カテゴリ:外出 旅行など( 35 )

お出かけ (続き)

松本続き。

松本といえば松本城だ、という情報をつかみ(?)、お城へGO。

f0219184_19213985.jpg


雪をかぶった山並みとお城が似合います。鴨や、
白鳥(下)も定番。

f0219184_19304489.jpg


観光客もわんさか。
天守閣まで狭い階段と通路を行き来します。
途中には鉄砲など展示が。
あまりに階段が高いから
「これは姫無理だろ~」とか突っ込みつつ。
降りるのもソロリソロリ。背の高い外国人観光客には天井低すぎ。

途中にあった花窓。

f0219184_19401178.jpg

切り取られた風景が暗い空間の中で美しいです。

その後、夕方の街を散策。
まるも という古い喫茶店に行きました。
上品な昭和レトロが落ち着くお年頃なんです。

萬国屋というところでお土産。
信州味噌、なめたけ、わさび漬け。
このわさび漬けが、芋のところだけを摺ってあるらしく、辛味がまろやかで良かった。

帰り道では諏訪湖のSAへ。
暮れ行く諏訪湖。やっぱり山がイイ!

f0219184_19324718.jpg

諏訪湖SAではがっつりお土産。
信州まるごとリンゴのパイ(素朴なリンゴのパイ包み)、信州りんごグミ(甘酸っぱくておいしい)、信州おやき(お弁当がわりに持ってく)、ヤマゴボウのお漬物(ヤマゴボウ好き)。

楽しかったお出かけも終わり…

え。
え。誰か忘れてない…

いや、今回は仕事がらみでハナはお留守番。
が、こんなところに。

ハナってえらいやつやったんね。

f0219184_19392240.jpg


やっと毛替えも終わって、
そろそろお目見よ~。

オマケ画像。

f0219184_19433369.jpg












[PR]
by Bird_W | 2017-03-05 20:30 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

お出かけ

ちょこっとお出かけ。
日帰りで松本に行ってきました。
シゴトがらみについてく感じ。

始めて見る雪の八ヶ岳。
峻厳。

f0219184_21412904.jpg

途中、諏訪湖のSAでお昼食べて、松本まで3時間くらい?

シゴトはちゃっちゃと済ませて、旧制松本高校の記念館へ。
広い敷地に、木造の美しい校舎。

f0219184_21461678.jpg

校舎の一部は見学できます。一般使用もできるようです。
教室からはグループコーラスが聴こえました。
天井高くにすーっと声が流れてせせらぎのごとく響きます。

行き届いた手入れがされていました。
ブルーグレーの薄い光さす廊下。

f0219184_21445804.jpg


明かりが素敵。

f0219184_21442116.jpg


置いてあるチラシなどを見ると、文化度高い。
サイトウキネンオーケストラなども松本でした。


そういえば、窓際は席替えでは人気高かったな。
こんな座席だったら、ずっと外を見ていたくなる。

多分、そんな少年も座っていたはず、はるかな遠い昔に。

f0219184_21530504.jpg


旧制松本高校出身の北杜夫や辻邦夫が好きなので、
雰囲気を楽しめてよかった。

一日前には全く行く予定なかったんですが。

もう一回くらい書くつもりです。






[PR]
by Bird_W | 2017-02-28 08:38 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

遠足

年末。
海外から一時帰国する、という親戚の要望が、温泉。
めちゃくちゃ忙しい年末のこと、近場の箱根にすぐ決定。ロマンスカーもたくさん出てる。
お高い温泉旅館を避け対岳荘という古い公共の宿を手配。部屋食にこだわらなければ十分、コスパ良し。
箱根から二駅ほどで駅から歩けるアクセス良好。

夕方ごろに到着し、まずゴハン前にひと風呂。
ご飯後に一番大きな部屋に集まり、いろいろおしゃべり。
ニガテな父の演説もあり、死後はどうしてほしいという何回目かの話を拝聴。
小刻みにヴァージョンが変わっていることを、本人は認識しているのかナゾ。
とにかく長… その後またお風呂、就寝。

翌日は何か観光予定をということでここへ。
ポーラ美術館などはそこそこ行ったし、本場ヨーロッパにいる人にそれもなかろう、ということで。
2013年に開館したまだ新しい美術館です。

駐車場有無料。入館料2800円、5階建ての堂々たる美術館。警備が厳しく手荷物はほぼコインロッカー預け。
建物も凝ってます。モノをどーんとみる美術館です。

最近は美術展もテーマパークというのか、何かキュレーション先行。好き好きだが、筋の決まったストーリーを見せられている感があって。モノをじっくり見てじわじわくる感じが薄いかな。しかし良くこんだけ集めた!個人美術館。

お昼は美術館内の和食屋さん。ミュージアムショップにもよった。この二つはまだ改良の余地あり。
その後、箱根湯本駅でお土産いろいろ見てトラップされ、ロマンスカーで帰京。流れ解散。

もう年齢が年齢でそれぞれの生活があり、なかなか一堂に会することもない(今回も一人は欠席)。
両親そろって元気なうちかな、こういうことは。

そういう旅行でした。

[PR]
by Bird_W | 2017-01-14 14:30 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

雨が降る前に

たたっとネ。

出勤日を挟んで山と都心を行きつ戻りつ。

夜、大好きなコスパ良ワイン、Alpacaのスパークリングを見つけ買う。
ロゼ泡もあるらしいので、これも飲んでみたい。

青山にてバッグを見学。
Herz。
注文してあるボンサック見学。


ここのソフトダレスも持ってて結構好きだった。
私はこれ買う予定。

ここの良いところは、自分の用途が明確であれば(コストはかかるが)カスタマイズ可能ということ。
工房併設の店舗で職人さんが接客もします。
持ち手がもう少しだけ長くてもいいかな、と考えている。
気を付けるべきは皮一枚なので、お弁当や水滴のつきそうな冷え冷えペットボトルなど水分は不可ということ。

見学後、
本日の目的地、
キルフェボンへ。
長年の夢。。。
タルトのホール買い。


f0219184_21495082.jpg

Mission completed!
やっと三歳になりました!?



[PR]
by Bird_W | 2017-01-09 08:29 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

お正月ドライブ(続)

前日からの続き。

灯台の上から見えたのは、

f0219184_18320359.jpg


あのちぎれた?部分には何かの用途があるのかな?
ぐるっと鳥が止まっています。



そして、ゆっくりと通り過ぎる船。
カラフルな荷物がパウル・クレーの絵に似てる?


f0219184_18191878.jpg


塔の上には風見鶏らしきものが。
この灯台はフランス人設計士によるもの(建て替えは数回)で、
このバランスが何かそれっぽい。

f0219184_18204105.jpg


そして、足元には海が広がり、
釣り人たちはいつもシアワセ。
f0219184_18205229.jpg


帰り道、森の向こうにまだちらりと

f0219184_18212159.jpg


遊歩道には西脇順三郎の詩碑があり、
その詩がとても楽しく、
読んでいるうちにどこか遠くに行けそうな気分がしました。


江戸時代に祖先が船舶関係の仕事をしていたからか、
遠くにあっても親しみのわく灯台。

お土産は灯台カレンダー。
襟裳岬から今年をスタート。

行ってみたくなったけど、
ちょっと遠いな~な方は
こちらで映像をどうぞ。

ハナは房総、湘南に続き観音崎で三回目の海。
遠足にすっかり満足して
帰りは後部座席でウツラウツラしていました。

灯台編はここでおしまい。







[PR]
by Bird_W | 2017-01-05 19:00 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

あけちゃってます

今年もよろしく。

大晦日から山に移動し、まったり正月。
暖かく晴れの三が日。
今年の目標を語らいつつ新年を過ごしました。

二人ともギリギリまで仕事なため、お正月らしいことはお雑煮くらい。
晦日、元旦と家でのんびり。
二日はちょっと足を伸ばして観音崎灯台へ。

出がけに家の引き戸でドーンドーンと音がして、
「何?」とみると曇りガラスの向こうにシロクマみたいな… 
ハナが。
お出かけしたかったらしい。
仕方なく後ろに乗せ。。。
Light houseのてっぺんから海を眺めました。

下でハナと待っている高所恐怖症には、
上から目線で手を振ってやりました。

f0219184_22504396.jpg



アホイ!

そう、最近これを読んでいたので、つい…


その後、海辺を楽しく散歩。

いつもの川だと思ったらしく、
流れてる水好き~と突撃したハナは
ショッパイ思いをしたみたいです…

(お正月編続きます)



[PR]
by Bird_W | 2017-01-03 23:00 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

苺のつぎは…

おっと、また書けないうちに終末になっちゃう!

苺狩り後、ここに来たならアレだよね?という話になり、
アレに行く。

静岡といえば魚、、、アレですよ、お鮨♪
回る鮨ながらレベルが高いという店にいく@エスパルスドリームプラザ。
沼津魚がし鮨。

う、苺でお腹いっぱいと言いながらお鮨は別腹。
鮪やら桜エビやらシラスやら…くーここは空腹で来たかった!
漁師汁(海苔入り)が美味しい。

その後、なぜか豊富にある雑貨屋をぐるっと見て回り、
お土産やさんで安倍川餅、飴数種、お茶のティーバッグを買った。

夕暮れの灯りが灯るロマンチックな港の風景…の写真はまたもやありません…
食い気集中。

連休はお天気イマイチで、
余計なところで雨降ったりもしたけど、
買い物もお出かけもできて嬉しかった♪

車での旅行は「ひょいと足をのばす」感覚があって、
まさに地続き。
日常感覚のまま違った土地の空気に触れられる、新鮮さがあるネ。






[PR]
by Bird_W | 2016-03-25 21:30 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

潮騒の苺狩り

苺狩り。食べ放題。
赤くて甘い誘惑…

果物狩りは大好きだけど、とんとご無沙汰。
苺狩りなんて幼稚園以来で、大興奮。
あのときは持ち帰り用苺の箱を組み立てて、
そこに一生懸命詰めたら、下の方がグズグズになってしまった…
そんな甘酸っぱい思い出(←覚えていることが執念深い^^;)

静岡県清水市の海岸沿いにそんな苺狩りのホットスポットがある、ときいて、
行ってきました!ワクワク。
海岸沿いはハウスだらけ。道にはたくさん苺狩りのお店が…
道でおねーさんが苺の風船をクルクル振り回して客寄せしています。

が、苺狩りの落とし穴。
それは苺がなくなると終わる。だから連休の午後などは遅くなると
「今日の苺は終わりました」と店が閉まってる。
「今日の苺は予約の方のみです」とか。

しかし、今回は首尾良くOK!
海岸沿いのお店で「トイレに行って待ってて下さい」と言われ、へたを捨てる入れ物と練乳を渡される。
そう、苺は利尿作用があるらしい。
お店からは車で山沿いの段々ハウス(苺畑)近くまで連れて行ってもらい、さらに小さな階段を上ります。

ガツッと頭を打ち付けつつハウス内に。
オジサンが「はいココまでね~」と旗を刺し、
「がくがクルっと上がってて、小ぶりなやつが美味しいよ」とアドバイスをくれます。

スタート!30分一本勝負。
始めはたった30分?とか思ってたけど、15分も食べると満腹です。
何しろ、苺って水分も繊維質もたっぷり…
それでも意地で食べ続ける…がやはり20分程度でGive up.

実家用に苺を買い求めましたが… 自宅用は不要でした。
「もう一年くらい苺はいいかも」なキモチに。

次は… 葡萄狩りに行きたいかな?
ブルーベリーとか?
野望…

(苺狩りに集中していたため写真はありません011.gif



[PR]
by Bird_W | 2016-03-24 20:57 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

街の灯り

ターミナル駅を久しぶりに通ったら、イルミネーションがキレイだった。
そんな季節ですね。

そうだそうだ、と思い出して
旅先でみたプロジェクション・マッピングの露出を調整してみた。
デジタルだから、簡単にできる。

カテドラルがまず崩れるところ。
これは圧巻です。バラバラって。

f0219184_20271206.jpg


途中の天文学?など星やらが映ってるところ(からくり天文時計で有名)。
幾度も違う模様が写し出され、きれいだった。

f0219184_20291135.jpg

そしてここ。これはなんだろう?
私にはマイケル・ジャクソンにしか見えなかったんだが、
それならもうちょっとスリムな気もする。

f0219184_20312681.jpg



そして最後、天使達が現れるとき。
それって…黙示録とか思っちゃった。
まずい、世界終わっちゃう?ここで、イマココ?とか。

f0219184_20315503.jpg



面白かったのは、このカテドラルの近くや、また少し離れたところに、こういう彫刻があるところ。
彫刻なのに、本物そっくり。

f0219184_20474777.jpg

観客ともどもワンシーンを構成してる、ということなのかな~と思ったり。
しゃれた演出です。

見ているあなたも、歴史のなかの人物…になる、てとこかな?

[PR]
by Bird_W | 2015-12-28 08:30 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

どんどんドライブ

週末、ちょっと足をのばしてお出かけ。

館林美術館です。


空と雲と木々が映り込む、水面の輝き。
冬の青。
f0219184_19571802.jpg


たぶんとても有名なウサギ。
飛行機雲が流れ星になってる。

f0219184_19583006.jpg

点在する建物とアーチになった流れ。
楽しい。

f0219184_19580924.jpg
企画展示は舟越桂。
本の装幀で見たことある人物たち。
やっぱり彫刻は広々した空間で見ないとね~、てアタリマエか。

人物の木彫たちは、夜見たらきっと怖い。
夜、ヒソヒソしていてもおかしくないけど。


奥にはひっそりと彫刻家のアトリエ、ノルマンディの農家に模した建築。

シロクマの彫刻で有名です。

f0219184_20025280.jpg

美術館に入らず散策に来る人もいるようで、
小道があります。
写真には写っていませんが、右手にはベンチもあります。
午後、夕暮れをじっと過ごしてみたい。


f0219184_20034098.jpg
木琴みたいな舗石を踏んでく小道。


そして、少しだけ離れた場所にはまた別の小径。

カサカサと鳴る、銀杏やその他の黄金色した落ち葉を踏んで。
木立の中を歩きます。

f0219184_20014414.jpg

途中には彫刻がふと置かれています。

f0219184_20011564.jpg
女の子の膝におかれた花びらは、道行く誰かが置いた生花です。
可愛らしい。

少女も日差しにまどろんでいる。

f0219184_20040863.jpg
Dreamといったようなタイトルだった?


f0219184_20045328.jpg
稲刈りの終わった田圃。
何か絵画の一コマのよう。
これだまし絵みたいになってる。

f0219184_20042236.jpg
その向こうには山が連なりを見せていました。
雲が向こうへ向こうへと流れていく。

気がつけば12月の扉をくぐり抜けていました。
皆さんもご一緒に。


[PR]
by Bird_W | 2015-11-30 20:40 | 外出 旅行など | Trackback | Comments(0)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧