文鳥は旅立ち、私は日誌を続けています。(カテゴリーは整理中です)
by Bird_W
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
ちょっとだけ
at 2017-09-19 09:00
さがしもの
at 2017-09-14 09:30
秋の小さな旅
at 2017-09-13 09:00
ツレヅレ
at 2017-08-30 09:10
岬を巡る小さな旅
at 2017-08-29 09:05
画像一覧
カテゴリ
全体
ごあいさつ
思うことあれこれ 未来予想図
音楽 美術 映画など
読書など
外出 旅行など
ひとりごと 日々のこと
つぶやき 世間話
オシゴト
未分類
タグ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
記事ランキング
検索
ライフログ
外部リンク
ブログジャンル


ちょっとだけ

秋だったり雨だったり、台風来たりした。
ハナの換毛期も乱れてます。
「どっち?いまどっちなの?」って、フワ~と白い毛が流れてく。
パジャマを紺にしたのは良かったのか。

エアコン導入した直後に寒くなったり、冬用スリッパを大人買いしたら暑さぶり返したり、
思い切り滑っているが、
これは「季節の先取り」とでも思いたい。

台風の一日は、
DVDを四本も借りたのに、イマイチでびっくり。

特にマリメッコの映画が、前衛的な芝居仕立てになっていて、
驚いた。しゃべりが舞台仕様で、ちょっと不自然。
マリメッコ自体もそんなに明るいわけでもないが(明るさを狙っていても)
映画はとにかく暗かった。

ライアン・ゴズリングの映画は面白かったが、いかんせん台詞が長すぎ。。。
あとは、アンジェリーナジョリーとブラッド・ピット夫妻(元なのか?)が、
二人を主演に、美しいマルタ島でぐずぐずと不幸な夫婦ものという究極の…
道具立ては素晴らしかったが、なんであんなに不幸(or不幸アピール)が必要なのか…

が、その後何気なくテレビで視た映画が面白く、

途中からでしたが楽しめました。
インドとフランス、どっちもある意味スパイシー。
背景や文化の違いはありながら、最後はやっぱりマリアージュ(融合)。
そういうファンタジー。スピルバーグらしい味付けの。
こうはいかないよな~と思いつつも、
「こうなったらいいな」と感じさせてしまうのが、成功したファンタジー。

そうそう、これを見たいねと話してました。



寒かったので、胡麻豆乳鍋。
今年お初の鍋でした。
今週のツクオキはシチュー。
(正確に言うとシチューの一歩手前)

今週は低姿勢じゃなかった低空飛行でガンバロ。
モチベーション低いのじゃなくって、
高めでポジティブだからこその、あんまり消耗したくないのさ。
先が長いからね。








[PR]
# by Bird_W | 2017-09-19 09:00 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

さがしもの

どこか。
通勤経路が変わって、迷う迷う。
乗り換えなんて久しぶり。
JRを使っていたのは、いつ頃までだっけな。
数えてみたら、ちょうど2008年だった。

その頃は何をやっていたんだっけな。
その頃にきいていた音楽を聴きながら、
思い出すのは深い悲しみ。

とはいっても、
私はもう悲しくないのだ。

そうだな、
白い陶器の器にはまって、起き上がれなくて泣いてたっけな。
そこから出ようともがいていたが、つるっと滑って淵から落ちる。
そんな風景。

ポースレインの白さが冷たく光っていたが。
出られるのだった。
割れば。
時が来ればね、割れる。
内側からミシミシと。

空の天蓋の下に。

[PR]
# by Bird_W | 2017-09-14 09:30 | 思うことあれこれ 未来予想図 | Trackback | Comments(0)