カテゴリ:オシゴト( 8 )

長いもの

休み明け。

仕事のことは薄ぼんやりとしか思い出せないわ。
起きてお弁当作ってパン焼いて食べて。
電車に乗って歩いているうち、いろいろヒタヒタと来るんだわ。

若い頃は、スイッチオン状態がずっと!でしたが、
さすがにそれではバッテリー上がる。

不要な際は電気を切れとの教え通り、
スイッチオフ。このオフができるようになるまで幾年月。

昨日は大量の洗濯物を整理。山のようにアイロンがけ。いい加減にバスタオルまでリネンを使うのやめようかな… アイロンが大変過ぎる。好きな作業とはいえ、夏はリネンが増えるし。
それから、ゆるゆるダラダラと衣替え。そか、これもあれもあったんだ… 夏物はあまり要らないな。
ついでにバッグ類も交換。
ばっさりゴミ捨て。

お蕎麦の出汁とか仕込んで、カレーも作って、
週間献立を考えつつ買い物をして。

ま、通常モードですかね。

時々は木陰の空気を思い出そう。
影をなくした男というお話のごとく、くっついてるんだなと笑った図。

f0219184_22020595.jpg


[PR]
by Bird_W | 2016-05-09 08:35 | オシゴト | Trackback | Comments(0)

ふーっ

地下鉄で隣の高齢男性がおもむろに小さな冊子を開いたら、
それはギリシャ語のテクストだった。
プラトン『饗宴』、Συμπόσιον。
愛について語る男性たち?そう括っちゃっていいのかな?

その後もひたすら掃除掃除です。
今日の予定部分があと一カ所。

仕事部屋を仕事部屋にするのが目標。
仕事以外のものを整理する。
仕事の資料も整理する。
分野が多岐にわたり資料が紙ベースで大量。
しかし、既に古いね、ああこれ古いと思うものを捨てていきます。
新しいものが入らん。

専門職とはいっても時代につれてかなり変わるものです。

15歳のときから三年ぐらい10年後の自分に向けた手紙があって、
…今回捨てました。
他人と思っても恥ずかしすぎる。

29歳くらいになると、やっとニンゲンの形をなしてくるか。
大器晩成って、それただのグズグズ?
ひゃー。

可愛い女の子たちも、時期が過ぎればこうなっちゃうんだわ~。

f0219184_19343631.jpg




[PR]
by Bird_W | 2016-01-13 13:50 | オシゴト | Trackback | Comments(0)

遠ざかる

数年いた仕事場の終わりが見えてきた。
終わりは始まり。

All's well that ends well.
良く終わるものは良く始まることができる、と昔から信じている。

静かに扉を閉められますように。

Audibleで『クマのプーさん』原語版を買う。
階段でプーさんを引きずる、バタッ、バタッという音が入ってる。

なんでプーさん?と思ったら出てきた、泣き眉の…

f0219184_20591274.jpg

だってさ♪

お・わ・り


[PR]
by Bird_W | 2015-12-15 22:30 | オシゴト | Trackback | Comments(0)

ほっとけ

ホットケーキじゃないよ。

先日、実家で話していて「昨今の職場環境は著しくひどい」という実感が一致していた。
「他人の話をきかずに、自分の主張を大きな声で繰り返す人」というひとが強い存在感を放っている。あれですか『**の壁』。でも、その人(ら)の中には「自分は被害者」「自分は貶められている」という意識があって、話がメンドイ。

ざっくりいって被害者意識も加害者意識も、根底にあるのは、そこから逃れられない自分という無力感に根っこがある。

話は広くなるが、世間でいう無差別事件ていうのも同じ構造なのかも。

逆に言えば、被害者意識をもって相手の話をきかずに自分の主張を繰り返せば、サーバイブできるってこと、それがヒントといえばヒント。
どこまで無責任になれるか、という意味のある種の修行なのかもしれない。真面目であることが正しいとも思えないしね。自分に最適なオフロの温度は、自分にしかわからない「良い加減」。

ここ数ヶ月、やろうとしていることをイメージしながら着地点を探っている感じ。

遠い存在ではあるが、愛読していた作家が世に認められたのは52歳。身近では、80になろうという父が第一線から降りたのは52歳、実際に退いたのは58歳だった。
もちろん、その年齢までの努力あっての話だけど。

着地点のイメージ、イメージですよ、イメージ先行。知識は後から。体感大事です、私には。
で、どこからそのimpressionを培うか。人それぞれあるんだろう、私には文字と音譜とその世界なんだよね、やる気スイッチが入るのは。


良い文章は息の長いリフレインで私と共に生きてくれる。提示された問いと、私は一緒に歩くことができる。時間とお金を消費するのもあり、と思うけども、遣い方に違うベクトルが発生すればいいと思ってる。

暑さとかサーバイブとかにやられちゃってる感がある。
が、やるよ。

ヒントそのいち。
思いついたその瞬間に読めるのがキンドルのいいとこ。
いまんとこアプリで読めちゃうので、端末買ってない。







 

[PR]
by Bird_W | 2015-08-01 14:00 | オシゴト | Trackback | Comments(0)

方角

 仕事は基本ペーパーワークです。
 でもいろんなところに通勤していた。
 時には掛け持ちでやっていた。
 ぼーっとしていると行き先を間違える。
 1回、新幹線と在来線を間違えそうになった。イカンイカン!
 
 今の職場のマウスは変えてもらった。
 出入りの激しい職場にサリー(?)を着た男性がいて。
 布の帽子をかぶっているの。
 そんで、忙しげに袋をもって通路をがさごそと行く。
 「???」と思っていたが、やっとわかった。
 イスラム教徒のおつとめではないか?
 メッカに向かい一日数度、地面に座って祈りを捧げる。
 あのガサガサは絨毯ではないかと思った。
 どこで祈りを捧げているのかは定かではないが、
 メッカの方角はどうやって割り出すのだろう。
 磁石で南南東に*度とか決まっているのだろうか。

 某国で麗々たるカテドラルの正門前で、祈りを捧げるイスラム教徒がいた。
 客観的にはカトリックに捧げているようにしか見えない祈りだが、
 カテドラルを突き抜けてメッカに届いていたのか、
 未だ不明。
[PR]
by Bird_W | 2010-04-07 21:02 | オシゴト | Trackback | Comments(4)

二枚は難しい

 2日間にわたって仕事と仕事の準備に追われた。
 1日8時間ウォーリーを探せをやっている気分。


 いちおう、私は日本語を含めて3言語(へっぽこ&なんちゃって)をやるのだが、
 自分は1人しかおらず、
 アタマは1つしかないことに気がついた。
 さらに言えばだ。
 舌だって1枚だ。
 1つしかないものを3つに割るとだな、
 3分の1になるんだよ。
 半分以下だぜ。
 すっごいレベル低くない?
 そのうえアルファベ系言語って、
 目で見ると違うってわかるけど、
 耳できくときに微妙に混ざっちゃうんだよ。
 二枚舌とは言ってもね、
 からまる。


[PR]
by Bird_W | 2010-04-05 23:02 | オシゴト | Trackback | Comments(0)

神頼み

 連休とあまり関係なく暮らしており、気付くのは大体直前です。
 はっと気付く。
 期するところあり、お参りに行ってきました。
 絵馬を書いたら、日付を間違ってしまった。


 留学して論文を書いてたころ、通学路に教会があり、そこで祈った。
 口頭試問のときには、お賽銭を払いろうそくを灯した。


 ところ構わず神頼み。
 神様許して。
 だってロシア人だってロシア語で絵馬書いてたよ?
 結構みなリアルな願い事していたよ。
 大丈夫なはず。
 神様はそんな狭量ではないと信じているのだ。



 入り口。
f0219184_2065519.jpg
 
[PR]
by Bird_W | 2010-03-21 20:07 | オシゴト | Trackback | Comments(0)

間が…

 人事面接のよーなものに行ったわけです。
 (たいしたこと無いのですが)
 スーツに地味めのコート、書類鞄。

 人事面接って、(私が知る限り)必ず相手は2人。
 カミソリみたいな人と、クリームみたいな人。
 クリームみたいな人がいろいろきくのね。
 で、答える様子をカミソリが観察してるわけね。
 
 履歴書復習していって良かったよ。
 ヴァージョンがいろいろあるから、差し支えもあるし。
 
 で、自己アピールなんかして。
 いろいろ質問があって、
 業界の四方山話でだんだん終わりになる。
 そこできかれる、
 「何かご質問は?」

 …
 
 ここでまともな質問をできたことがないのです。
 ここまでは訊くのがあちら、答えるのはこちらなので、
 突然役割がチェーンジ!しても…

 …
 
 で、大体、間の抜けた質問をしてしまう…
 今回は
 「あの~お昼にお弁当もってきたら食べるところあるんでしょうか?」
 自分でもなんでそんなこときいたのかわかりません。
 意味不明。
 
 ヒジョーキンコウウシつーのをやるとき、
 学長面接というのがあるのですが、
 学長室で教授がうまくやってくれるのを乱さぬよう乱さぬよう質疑応答をして…

 最後、
 「帰国なさっていかがですか?」
 うっとつまった私は
 「日本語が通じてほっとしてます」と答えてしまった…

 後に教授に
 「あそこまで留学して勉強して語学をブラッシュアップして、日本語が通じて嬉しいって…」と苦笑されました。

 でちゃうんですのよ、本音っつーか。
 なんかね。
 なんでしょね。
 緊張って、妙に細かなところをつつくんですよ…
[PR]
by Bird_W | 2010-03-17 21:55 | オシゴト | Trackback | Comments(0)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。#カテゴリーは整理中です#


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧