、何かに答えたわけでもないけど。


実感したね。
人類はあらゆる場所で「yes」が欲しい。
自分に対して。
自分の全てを受け止めて欲しい。
だから神様をつくったのね。


マッハな上空で何かにyesを言うのはこぶりな神様になった気分だったが、
早く降りたいと思いました。


私の寸詰まりな「yes」には何の意味もないのに、
彼があまりに満足していたから。
それは悩みが深かったから語って満足したんだろうけれど、
なんだか違う。
奥さんと話してよって、思いました。
通りすがりの神様もどきじゃなくって。


違うのは相手。
[PR]
by Bird_W | 2010-03-26 18:03 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

必要十分条件

連休の暖かさがウソのように寒いです。


仕事は快調。
帰宅し、夕食後、楽器の練習ちょっと。
頭が疲れているから、いま推理小説とか読めないと思うわ。


このところは、お弁当を作って出かけます。


作り始めたのは数年前。
昼休みの自分にエールを送るつもりで作ってました(…かなり簡単なエール…)
なるべく彩り鮮やかになるように心がけ、週末にはおかずを数種類作っていた時期もあります。
結局、買った方がコスパ良かったりして。


外食しないと自分の味ばっかりになっちゃうんで、たまには外でと思うのですが、
昼休みに食べに出るのは忙しいのとめんどくさいのと。
お弁当を食べてから散歩(座り仕事だから)に出るくらいがいい。


今朝は、ご飯を炊くのに失敗して焦った。
ただでさえ玄米なのに、芯が!
蒸し直しても、だめだった。お米の量が圧力鍋に対して少なすぎた。
おかずはウィンナ、トマトとキノコのソテー、煮卵。オレンジ半分。
昨日は、焼き肉弁当、焼きピーマンにもやしのナムル、煮卵。デザートに缶みかんと煮豆。
明日は、牛挽肉とトマトのリゾット風にしよう。デザートはまたオレンジかな…


噂の弁当男子を相当数発見しました。
やっぱりいるんだな。でも奥さん(や彼女)が作っているのかもしれませんね。
私もそういう人がいたらいい!と思う。
そんでこんな1.寒い雨の日に、2.暖かいおうちに帰ったら、3.ほんわか待っている人がいたら、そりゃーがんばれるかも。
いやそれはCMに騙されてるとか、現実は厳しいとか、2人には2人の難しいあれとかこれとか、そういうのはともかくだ。
とりあえず、1.は季節と共に解消し、2.もそのうち放っておいても暖かくなるはずだ。
3.については、そうだな~、文鳥を進化させるか!でも、オウムじゃないから台詞はダメなんだよ…


いまんとこは、がんばれない言い訳がいくつもあるってことでヨロシク。
[PR]
by Bird_W | 2010-03-24 21:31 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

お子さま仕様

携帯を買い換えたいと思いつつ、早数年。
その間に、いろいろあったようで、価格のあり方(?)が変わったのね。
この携帯番号とアドレスを変更したくないから、他社製品には乗り換えたくない。
i-modeの本当の出始めに加入した携帯。
今までに幾度も住所や(名前すら!)変わってアイデンティティなんかふっとんで、
私は今誰でしょう状態。隣にいる人に訊きたいような。
住所録は散逸するし、
そんなでもウェブやネットは意外とつながる。
そして、携帯もmobileだから、この1月にはそれで電話かけてくれた古い友人もいた。

しかし、だ。
バッテリーはすぐなくなる。画面は小さい。いい加減機種変更したいよう。
しかし、だ。
多機能はいらないのね。
そんで、だ。
ヤ*ダ電気の人にきいてみた。
ラクラクホンやキッズ携帯って、そういう人じゃなくては使えないのですか?
…使えるそうですよ。
キッズ携帯ならば値段的に許せるかと思ってます。
若作りってことで。
若作り過ぎるか…
[PR]
by Bird_W | 2010-03-24 07:32 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

春野菜

 サラダが食べたい今日この頃。
 大陸では、「オネショ」という名前の野菜をこの季節には良く食べてました。
 なんでも、利尿作用があるということで。あまりにそのまんまな名前で…
 冬に血流が悪くなったのを、春野菜でなんとかするってことか。
 そう、冬は春菊が食べたくなったり、いろいろあるね。
 日本では春には山菜なんだろうか?


 とりあえず、それらしい写真を。おひたしがよろしいかと。
 ちょっと育ち過ぎちゃったけど^^;)
f0219184_17403237.jpg

[PR]
by Bird_W | 2010-03-22 17:40 | Trackback | Comments(0)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。#カテゴリーは整理中です#


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧