ルバーブ

山の家付近でルバーブ入手。
砂糖をふってストウブでくつくつ。
酸味の強いルバーブのコンポート。

そのとき日本では入手できなかったルバーブ。
留学先で友人のコリーナが教えてくれた。

コリーナは当時独裁政権だった東欧の国から家族で移り住んできた。
父は大学教授で母を早くになくし、父が再婚した相手と三人で暮らしていた。
遠い国から来ていた私にとても優しくしてくれた。

市内の古いアパルトマンと週末は郊外の村にある義母の家を別荘のように使っていた。
村長だった家系の家は、田舎らしく広々とした空間のゆったりとした家だった。
義母は画家だったから、一部はアトリエだったっけ。

いいなぁ、こんな生活がしたい!と思ったものです。

ある週末、コリーナと買い出しに行き、
私はちらし寿司を作り、
彼女はルバーブでタルトを作った。
簡単なのよ~砂糖をかけてね、ジュースが出るからあとは軽く煮詰めて入れるだけ。
確かに簡単で甘酸っぱくて大層美味しかったっけ。

そういえば、義母さんと彼女と三人でヨガクラスに行ったこともあった。
コリーナは地味で真面目で頑張り屋さん。
いつもいつも優しくて、人の話をちゃんときく人だった。

ルバーブから果汁が染み出し、お砂糖と沸々煮えてくる時間にいろんなことを思い出す。
夏までに手紙を書こう。

ドイツのシルヴィアからは、アラスカのはがきが届いた。
アラスカからキッス!と書いてあって、シュワっと冷たい風が通り過ぎた気がした。
彼女は故郷の村、実家の隣に住んでいる。
日本国旗を掲揚してくれたパートナーの歯医者さん、ウォルフガングと猫と一緒に幸せにしてる。
自分でデザインしたという、しゃれたつくりのモダンな家。
バスルームからは庭が見え、庭にはプール。
プールに面した斜面は彼女の家系が所有していた葡萄畑と実家の菜園と。

彼女の母親手作りのベリーのコンポート、テラスの朝食でご一緒した時美味しかったというと、
お母さんが手真似でお土産にと包んでくれた。

手作りのコンポートには果物と日の光と優しさがとろりと詰まってる。




[PR]
# by Bird_W | 2017-05-23 08:28 | ひとりごと 日々のこと | Trackback | Comments(0)

山の五月

晴れた週末、何度か洗濯機を回し洗濯槽洗いまでして、シュワッチと山へ。
冬はくっきり見えてくる山並みが、五月はぼや~としている暑いんだものね。
近づくと木々が緑に揺れていた。
山の家ではポリゴナムと葡萄がわわっと成長していた。
今年は、山の家も仕事大忙しのため、プランター菜園をする余裕がないかもね。

ハナは突然の衣替え…じゃなかった夏毛になる気配。
「アッツ、アッツイわ~!!」だそうで。
ブラッシングしてもらうと、「そこそこそこよ~」と嬉しそうな顔をしている。
そのうち「クーラー入れてよ!」って言われるかも。

しかし、夜は山はやっぱり冷えるので、毛布と布団のコンビはまだ欠かせない。
朝寝ぼけながら、用意してくれた朝ごはんを食べ、コーヒーを半分飲んだところでまた寝てしまった。
ノンレム睡眠というらしい。脳は起きているのに、体は寝ている。この寝方だと本当に体が休まるのだ。。。

自宅マンションの衣替え・整理整頓はまだ進行中。
ショッピングモールで仕事用のものを数点買い足す。

買い物から山の家帰宅後、テルマエ・ロマエpart2を見ながら(part1は土曜夜)餃子を包む。いただいたタケノコの水煮で筍入り餃子。
遅くなったため車を置いて電車で自宅マンションに帰宅。
夜は雑用を片付け、アイロンをかけながらアレコレ考え事。

今年は日傘をやめて帽子にしている。
リネンで涼しく、ツバがぐるりと広く頭頂部に少し空間があり、あまり髪の毛がつぶれず畳めるのがいいかなと。
毎朝定時に体重を計測している。
夏の習慣で朝は早く目が覚めるから、家事したり自分の用事したりしている。

変化って訪れているのね、気づかないだけで。









[PR]
# by Bird_W | 2017-05-22 08:35 | つぶやき 世間話 | Trackback | Comments(0)

文鳥は星になりましたが、日誌を続けています。


by Bird_W
プロフィールを見る
画像一覧