カテゴリ:ひとりごと 日々のこと( 125 )

第一週おわり

  • 新年のMTGと飲み会があった。
  • そのほかは、忙しくなくて助かった。

  • シャトルシェフで煮豚を作ってみたら、ホロホロっといい感じに仕上がった。レシピも簡単。もちろん煮汁で煮卵も作った。今週は、チヂミホウレンソウの胡麻和えも作り、ツクオキにした。まだまだ葉物野菜の高騰が続くが、人参を使いこなしてお弁当に彩りをアップしたいな。キャロットラぺ的なものでもいいけど、寒いので温野菜がいいかな。

  • この映画は面白くないと思ってみると面白いかも(?)ということでメモ。
芸術家の映画って「作品」ではなく「人間ドラマ」で(たいてい芸術家はいろいろと抱え込んでおりカオスなややこしい筋になる)、映画は映画監督が作った方が…餅は餅屋で。
主人公より、当時のパリの風景やアトリエが再現されていそうなのが、ツボ。


  • 今週、合間にはこの本を読み返した。面白いわ~。
歴史好きはDNA。町でみかけると碑文など読んじゃうほうで。
このひとの本はだいぶんよんだ。いつか著作集を読破したい。
中世。暗い時代に押し流されるように生きて来たフツーの人々の喜怒哀楽。

ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫)

阿部 謹也/筑摩書房

undefined


  • ふと本屋さんの棚で手に取ったこれ。
歌人、らしいがエッセイで内容は明治大正の日本のこと。
馬車で巡る富士五湖など。
すっとわかっちゃう台詞みたいな文章より、想像の土台になるしっかりした文章が好き。歌人というだけあってその文章はメロディアス。





[PR]
by Bird_W | 2018-01-14 10:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

お正月のアレコレ


今年は短い上に、年末は体調不良。元旦午前中までほぼ閉店状態。
元旦は近所の散歩くらい。去年みたレモンの木のある家をまた見に行った。
家じゃなくってレモンをね。冬の明るい黄色は楽しい。
あれ…これはミカン?

f0219184_11515865.jpg

二日は、ロングドライブ。
のぼれる灯台、その三。野島埼灯台へ。
行きはフェリー、帰りはアクアラインと違う道程。
見込みより混んでた。
フェリーから見た、小さな灯台。現役感あり。

f0219184_11542195.jpg


エーゲ海、古代の船団…

f0219184_21304179.jpg

じゃなくって
初釣りを楽しんでいる船。

前回来たときはハナ連れで、客室には入れず、デッキでずっと風に吹かれていた。
今回は豪華?客室。

灯台に行くまでに枇杷ソフト(房総だから)に並ぶ(本当は枇杷が食べたかった!)。
私の前には隣国の人。こんなとこまで観光なのか~。
お昼は海鮮丼とホタテ釜飯。

で、灯台の写真ですが、
うっかり近寄ってから気が付いたので、
ドアップしか今ありません。。。

f0219184_12001469.jpg


ちなみに今年のカレンダーはコレ。
こんなショットはどうやって撮るのか?
灯台と海をセットで撮るのはプロだよね。

Lighthouses 2018 Calendar

Jean Guichard(写真)/Graphique De France

undefined


帰りには実家にお年始でちょっと立ち寄る。
お年玉回収隊?が来ていた。

三日は山に帰る人、マンションで過ごす人、それぞれのんびりする。
四日は美容院と病院。細かい買い物をハンズやユニクロで。
新春、新たな気持ちで書店の棚を眺めるというのは連休中にやるつもり。

あっさりしたお正月休みでした。
また一年、よろしゅうに。



[PR]
by Bird_W | 2018-01-06 13:00 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

いよいよ

年末のごみ捨てカレンダーを目標に、掃除してます。

モノって増える。
夏のエイトフォーとか使い切れた試しがないし、
冬はあったかグッズがいるし。
あ~。

今年はホットコットを大人買い。なんだか寒さが身に染みるのです。
小豆のチカラも買いました。めぐリズムもいいのですけれど、使い捨てだから。
小豆の力のかすかな重みがイイ。

掃除といえば、昔の実家では大掃除だった。
とにもかくにも憂鬱で。冬休み開始とともに子どもがさぼりまくっていると、親がキレ。
掃除をするからと暖房を切られ、親の大号令とともに子どもは働きはじめ…
またひとりふたりとさぼりはじめ、そのうち逃亡し、親がキレ。以下同文。

私はだいたい栗きんとんがかりを買って出た。
座ってずーっとやってればいいしね、あったかいし。
ちゃっかりモノめ、時局は読め!てか。

もちろん栗きんとんだけではなく、おせちも同時進行なので、まったくもってワヤだった。
来客用と自宅用と、お重をふたつ作るので。
時には紅白が始まっても、片付いていないことが多々あった。
誰かしらが不機嫌で。

は~、ややこしや~というなかで、
息もタエダエにたどり着くのがお正月。

ま、
キレイになった部屋で寝ると、
翌朝はパジャマを自然にたたみ、
すっごい大人になった気分がしたっけ。

お正月に年賀状を配達してくれる、学生のアルバイトさんにって、
郵便ポストに蜜柑置いたりしたんですヨ。
「お正月にご苦労様です」って。

むかし、むかしね。

f0219184_23060658.jpg





[PR]
by Bird_W | 2017-12-28 08:55 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

テキトーすぎるメモ

ハナは、
定かではないのだが…
いちおうクリスマス生まれってことになってる。

そのため、この時期がクリスマスと年末年始のほかに二人と一匹の誕生日が終結する、という
ややこしーことになってます。
たたでさえ気ぜわしい時期なのに。。。

子どもの頃は、姉弟もかぶっていたりして、結構マトメられてしまったりした…
ばらけていれば、誕生日プレゼントとクリスマスは二回もらえるはずなのに。
二回分だからといって、奮発はされないのだ…

なんでクリスマスがこの時期なのだろう?
キリストにしてみれば、それはこっちのセリフだ!なのだろうか。
確かにあっちのが先に生まれてるな~2000年くらい。。。
いや、もともとキリスト教の祝祭日だから、日本にはなかった、あっちが後!
え、じゃあなんでクリスマス祝ってるんだっけ?

とかなんとか、さらにテキトーなメモを書いてみた。

超カワイイ、ハナのお尻をのっけとく。
しっぽがクルクル。
いろいろ丸くおさまるように、
来年はハナ年。

f0219184_23070026.jpg










[PR]
by Bird_W | 2017-12-27 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

さらにテキトーなメモ

今年の大きなお買い物はメガネ。
四つの9(←ラッキーorアンラッキー?) というお店で念入りに検眼してもらった。
結果、私は二つ眼鏡を買わないといけない と言われて、それはあんまりなんで、中ぐらいのにした。
そのときはそれで良かったのだが…
通勤が遠くなってから、電光掲示板が見えないと困る、電車は毎日遅れたり乱れたりしてるのに。
そのうち、刺繍ぽいものに手を出して
キー!だめじゃん!と思った。

まあ来年考えよう…て、もうすぐですネ。

ジクジク疲れてた間、エンドレスな本を読んでた。
谷崎潤一郎『細雪』。戦争に向かっている日本で
登場人物が特段成長しようともせず三つ子の魂そのまま~に生きていく日々、
なぜかこの本を読むと沈静なのか麻薬なのか、とにかく、心にささった小骨がとれていきます。
20年前も留学先でずーっと読んでいました。

その他、読んだ本(漫画)。
魚喃キリコの作品いくつか。

痛々しいラヴ (Feelコミックス)

魚喃 キリコ/祥伝社

undefined


淡々とした世界。懐かしいような?
若い時は「一人暮らしは絶対ダメです!」みたいな生活だったから
(皆そうでした)
こういうこと体験したことないんだけど、なぜかな?

痛々しいのが青春なのか。
そういう感情がまだわかるってことなのか。
その分、大人になれないのか?

まあね、
自分がそのまんま大人になろう、というのは無理なのかもね。
三つ子の魂百まで。あくまで「魂」ですから。
宿るものなんだわ。














[PR]
by Bird_W | 2017-12-26 08:25 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

アッチェレランド?

マンション掲示板に張り出された年末年始のごみ収集予定を見て、
いやだ~このダメ押しな感じ… 年末はいつも怒涛の忙しさ。
どうせ間に合わなずにゴミと一緒にお年越… 
こう思うのが恒例行事。

ちょっとお疲れ気味な日々。
大きな理由は仕事だね、仕事。
現場はいつもアレアレですから、時短とかプレミアムとか叫ばれてもね… 
ほんと、帰れれば帰るってば。

参考文献として自分の(紙の)日記を読んでみた。
もはや後出しでもいいからつけることが目標になっていますが、今年も空白が多いね… 

いま使っている三年日記、2016年12月の「一年をふりかえって」コーナーでは
「(略)とにかくやるしかないので…flatな日々を目指しているのとは裏腹に、またもや激動の一年だった」とあり、
このフレーズは今年も使えるな、と思った。

FLAT。
こういうイメージです、あくまでイメージ。

f0219184_22162587.jpg









[PR]
by Bird_W | 2017-12-25 08:40 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

アレコレ

平日はドタバタ。
職場が移転して若干通勤に時間がかかることもあり、
冬はあっという間に夜になって、あ~寝る寝よとつぶやき湯たんぽを準備したお布団に潜り込む毎日。
日暮れ時、一瞬ビルから遠くを見つめて明日のお天気を占っています。
毎日、寒くなってく。

春のヒメジョオンが懐かしいや。
f0219184_12561545.jpg

住んでいるマンションのあたりはお屋敷街(うち以外)。
広い庭にバードハウスを置いてる家があります。
今年、その大木が切り倒されてしまいまして。
でも!またバードハウス置いてた。
老朽化した大木のときとは違う、ほっそりした樹木に似合うスリムなハウス。
やるのう…と思いました。

山の家のバードハウスは、
下の扉をぱかっと開けるとこんなになってます。
小鳥が運んだクッション。
いつの間にどんなして運んだのか、不明。
だけどすごい量ですよ。

f0219184_12550061.jpg

安心できる場所って求められているのね。
来年も住人(鳥)が来ますように。
庭にはチュンもいるし。



[PR]
by Bird_W | 2017-12-10 08:30 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

秋は続いている

週末はマンションで業者による作業を待ちながら、遅め進行。天気がイマイチなため、洗濯は最小限を浴室で。
降ったりやんだりの雨の合間。だから自転車がいないんだな、と思う。高速も順調に流れ夕闇の中、山の家に到着。

ハナにジャーキーやってから(その隙に)買い物に行く。道中はたいてい他愛のない話をして、土曜はその日と翌朝のものだけを買う。白ワインや軽くつまむもの。から揚げやサラダなど。持ってきた豚汁の残りにうどんを入れて〆に食べる。

今年は夏にエアコンを導入。家電店の店員が「エアコンの真価がわかるのは実は冬!」とススメただっただけあって、かなり暖かい。が、山の寒さがこたえるのは年末から年明け2月くらい。活躍が期待される。ダラダラしつつ就寝。

翌朝はアトリエ(と呼んでる仕事場)にお客様あり。朝ご飯はカプチーノとイングリッシュマフィン。散歩がてらハナを連れて二人で行く。ハナは手土産を待っていたようで、ツマンナイ感ありあり。

遊んでよ~
なんかもってこい~
牛とかジャーキーとか、
あ~気が利かないわね~

f0219184_19125394.jpg

私もカメラであちこちパチリとしていたからねぇ。

山がふんわりと秋色。

f0219184_19123225.jpg


道端も秋めいて。

f0219184_19120331.jpg


もちろん、秋といえば。
そこここに。


f0219184_19124388.jpg

吊るし方も性格?
五線譜みたい。

f0219184_20325459.jpg



その後、用事を済ませハナを家に入れてから、買い物。途中、湖のあたりを回る。湖からの眺めも好きなんだけど車が多すぎて停められず。そこで売ってるこんにゃくだけ買う。地元のこんにゃく芋で作られたこんにゃくは刺身で食べれられる癖のなさ。水の味?と毎回思う。

そこから地元のスーパーへ。日曜はお得なので、そこで一週間分の二人の食料を買う。地場産の野菜たっぷり。広島から来てるおじさん(毎年恒例)から緑のレモンを沢山と蜜柑を買う。寒いんだけど、平日はまだスムージー飲んでる。小松菜とバナナとジュースにチアシード、レモンは一個を絞り入れる。朝はそれだけ。

昼ごはんは、サーロインステーキ。いきなりステーキ?ニンニクも焼きました。付け合わせはポテトサラダ、甘青唐辛子とマッシュルーム。バゲット。そのほかにタコの刺身。蕪と油揚げのお味噌汁。ツクオキは牛肉の時雨煮。玉ねぎとショウガのみじん切りを入れて甘辛に仕上げて。ブロッコリーとジャガイモをチンしてホットサラダ用に。今週は自分でポトフを作るそうな。

夕方になる前に帰宅。高速は渋滞してたが無事。自分の今週用ツクオキは鶏手羽元と白菜のスープ煮。週の半ばくらいにもつ煮を作る予定。
いつもの週末にのんびりと秋の色どり。

[PR]
by Bird_W | 2017-11-20 08:40 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

駆け足で

週末。
先週も行ったんだけど、やっぱりクルクルパー(マ)になりたくて、家事を済ませたら再度ビヨーイン。
その後、デパ地下へ。夕食用のデリやデザート、バゲットやら。ハナへの牛(!)干し肉をもれなく。
電車を乗り継ぎ、駅前で落ちあって、ニトリ。

なんと…三個目のもちもちクッションを買ってもらうのだ。

f0219184_21475830.jpg

1個はマンションで枕に使ってます。肩からずっぽり支えてもらって暖かく気持ちよく…。
ずっと埋もれて倒れていたい。

夜は赤ワインでデリやハム、チーズとサラダをつまみつつまったり。
もう山は寒く、ヒーターをつけている。
録画してあったなかから、偶然にもスペイン語講座を見たのだが、
平岳大が羊飼いに弟子入りする、というテーマで面白かった。
人付き合いが苦手で星を見るのんびりした暮らしが好きな人、そのほかの孤独や気候に耐えられる人は恒常的にいるのかな。
太古の昔からある職業。

夜中から雨が降っていた。
朝ごはん後、ハナの散歩を済ませ、買い物。二人とも平日は買い物に行く時間がない。
お昼ご飯は油揚げと蕪のおみおつけ、柔らかいニラがあったからニラ玉、インゲンの塩コショウ炒めとパックで買ったお鮨。
野菜たっぷりミネストローネと鍋用の食材を下ごしらえ。今週の作り置き。
鍋食材は半分を持って帰り、自宅で鍋風スープにする。
毎日遅いから、夕ご飯がまともに食べられません。

帰宅後、雑用を片付けざっと衣替えをする。

これは2年前のちょうど10月だった。

f0219184_21295298.jpg

山の写真を眺めていると、慌ただしくどっちゃりする平日のほうが夢みたい。
いや悪夢みたい?
長く生きてると慣れちゃうんだけども。

では、またね。







[PR]
by Bird_W | 2017-10-15 21:59 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

ちょっとだけ

秋だったり雨だったり、台風来たりした。
ハナの換毛期も乱れてます。
「どっち?いまどっちなの?」って、フワ~と白い毛が流れてく。
パジャマを紺にしたのは良かったのか。

エアコン導入した直後に寒くなったり、冬用スリッパを大人買いしたら暑さぶり返したり、
思い切り滑っているが、
これは「季節の先取り」とでも思いたい。

台風の一日は、
DVDを四本も借りたのに、イマイチでびっくり。

特にマリメッコの映画が、前衛的な芝居仕立てになっていて、
驚いた。しゃべりが舞台仕様で、ちょっと不自然。
マリメッコ自体もそんなに明るいわけでもないが(明るさを狙っていても)
映画はとにかく暗かった。

ライアン・ゴズリングの映画は面白かったが、いかんせん台詞が長すぎ。。。
あとは、アンジェリーナジョリーとブラッド・ピット夫妻(元なのか?)が、
二人を主演に、美しいマルタ島でぐずぐずと不幸な夫婦ものという究極の…
道具立ては素晴らしかったが、なんであんなに不幸(or不幸アピール)が必要なのか…

が、その後何気なくテレビで視た映画が面白く、

途中からでしたが楽しめました。
インドとフランス、どっちもある意味スパイシー。
背景や文化の違いはありながら、最後はやっぱりマリアージュ(融合)。
そういうファンタジー。スピルバーグらしい味付けの。
こうはいかないよな~と思いつつも、
「こうなったらいいな」と感じさせてしまうのが、成功したファンタジー。

そうそう、これを見たいねと話してました。



寒かったので、胡麻豆乳鍋。
今年お初の鍋でした。
今週のツクオキはシチュー。
(正確に言うとシチューの一歩手前)

今週は低姿勢じゃなかった低空飛行でガンバロ。
モチベーション低いのじゃなくって、
高めでポジティブだからこその、あんまり消耗したくないのさ。
先が長いからね。








[PR]
by Bird_W | 2017-09-19 09:00 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)